新郎の締めの挨拶「謝辞」の構成と例文集

披露宴の感謝のあいさつ「謝辞」のポイント

ここは抑えよう!謝辞の5つのポイント

ポイント①

2~3分ぐらいの内容「600文字から800文字程度」が目安
一般的な謝辞における時間は、新郎だけなら約2~3分ぐらいを目安に考えましょう。文字数にすると、「600文字から800文字」までに考えましょう。原稿が出来たら実際に読んでみて、時間を計ってみましょう。あまり長くなるようなら文章や読み方を考えて調整してみましょう。

 

ポイント②

「導入」「展開」「結び」の3部構成が基本。
披露宴を締めくくる感謝の言葉です。新郎からゲストに披露宴に参加してくれたことに感謝を伝えます。まず、「導入」でゲストへの感謝を、そして、「結び」で、これからの支援や今後の指導をお願いし、もう一度ゲストに感謝をお願いして結びの言葉にします。そして、「謝辞」の山場になる「展開」は、「挙式・披露宴の感想」や「新生活への決意や豊富」を盛り込んで、「謝辞」の内容を膨らまします。このように、3部構成で考え、原稿を作るとまとまりがある内容になります。

ポイント③

「感謝」と「支援のお願い」は必ず入れよう。
謝辞の趣旨は「感謝」を伝えることです。かならず、ゲストへの感謝の言葉と今後のお付き合いや指導をお願いする内容を盛り込みましょう。また、ありきたりな決まり文句で伝えるよりも、多少つたなくても、自分の言葉で話すことによって、感謝の気持ちがきちんと伝えることが出来るため、オリジナリティも出していきましょう。※ただし、自分らしさを強調しようとするあまり、長ったらしくなってしまったり、内容がちぐはぐになる場合があるので、注意が必要です。趣旨と逸脱しないよう、「ありがとう」という気持ちをしっかりと伝えられるように考えましょう。

組み合わせて完成 「謝辞」の基本例文

 

謝辞の「導入」の例文 謝辞の「結び」の例文

※自分のイメージに合う例文を一つ選ぶ

ー導入ー

披露宴「謝辞」の言葉 「導入」の例文

①一般的なあいさつ ②列席者・祝福へのお礼

①新郎の「謝辞」の例文(一般的なあいさつ)

●皆様、本日はお忙しい中、私たちの結婚披露宴にこのように多数のご列席をいただきまして、本当にありがとうございました。

 

●みなさま、本日、ご多忙の所、私たちの結婚披露宴にご出席くださいまして、まことにありがとうございました。今日という日を迎えることができましたのも、皆様のお力添えがあってのことと、心より感謝しております。

 

●本日は、ご多用の中をご参列くださいまして、厚くお礼申し上げます。おかげさまで私達にはもったいないほどの盛大な宴を催すことができ、感謝の言葉もありません。

 

●本日は、ご列席の皆様に見届けて頂いて、素敵な門出となる結婚の儀をとり行うことができました。

 

②新郎の「謝辞」の例文(列席者・祝福へのお礼)

●私達の結婚を祝福していただき、喜びで胸がいっぱいです。また、先ほどから過分なご祝辞をいただきましたこと、深く感謝申し上げます。

●本日はご多用中のところ、二人の結婚披露宴にご列席いただきまして、ありがとうございました。皆様から頂戴したご祝辞や励ましのお言葉は、今後の人生のいたるところで、私たちの心の支えになってくれることと思います。

 

●本日は、ご多用中の貴重なお時間にもかかわらず、多数ご列席をいただきまして、ありがとうございました。そのうえ、過分な祝福のお言葉や激励のお言葉をたくさん頂戴しまして、お礼の言葉が見つからないほど喜びでいっぱいです。

 

●数多くの心温まるご祝辞や励ましのお言葉をいただき、うれしさと感動で胸が熱くなってしまいました。ありがとうございました。

 

●本日は、せっかくの行楽日和にもかかわらず、私たちのためにお運びくださいまして、ありがとうございました。そのうえ、先ほどは心温まるご祝辞までいただきまして、〇〇ともども感激の至りでございます。

 

●皆様、今日は私たち二人のために、お忙しい中をご列席いただきまして、本当にありがとうございました。また、先ほどから身に余るご祝辞や貴重なご教訓をいただきまして、感激で胸がいっぱいでございます。おかげさまで、大変温かい会になりました。熱く御礼申し上げます。

 

●本日は、ご多忙中にもかかわらずご列席いただきまして、まことにありがとうございました。また、先ほどから、お心のこもったお祝いの言葉をたくさん頂戴いたしまして、心より御礼申し上げます。ご媒酌の労をお取りいただきました○○様ご夫妻には、出会いから今日まで、あたたかいお力添えをいただき、感謝の言葉もございません。

ー結びー

「謝辞」の締めの言葉 「結び」の例文

①一般的な「結び」の言葉 ②二人の決意を盛り込む
③夫となる自覚や責任を盛り込む

①一般的な「結び」の言葉

●未熟な二人ではございますが、皆様には今後ともよろしくご指導くださいますよう、心からお願い申し上げます。本日はまことにありがとうございました。

 

●本日、私と○○は、こうして、皆様のあたたかい祝福を受けながら、新生活をスタートさせる幸せをかみしめております。皆様の支えがあったからこそ、この日を迎えることができました。これからもご期待に添えるよう、ふたりで力を合わせて努力をしてまいることを、ここに誓います。

しかし、私どもはまだまだ未熟でございます。ときには、道に迷い、皆様のご指導ご助言を仰ぐこともあるかと存じます。どうか皆様、私どもをよろしくお導きくださいますよう、心からお願い申し上げます。

本日は本当にありがとうございました。

 

●皆様方には、これからも色々教えを乞うことがあるかと存じ間アスが、どうぞ幾久しくよろしくお願い申し上げます。皆様、本日はまことにありがとうございます。

 

●なにぶん未熟者の私達です。皆様には今後ともご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。まことにありがとうございました。

 

②二人の決意を盛り込む

●私達は、本日、皆様に祝福され、ゴールインしたわけでございますが、同時に、新たなスタートラインに立ったのだと思っております。人生の未熟者の私達ですから、右も左もわからないことばかりですが、一人ではない、二人なんだと思うと、それだけで力がみなぎってくるような気がいたします。皆様のお力をいただきながら、これまで以上に仕事に励み、○○と二人、手を携えて、どんな大きな壁も乗り越えていく決意です。

 

●夫婦としては、未熟な二人ですから、これからも悩んだり迷ったりすることがあると思います。そのときは、相談に乗っていただいて、皆様のお力をお貸し願えればと思っております。それに、時にはケンカもすると思います。夫婦喧嘩は、犬も食わないと申しますが、みなさまには、ぜひともたくさん食べていただき、あたたかく導いていただけたら幸せです。よろしくお願いします。

 

●これからふたりで幸せな家庭を築くことが、皆様へのご恩返しになるかと存じます。今後も変わらぬご支援ご指導を賜りますよう、心からお願い申し上げまして、簡単ながら私のご挨拶とさせていただきます。本日は、本当にありがとうございました。

 

●本日、私達はお互いを生涯のパートナーと決め、新たな一歩を踏み出しました。まだその実感は薄いものの、昨日までの私達とは違うことを、今はっきりと感じております。前途は洋々だと、胸を張って言えるほどの自信はありませんが、二人手を取り合って、どんな困難にも負けずに頑張っていく覚悟です。

 

③夫となる自覚や責任を盛り込む

●今日から私たちは、未熟者ながら夫婦として歩んでいくわけですが、喜びと共に、家庭を持った責任感もこみあげてきております。気楽な一人暮らしを送ってきた私ですが、私と一緒になってよかったと心から思ってもらえるように、全力を尽くして妻と家庭を守って行きたいと思います。

●いまは幸せな感激の中におりますが、今後を考えると身の引き締まる思いがいたします。これからは、社会的な責任も重くなりますが、皆様のご期待に添えるよう、仕事でも家庭人としても頑張ってまいりまる。

気持ちだけは一人前ですが、私どもはまだまだ力が足りません。皆様には、末長く変わらぬご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願い申し上げます。本日はまことにありがとうございました。

 

●私どもは、今までの経験をプラスに転じ、明るくあたたかい家庭を築いてまいる決意でございます。どうか皆様方には、これまで以上のご助力ご支援を心よりお願い申し上げます。

ご列席の皆様、本日はまことにありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です