「和装スタイルの衣装の基本」の記事一覧

花嫁の和装スタイルの選び方 「髪型」「髪飾り」「かつら」

和装にはさまざまなタイプがあります。

最近、再び人気が上がってきている花嫁の和装スタイル。和装のスタイルには白無垢、黒引き振り袖、色打ち掛け、本振り袖があります。例えば、挙式で白無垢を着て、披露宴では、色打ち掛けで登場しお色直しにウエディングドレスを着るなど、挙式と披露宴で、違うものを着用するのもお勧めです。



代表的な和装スタイル

白無垢(しろむく)

白い掛け下に白い打ち掛けを羽織り、上から下まで純白で格式高い和装の婚礼衣装です。小物から下着まですべて白で統一されています。白には、「婚家に染まる」という意味があります。また、挙式に白無垢を着るのには、「邪気を払う」や「神聖な儀式に挑む」という意味があるそうです。

 
 
 

綿帽子

白無垢に合わせる真綿を伸ばして作った帽子です。「婚礼が終わるまで夫以外の人に顔を見せない」という意味があります。披露宴では外します。
 

  

角隠し

 

挙式の時に被る頭飾りです。文金高島田(ぶんきんたかしまだ)を覆う帯状の布です。「角を隠して夫に従う」という意味があります。白無垢、打ち掛け、黒引き振り袖など、さまざまな衣装にも合わせることが出来ます。

 

※文金高島田とは?

文金高島田(ぶんきんたかしまだ)とは、婚礼時の和装に用いられる髪型です。高島田とは、根元を高く仕立てた髷(まげ)の一種で、昔は、町娘や芸妓遊女などが好んで結われていました。その中で、文金高島田は、もっとも根が高く上品で、花嫁に結われる形といわれています。

 

 


色打ち掛け

着物の上に「金・赤・青・銀色」などの色を使用した豪華な打ち掛けを羽織ったスタイルです。正式な和装で、挙式でも使用できますが、一般的に披露宴でお色直しに使用されることが多いようです。

 

 

 


黒引き振り袖

もとは、江戸時代の武家の娘の婚礼衣装として用いられていた和装です。通称「お引き」や「お引きずり」とも呼ばれていて、もっとも格式が高い振り袖。昭和30年ごろまでは、多くの婚礼で用いられていました。最近でも、クラシックで凛とした雰囲気が魅力的で人気があります。

 

 


振り袖

振り袖は、お色直しで良く用いられる衣装です。未婚女性が礼装である振り袖が着られるのは、結婚式が最後になります。振袖の中でも最も格式が高いのが、袖丈が長く裾を引かない大振り袖になります。

歩きやすく、ヘアアレンジも自由なので、ウエディングドレスの後のお色直しで用いることも可能です。

成人式の振袖を花嫁衣装にリメイク「オリフリ」



和装で必要な小物類

Ⓐ筥迫(はこせこ)

おしろいや紅筆などの化粧道具や懐紙を入れる長方形の袋。江戸時代の名残で、身だしなみを整えるための化粧道具入れで、模様が少しだけ見えるように、胸元に挿します。

 

Ⓑ帯揚げ、帯締め

帯の上部を整えて、小食するひものことです。帯揚げは、全体に絞りが入った総絞りのもので結び、帯の形を美しく見せます。白無垢の場合は、白で統一し、その他の着物は、好みの色で大丈夫です。

 

Ⓒ半襟(はんえり)

削(そぎ)襟ともいい、本来は和服用の下着である、襦袢(じゅばん)に縫い付ける替え衿のことで、汚れたら外して、選択できるため、襦袢を皮脂や整髪料から保護するものです。また、着物の襟からちらっと見える半襟は、さまざまな色があり昔から半襟は、和服のお洒落のポイントになっています。

 

Ⓓ懐剣(かいけん)

「いざというときには自分で身を守る」との意味で、左の胸元に挟む布袋に入った護身用の探検です。現在では、アクセサリーで、花嫁の胸元に挿し飾りひもをたらします。

 

Ⓔ末広(すえひろ)

祝い事によく使われる末広がりの形をした扇子です。「末広がりに幸せになれますように」という願いが込められています。当日は、新郎新婦がともに扇子を用意し、右手に水平に持ち左手は下から支えるように添えます。