彼の両親に結婚報告。(女性編)あいさつ当日の「服装」と「マナー」と「笑顔」

彼の両親に会う時に彼女が気をつける身だしなみ

付き合っていると、お互いに家に行くこともありますよね。いくら、両親が優しくて仲良くしてくれたとしも、安心してはいけません。

特に結婚報告をしに、彼の家にいく時には、気をつけることがたくさんあります。それは、印象をよくすることが大切です。

その印象というのは、態度もそうですが気をつけたいのは身だしなみです。その身だしなみが悪いと、彼の両親が心配になるのです。しかも、結婚することになると、それ以上のことなので、普段から彼の家に遊びに行くときには注意が必要です。

そこでここでは、彼の両親に会う時に彼女が気をつける身だしなみについてご紹介します。

 

 

・髪型は清潔感を出す

髪型については、色気を出すことはタブーです。ロングの場合は、ひとまとめにすることをおすすめします。それは、なんといってもロングであると、乱れてしまう可能性があるからです。一つにまとめることにより、清潔感を出すことができますね。そしてその一つにまとめる道具についても、派手なものは避けましょう。シンプルな髪飾りがいいです。黒ゴムだけでも好印象を与えることができます。
ショートの場合は、髪が跳ねていないか注意をします。自分の前の髪型だけではなく、後ろなども確認をすることをおすすめします。

・服装

服装は、女性らしくワンピースなどがいいですね。色は淡い色がいいです。パンツ姿でもいいのですが、そこはやっぱり優しい印象を与えることができる色にします。淡い色は、優しさを演出することができます。靴は、服装にあった色で黒、白などのシンプルな色使いのものがいいです。ヒールは高すぎず低すぎず、自分が履きやすいものをチョイスします。靴がなれていないと、歩き方がぎこちなくなってしまいます。しなやかに歩きたいので、なれている靴でキレイに磨いたものにします。

・指先

指先は、美しい清潔感のある短い爪がいいです。長くしている人は、短く整えましょう。長い爪を見ると、両親は不安になってしまいます。料理はできるのだろうか、子育てはできるのだろうかと不安が広がるのです。一瞬で判断をされることがあるので、その細かい爪も見られていることを意識して注意をしましょう。

 

両親に挨拶時に表情で気をつけたいこと

お互いの両親に挨拶をする時、両親に対して良い印象を持ってもらうことが大切です。その時、両親はしっかりと相手のことを見ているのです。そのことを意識して、自分の表情に気をつけることが大切ですね。

やっぱり表情というのは、そのひとなりを一番知ることができるからです。表情を見て、ちょっとの時でも不安を与えるようなことがあると失敗してしまうかもしれません。
そこでここでは、両親に挨拶時に表情で気をつけたいことについてご紹介します。

 

・玄関では笑顔を欠かさない

訪問した時に、もしかしたらその表情が全てを語っていると見られてしまうことがあります、そのため、パッと入った時の表情に気を付けます。一番いいのは、笑顔でいることです。笑顔というのは、どんな人にも悪い印象を与えることはないのです。

特に女性の場合は、明るい印象を与えたいので笑顔で挨拶をするといいですね。男性の場合は、緊張をしていてどうしても笑顔になることができないときもあるでしょう。その時、無理をして引きつった顔になるよりは真剣な顔でいる方がいいのです。リラックスしている時には、自然な感じの笑顔を心がけましょう。

 

・どんな時も嫌な顔はしない

長い時間滞在することもあるので、その中では嫌なこともあるかもしれません。またテレビを見ていた時に、嫌な場面などで顔が変になることもありますね。しかし嫌な感じの顔をするのは、極力やめましょう。そのことにより、不安を与えてしまうことがあるからです。

 

・笑う時には声を出さない

笑いたい時に、いつもの癖で大声で声を出して笑うことがありますね。しかしその場面は真剣なところなので、声を出して笑うことは禁止です。もしも我慢ができなくなって、声が出てしまった場合はすみませんという言葉を添えるようにしましょう。

 

・お互いを見る時に笑顔でいる

お互いを見る時、ついいつもの癖が出てしまうことがあります。少し上から目線で見ることがありませんか?その時は、笑顔で仲むつまじい印象を持ってもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です