「ブライダルエステの基礎知識 挙式までにより美しく・・」の記事一覧

ブライダルエステの基礎知識

ブライダルエステとは?

結婚式(挙式・披露宴)は二人にとって人生最大の舞台です。とくに、花嫁になる女性にとっては尚のこと。挙式当日、より美しい花嫁になるために、事前の準備やお手入れは念入りにします。直前に焦ることが無いよう、最低3か月前からは計画的にビューティプランを立てましょう。ブライダルエステは、美しい花嫁になるためのプロによる特別なエステコースです。内容はサロンによって違いますが、特に、ドレスで露出するフェイス、デコルテ(胸元から首筋にかけてのライン)、肩、腕、背中を中心に手入れをします。



心と体も挙式の準備をしよう!

結婚式当日は、花嫁が人生で最も輝く日です。その日の為に備えて、心も体も磨くのが女性のマナーです。自分自身でセルフケアも大事ですが、プロの手によるエステを受けると、美容効果やリラックス効果も期待できます。

ビューティプランは挙式3か月前から

花嫁のビューティプランは、挙式の3か月前から立てましょう。

当日までのビューティ作戦

①挙式3か月前

挙式当日、ウエディングドレスをより着こなすために、綺麗な肌の状態を目指しましょう。肌の新陳代謝は約28日周期といわれています。ブライダルエステは最低でも1か月以上前から始めなければいけません。挙式まで3か月もあれば、美しい肌のコンディション作りが出来ます。エステサロンのブライダルエステのコースも3か月コースが多く見られます。

②挙式1~2か月前

a.肌・顔のケア

肌の露出がおおいドレスの場合は、ケアが重要です。プロによるエステと自宅でのケアをおこないます。

 

 


b.
ハンド・ネイルケア

挙式当日は、指輪の交換など花嫁の手に注目が集まります。念入りに手入れをおこないましょう。専門のネイリストに頼んだり、自宅でネイルケアをおこないます。また、指先や手のひらを保湿クリームでマッサージして手荒れを防ぎましょう。

 


c.
シェービング


うなじ、わき、腕、足、背中などのムダ毛をケアします。特に、肩や背中の露出が多いドレスを着る場合は、特に念入りに・・。カミソリ負けをすることがあるので、1か月ほど前に一度行って、様子を見ることが必要です。

③前日~1週間前

特に露出をする場所のシェービング、背中のトリートメント、デコルテのマッサージをします。