彼の両親に挨拶に行く際の「マナー」や「服装」、「手土産を渡すタイミング」

結婚前に女性が彼の親に会いに行くときの注意

両親への結婚報告は、ふたりの結婚準備の第一歩

2人が結婚の気持ちが固まったら、早めに両親にあいさつに行きましょう。順番としては、彼が彼女の両親に会い結婚の了承を得ることが一般的です。無事彼女の両親から了承を得ることが出来たら、彼の両親に会いに行きましょう。

たとえ、彼の両親とすでに遊びに行っていて、顔見知りであったとしても、改めて挨拶しに行きましょう。結婚前に女性が彼に親に会いにいくときには、いくつかの注意点をご紹介します。

 

両親には事前に知らせておこう。

結婚は二人だけでするわけではありません。彼の両親とも家族になるということです。両親も事前に彼女がどんな人かは、気になるはずです。もちろん会った時に自己紹介すればいいのですが、両親も緊張しているので、気になることもなかなか聞けません。

ここは、男性が事前に彼女の大まかな「特徴」や「長所」やどんなふうに知り合ったのかなどを説明しておくと、両親も安心して彼女を迎えることが出来るはずです。

 

服装や身だしなみについて

 

服装はできるだけ地味で、メイクも薄化粧にしておきましょう。地味な服ですが、カジュアルなものよりもフ女性らしいワンピースやスーツがおすすめです。結婚式のような服にする必要まではありません。家にいるときのような、スウェットスーツやジーンズはさけましょう。家におじゃまするときはできるだけ、食事の時間はさけますが夕飯を一緒にといわれたら、遠慮しないで一緒に食べて話をするのもいいでしょう。最初はレストランで会って、ある程度話ができるようになってから家に行くというケースもあります。結婚の時期や結婚式場の希望については、最初に男性から親に、話しておきましょう。あまり細かいことを決めておいても、変更になることが多いのでふたりの気持ちを大切にしたいですね。言葉遣いも、目上の人なので敬語で話すように練習しておきましょう。

 

手土産は必要!?

手ぶらで訪問するのはマナー違反です。必ず手土産は持参しましょう。年齢が高い方に好まれるようなお菓子がいいでしょう。たくさん持っていくより、高価なお菓子を少し持っていくほうが好まれます。いずれも、日持ちをするものが基本です。

事前にお相手の彼に両親の好みを聞いておくとよいでしょう。絶対に避けたいのは、訪問先の近所で購入することは、いかにも間に合わせた印象を与えかねないので、事前に準備しておきましょう。

結婚プランナー

手土産を渡すタイミングは?
よく玄関にて挨拶の時に渡してしまう人が多く見られますが、これは、間違いです。かならず、客間に通されて、一通り挨拶が終わったら、紙袋から取り出し手見上げを渡しましょう。その時、「お口に合うとよろしいのですが・・」と一言添えるのをお忘れなく・・
※和室の場合はいったん座布団から降りてから、あいさつや手土産を渡すように気を付けましょう。

仕事について

結婚後に仕事を続ける方も多いと思いますが、専業主婦が希望の方多いです。最初から専業主婦というと、いい印象をもたれないかもしれないので、状況によって考えるという柔らかい表現を使いましょう。彼氏の悪口は、絶対に母親には言ってはいけません。

 

ふたりの間では自然なことでも、母親にとって、いいと思わないこともあります。どちらかというと、彼を誉めるような話題のほうが、その場の雰囲気はよくなります。どんなことを話すかは、彼ともしっかり話しといて言わなくてもいいことは、ふたりで決めておきましょう。なにかトラブルがあったりいやなことを言われても、その場は笑顔で過ごすのがマナーです。もしも彼が地方出身であれば、地域独特の風習があるのかもしれません。

 

お手伝いはすべき?

お茶や食事をごちそうになった後は、そのままにせず率先して片づけをしましょう。台所に運ぶ際に彼のお母さんに、「お手伝いをしましょうか?」と一声かけましょう。その時はあまり出しゃばらず、彼のお母さんの指示に従いましょう。

 

彼の両親をどのように呼べばいいか?

いきなり「お義父さん、お義母さん」と呼ぶのは早すぎます。まずは、「○○(彼の名前)さんのお父さん、○○さんのおかあさん」と呼ぶようにしましょう。結婚の報告の後、何度目かお会いしたときに、「お義父さん、お義母さんとお呼びしてもよろしいでしょうか?」と聞いてみましょう。

また、普段、彼のことを「呼び捨てやあだ名」で読んでいたとしても両親の前では、「○○さん」とさん付けで呼ぶようにしましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です