「困らない!!披露宴の席次の決め方」の記事一覧

困らない披露宴の席次の決め方


招待客に楽しい時間を過ごしてもらうために、席次には注意が必要です。一般的にメインテーブルに向って、左手が新郎、右手が新婦の関係者を配置します。また、新郎新婦に一番近い席が上座で、一番遠い席が下座です。一般的には、上座から、主賓次いで、会社の上司、恩師、友人や同僚、そして親族、家族の順番になります。

招待客通しの会話がはずむような、なるべく面識のある人通しを同じテーブルになるように調整します。また、妊娠中の女性や小さな子供連れの招待客、体が不自由な人などは、出口近くの席に配置するようにしましょう。

記事が見つかりませんでした。