結婚のお金の総額は?「管理」と「やりくり次第」で幸せな結婚生活が・・

結婚にかかる費用、いつの間にか大きな予算に

お金の話は納得するまで話し合いましょう。

結婚する事が決まり、喜んだのも束の間…、いろいろと決める事が沢山ありました。
結婚式の事、住まいの事など夫婦二人だけで考えたり決めたりではなく、両家の親も絡んでくるしで、大変だった記憶があります。

主にお金の事ですので、ここで揉めると後々まで引きずるのできちんと決めた方がいいと思います。
私達夫婦の場合、お互いがそれまでに貯蓄していた金額を全て教え合い、夫婦の財産として合算する事にしました。どちらかというと、夫の方が私より預金額が多かったので、申し訳ない気持ちがありましたが、夫は快く合算してくれました。

両家の親、親戚からもお祝いを頂きましたので、それらの金額も合算し、そこから結婚式、住居の費用に充てました。

 

住居は最初から、今の自宅を購入した為、頭金で1000万円支払い、住宅ローンを組みました。自宅の購入金額の他に、ローンを組む際の登記費用や金融機関に支払う保証料などローン以外の出費もありますので、注意が必要です。

また、家具や家電なども必要でしたので、いろいろと買いそろえると結構な金額になりました。最初は不動産会社から、大塚商会を紹介されて見に行ったのですが、全て買い揃えたら100万円以上超える勢いでした。さすがにそこまでは手が届かず、家具のほとんどはニトリで購入しました。お値段以上で良かったです。

結婚式、披露宴も行いました。

ホテル、結婚式場といろいろと見学に行き、それなりに名の知れたホテルで結婚式を挙げる事に決めました。見学に行った際、招待する人数を言うと大体の見積もりを出して頂き、その位の金額なら大丈夫だろうと思い決断をしました。

しかし、あくまで見積もりであり、ここからどんどん費用がプラスされていきました。
最初に提示された見積もりの料金のプランですと、装飾やドレスなどが最低限のレベルの物だったのです。どうしてもテーブルの装飾の花やキャンドル、ウェディングケーキはレベルアップしないと、あまりにも寂しすぎるものでしたので変更をせざるを得ない状況でした。

ドレス、タキシードも同様、最初のプランですと選択肢があまりにも無く、これがいいなと思うドレスは全て追加料金がかかる様になっていました。
せっかくの結婚式なので妥協はしたくなく、結局私も夫も追加料金を払った衣装になりました。
結婚式は招待客80人でトータル360万円ほどかかりました。

 

結婚式前後は決める事も多く、大きな金額の話ばかりで、お金に対する感覚が少し麻痺していた感じでした。当初考えていた予算よりも、多く支払う事になり、なかなか計画通りにはいきませんでした。ただ、一生に一度の大切な結婚式、一生物の買い物である自宅の購入の事ですので、夫婦二人できちんと考えて決めたので後悔はありません。結婚式も今ではいい思い出です。

結婚にかかるお金のこと

 

結婚にどれくらいお金がかかるのか、って気になりますよね。

でもシンプルに考えれば結婚ってお金かからないんです。だって婚姻届1枚貰って自分たちと証人が記入して出せばいいんですから。

最近は何もしない「ナシ婚」とかも流行っているし、結婚にかかるお金の最低ラインは無料ということになります。

だけど、結納や結婚式という通過儀礼を重ねようと思うと、手間も労力も、そしてお金とかかります。

例えば結納だと、ホテルの結納プランなど使うと一人当たり2万円くらい必要で、それに加えて室料がかかったり、時間制で慌ただしくなってしまうこともあります。
だけど、結納は事前の品物の準備も大変だし、自宅で行うのも負担が大きいこともありますから、自分やパートナーあるいはお互いの両親の考えや使える予算をしっかり考えて上手に活用したいところです。

そして何よりお金がかかるのは結婚式と披露宴です。最近ではスマ婚なども知られていて、安く結婚式を挙げられるようなイメージがありますが、スマ婚は安いプランだと平日挙式の日程だったり、料理のランクも上げなければチープな印象を受けるものだったりして、それを自分たちのやりたい形に変えていこうとすると結果として他の式場と価格帯が変わらなくなるということもあります。

逆に結婚式にこだわりがない、平日休みなのでその方が都合が良いなど、条件が合えばとてもお得です。

ブライダルフェアでは予算を言うと、それに合った見積りを提示してくれます。
ただ、現実は料理のランクが低いから変更、プラン内の衣装では気に入らないから上限を超えた分は支払ってもいいから気に入った衣装を着たい、椅子のカバーやテーブルクロスの値段が見積りに入っていない、引き出物や写真などは別料金など積み重なって、大幅に予算を超えることが多くあります。

一生に一度だから悔いを残さないためにブライダルローンなどでお金を借りてでも、自分の求める結婚式をするのもひとつの生き方ですし、将来の生活を考えて堅実にお金の使い方を考えるのもひとつです。
ただ、式場は複数回って見積りを出してもらい、比較検討するのはとても大切です。

他の式場の見積りを見せて「ここはこの値段だったのですが」と勝負に出るツールにもなりますし、その上で式場の人から「この見積りには○○が入ってないから安いんです」と教えてもらえるかもしれません。

一生に一度だからこそ、自分の意思でお金を使っていきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です