おすすめ海外ウエディングの手配会社の選び方  

 

海外ウエディングの魅力

海外ウエディングの魅力は、日本にはない、その国独特な風景や自然が最高に舞台になってくれます。
その他にも、ハネムーンを同時に兼ねられる利点や、自分と本当に仲良くしている友人や近い親戚だけで、あまり親しくない人を呼ぶ必要がないので、気兼ねなくアットホームな式を挙げられることです。

海外挙式をあげるには、手配会社を選ぶことが重要。

私は家族と友人を数名呼びハワイ挙式を行いました。

まず私は海外ウエディングをしようと決めたとき、約10社に自分のしたい挙式のイメージと見積もりの依頼を伝えました。

ウエディング会社は日本の有名な会社や小さな会社、またハワイにしかないウエディング会社など様々なところです。

私は英語が話せるわけではないので、日本人と打ち合わせが出来て、当日も日本人の方がアテンドしてくれることが条件と費用が高すぎないこと以外は、ウエディング会社にこだわりはありませんでした。

実際に依頼していた見積もりが届き始めると会社によって金額も方針も全然違うことが分かりました。

まずよく聞く有名なウエディング会社ですが、費用がとても高かったです。しかし打ち合わせもドレスのフィッティングも全国どこでもできる安心感がありました。対応もとても早くお金さえ十分にあれば絶対にここでしたいと思いました。

次に日本にあるハワイ専用の小さなウエディング会社ですが、こちらは費用がとてもリーズナブルでした。持ち込み費用なども掛からないようでした。しかし打ち合わせは東京でしかできないこと、使用できる教会が限られていました。

 

そして最後はハワイで日本人が行っているウエディング会社です。こちらは費用もとてもリーズナブルでした。さらに使える教会も多かったですが、打ち合わせが日本ではできないので、メールと電話のやり取りのみで本番に臨むことになっていまうようでした。

考えた末、私たちはハワイにあるウエディング会社にしようと決めましたが、打ち合わせを進めるにつれ、現地との時差で電話をできる時間が、仕事中を除くと早朝のみとなっていまい、打ち合わせが中々進まない状態になりました。

私は早朝の電話でのやり取りがストレスとなり、またメールのやり取りも時間がかかってしまうため、ハワイ拠点の会社は辞め、日本の小さなウエディング会社に変更しました。

そうすると、電話は仕事の後の夕方や夜にできるようになりました。私の住まいが大阪だったので、2度東京の事務所まで行くこととなりましたが、直接会ってプランナーさんとも打ち合わせが出来ました。直接打ち合わせが出来るとかなりスムーズにプランニングができ、2回の打ち合わせでほとんどのことが決まりました。
当日はカメラマン以外はすべて日本人の方が対応してくれたので本当に安心でした。またトータルでかかった費用も想定よりも抑えることができました。

ハワイ挙式をするにはたくさんのことを決めないといけませんが、重要なのは、どこのウエディング会社にするかだと思います。ウエディング会社によって、費用もできることも大きく変わります。ですのでまず自分がしたい挙式をイメージしたら、どこの会社で行うかたくさん調べて自分に合う会社を見つられるとスムーズに理想の挙式が挙げられると思います。

 

海外ウエディングで素敵な思い出を作りませんか?

海外挙式・海外ウエディングを探すならマイナビウエディング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です