「披露宴での挨拶・スピーチの仕方、手紙の例文」の記事一覧

披露宴の挨拶には、主賓からの挨拶、乾杯の音頭をとってもらう人(会社の上司や先輩など)や友人代表のスピーチなどがあります。主賓からのあいさつは、乾杯前に祝辞を頂くもので、新郎新婦それぞれの側から、1名または2名を決定しお願いします。あらかじめ主賓として招きたいことを伝え、祝辞を依頼します。

また、乾杯の音頭は、列席者全員が起立をして飲み物のグラスをもって、代表者の「乾杯」の発生を合図に周りの人たちとグラスを掲げて飲む行為です。主賓と同等あるいは、新郎新婦にとって、大切な人にお願いするのが一般的です。新郎の会社の上司や恩師、親戚の方が行うことが多く見られます。