結婚のお金のことを考えよう!!結婚費用の総額はいったいいくらになるか?

結婚の費用はいくらぐらいかかるのか?

結婚のお金の話

結婚には、たくさんのお金がかかるといわれます。結婚資金をあまり貯金していない人には、不安材料の一つなのではないでしょうか?

一般的に結婚費用は、結婚式にかかる費用の事だと思われがちです。もちろん、多くの部分を占めるのには間違いは無いのですが、実際は、婚約(結納・食事会)から結婚式(挙式・披露宴)・新婚旅行そして、新生活までのトータルにかかった費用を結婚費用といいます。

では、結婚費用っていったいどのくらいのお金がかかるでしょうか。実は本当にピンキリなんです。かけようとすればいくらでも、かけられます。そしてお金をかけたくなければ全くかけなくても結婚できます。ではどんなお金のかけ方があるのか考えてみましょう。

 

どのような結婚をするにしても、自分たちのやりたいようにするためには、結婚費用の目標額を設定し貯金をすることが重要になります。お金を貯めることはふたりの安定な家庭を築くための大事な一歩です。

 

 

まずは普通にお金をかけるパターン

一般的なもので値段もつけてみましょう。まずプロポーズの際の婚約指輪約50万円、結納金は最近出さない事が多いので無しにします。

結婚指輪二人で約10万円、結婚式80人よんで約350万円、新婚旅行約70万円。大体なのでトータル400万~500万円といったところ。そのうち男性と女性では、結婚指輪を男性が払ったとして当初費用として男性約300万円ぐらい。女性で約200万円ぐらいでしょうか。

 

このうち結婚式はご祝儀が返ってくるので、持ち出し100万円ぐらいになります。これをお互いに半分ずつ返してもらうと、実際かかる費用は男性250万。女性150万。これが一般的な結婚のパターンにかかるお金ではないでしょうか。

 

お金を節約するパターン

一方、お金をかけないパターンでは婚約指輪は買わずにお互いに実用的プレゼントを贈りあう。約10万~30万円。結婚指輪は買って約10万円。結婚式は親族だけで約30万円。新婚旅行は近場で20万円。これだと初期費用として男性、女性とも約50万円ぐらい。親族だけの結婚式ですのでご祝儀は無いものとして、実際かかるお金も同じぐらいでしょうか。

これが一般的なお金をかけないパターンです。

 

お金をかけるだけが結婚ではない!

ここにあげた2つのパターンはあくまで一例です。

しかし多くの人がこの2パターンで悩まれるもしくは、パートナーの考え方が分かれるのではないでしょうか。もちろんお金をかけようとすれば、高い指輪や、高級ホテルでの結婚式などを行う人もいるでしょう。お金を全くかけたくない人、または経済的に苦しい人は籍だけを入れる人もいるでしょう。

結婚生活を第一に考えて!!

どれもそれぞれのパートナーとの愛は変わりません。自分たちがどうしたいかです。ただ無い袖は振れないので、目標とする結婚の思い出作りの為にお金を用意する必要があります。
結婚式のために借金をすることは私はお勧めしません。結婚はパートナーと初めて成し遂げる人生のイベントです。しかし、一日の結婚式を盛大にするために大きな借金をして、これから幸せになるはずの結婚生活に支障が出るのは一番避けたいことです。

結婚のお金を考えるときに重要なことは、ふたりにとって一番大切なことは何か?ということです。結婚式を盛大にしたいのか?新婚旅行なのか?結婚式は節約して、二人の生活資金にまわすのかは二人次第です。

結婚が決まり、どこを一番こだわりたいかなど、妥協点と妥協できない点を一番最初にふたりで話し合いましょう。

お互いの力だけで、自分たちの好きなやり方で、一生の思い出になることをするべきだと思います。

あなたが幸せな結婚が出来ることを祈っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です