結婚式(挙式・披露宴) 花嫁の衣装 ドレスの入手方法と注意点

レンタルや購入する際の注意点

 

意外に高いレンタル料金

結婚式を控えた花嫁さんが、式場を決めその次に考えることは、ウエディングドレスやカラードレスを購入するかレンタルするか迷っている方もいらっしゃるかと思います。レンタルは費用的に安いと思われている方が多いと思いますが、意外と高いのです。

 

購入の場合、中古も検討してみる。

例えば、購入をされる場合は、新品ではなく中古で購入した方が、結婚式の予算を考えるとかなり予算を抑えることが出来ます。中古のドレスは価格はもちろん、ほとんどのドレスが一度しか着ていないものが多いので、比較的綺麗で、他人が着たものに対してこだわりがない方にはお勧めです。

レンタルも他の人が袖を通したものなので、中古ドレスと何も変わることはありません。

ウェディングドレスのレンタル料は、ほとんど中古ドレスより高いものが多いといえます。

中古ドレスのデメリット

①個人から購入するようなオークションサイトで手に入れる場合は、ドレス管理に問題がある場合が多く、購入する際は、ほつれや汚れ、保管状況に問題が無いかなど確認をしなければなりません。

②中古ドレスの場合、試着が出来ないため、細かなサイズや思っていたイメージと違ったとの意見もよく聞きます。

幸せな結婚をするために・・

結婚準備パーフェクトマニュアル

レンタルの場合 20万円以上・・

 

女性にとっては、憧れのウエディングドレスとなってますので、安ければいいと言うことなないようです。相場としては、20万円くらいのドレスを選ばれる方が多くなってます。ここで注意してもらいたいのは、結婚式場以外にあるドレスショップでレンタルされた場合には、ウエディングドレスの持ち込み料がかかる場合が多いです。

 

結婚をされると決まった時には、準備することが沢山ありますので、結婚をする日が決まれば、ドレス選びを焦ることなく決めることが大事です。結婚式のプロのプランナーがいらっしゃいますので、その方にアドバイスをいただいてもいいかと思います。

 

スケジュールとしては、挙式の6か月前にはドレスの情報を集めたり、挙式の3か月前までには、ドレスを実際に試着をしてみることです。花嫁さんになる方が納得をするまで、何度も試着をして決められることが、華やかな結婚式の場でも、自信を持って披露することが出来ます。

結婚式場でレンタルをされた時には、問題はないのですが、他の所からレンタルをされた時には、当日ではなく前日に受け取っておくことが必要です。その場合には、宅急便などで送られてくることが多いので、汚れがないか確認しておくことが必要です。

また、式場でレンタルの時には、式が終わったら、返却をすればいいのですが、他でレンタルされたものであれば、式が終わった翌日に返却されることです。スムーズにドレスを選べるように、試着前に着てみたい衣装のイメージをしておくことが大切です。

ウエディングドレスの選び方を詳しく見る

 

提携店や外部店によるレンタルドレスのメリット・デメリットについて

結婚式のウェディングドレスは購入ではなくレンタルで済ませるという人の方が多くなっています。しかし、レンタルドレスには提携店・外部店によって大きな違いがあることを知らない人も多くいます。今回は、提携店と外部店の違いや注意点について紹介します。

1・提携店と外部店の違い

提携店とは結婚式場から紹介されるドレスショップのことで、基本的には式場で作成されたプランに含まれている「衣装代」は提携店でレンタルした場合の料金となっています。
それに対して、外部店とは結婚式場とは提携していないフリーのドレスショップの事を指しています。

 

2・提携店のメリット・デメリット

提携店では式場の雰囲気を知っていることもあり、雰囲気に合ったドレスが多数用意されているというメリットがあります。また、プランに料金が含まれているので大きく料金を変えたくないと考えている人にも提携店でのレンタルは大きなメリットとなると思います。

しかし、提携店でのレンタルは一回の来店で試着できるドレスに制限があったり、来店予約が取り難い場合があります。また、プラン内で借りられるドレスには制限があり、華やかなドレスや流行のドレスを借りようと思うと自己負担額が増えてしまう事が多いというデメリットがあります。

3・外部店のメリット・デメリット

外部店では式場へのマージンがかかってこないので、安い店だと5万円位からドレスをレンタルすることが出来ます。また、提携店よりも上質なドレスやブランドのドレスを借りる事が出来る点も外部店のメリットになると思います。

しかし、外部店でのレンタルを禁止している式場では外部店を利用する事が出来ませんし、持ち込み可能な場合でも安くない金額の持ち込み料が発生する式場が多くなっています。また、ドレス以外の小物やクリーニング代、保証料などドレスのレンタル料以外にも金額が掛かってしまうというデメリットがあります。

 

料金を少しでも抑えたいと考えているなら、「提携店のプラン内で選べるドレスで気に入ったドレスを見付ける」という事になりますが、気に入ったドレスを見付ける事が出来なかった際にはメリット・デメリットを考慮して提携店や外部店でドレス選びをして欲しいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です