結婚資金の貯金の平均額は!?結婚式までに予算のお金の貯め方

結婚資金の考え方

どこにお金をかけ、どこを節約するかを検討する。

結婚するとなると結納や結婚指輪、結婚式(挙式・披露宴)、新婚旅行そして、これから始まる新婚生活の準備といった多くの費用が必要となります。その中で最も予算がかかるのは、披露宴です。

特に二人のこだわりが強ければ強いほど、どんどん予算が上がっていきます。挙式・披露宴会場で最初に見積もりをもらいますが、これは必要最低限ということを理解することが大切です。

まずは、料理や衣装など、どこに一番にこだわって、どの辺が妥協できるのかを考えましょう。また、挙式・披露宴の予算は、会場で大きく変わりホテルや式場であげた人は、10~15万円ほど平均額より高く、レストランウエディングであげたカップルは、平均額より40万円ほど低く抑えることが出来ます。

そして、招待客の人数、お色直しの回数、選ぶ料理などで総額は大きく変化します。

結婚のお金のことに関することはこちら

ふたりの預貯金を基本として結婚資金を把握する。

結婚に必要な費用ですが、地域や結婚式のスタイルによって千差万別です。結婚となれば結婚式をはじめ披露宴や二次会、新婚旅行などの行事が目白押しとなります。

それぞれにかかる費用を把握して事前に貯蓄をしておくと良いです。標準的な結婚式、披露宴、新婚旅行まで行うと平均で463万円の費用が必要と算出されています。そのため、独身の頃から結婚資金の貯蓄をすることが大切です。

結婚資金の平均預金総額は?

ご祝儀の平均金額が230万円と言われているため200万円近くは自分達の費用で支払う必要があります。挙式や披露宴のスタイルで金額に差が出ますが、余裕を持った結婚資金の準備をしておく事が大切です。

 

結婚資金100万円から200万円未満が最も多い。

2人の結婚貯蓄金額

1位(24%) 100万円~200万円未満

2位(20%) 200万円~300万円未満

3位(17%) 300万円から400万円未満

4位(11%) 400万円から500万円未満

5位(9%)  500万円から600万円未満

6位(6%)  600万円から700万円未満

結婚に関することは結婚準備パーフェクトマニュアル

結婚する二人の貯蓄金額の1位は、「100万円から200万円未満」で全体の25%を占めます。

一人で貯蓄をしていくのも大変なため二人で相談して結婚式までに計画的に貯金していくと良いです。私の場合は、お互いが独身のうちに式に必要な費用を毎月少しずつ貯蓄していました。一気に貯める事は難しいため結婚1年前程度から資金を貯蓄していく心がけをすると良いです。次に結婚式や新婚旅行などのイベントが終わると新しい生活が始まります。

新生活の準備の平均費用は、72万円となっており家具や家電にお金がかかります。結婚するまで一人暮らしをしている人などは家電をそのまま使ったり出来るため必要な費用を抑えられる場合もあります。

家電や家具だけでなく当面の生活に必要なお金も含めて準備しておく事が大切です。上記のように結婚式や新婚旅行といったイベントに必要な費用と新生活の準備費用を合わせて250万円程度は準備しておくと安心感があります。

結婚式のスタイルによって費用は異なりますが、事前の結婚資金準備が非常に重要となります。私たちも結婚を決めてから少しずつ貯蓄をしていき無事に全てのイベントを終える事が出来ました。

結婚に必要な費用を洗い出して計画的に貯めていく安心です。

結婚資金の貯め方

「ふたりの貯蓄がほとんどない!!」「結婚資金が足りない!!」と悩んでいるカップルは意外と多いです。そんな時は、挙式当日までに一円でも多く結婚資金の預金を貯めることが大切になってきます。

まず、ふたりの名前で結婚資金用の銀行口座の手帳を作りましょう。これは意外と重要なことで、ただ漠然と貯めるのではなく、二人の銀行口座を作ることで「ふたりの新しい未来のため」という目的意識が出来て、貯金が楽しくなります。

多くの場合、結婚が決まってから挙式までは、約8~12ヶ月ほどの期間はあります。また、資金に余裕がないときは、少しだけ挙式の日取りを延期するのも方法の一つです。

例えば、100万円貯めようとすると、

1000000円÷12ヶ月=83,333円(月)です。これを二人なら1人で約41,600円ということになります。大きい金額ですが、二人の未来の為頑張りましょう。

意外と貯まる小銭貯金

私が以前結婚資金を貯めるときの方法として、通常の貯金(毎月6万円)とは別に、意外に効果が出たのが、小銭貯金です。よくある方法は、貯金箱に貯める・・というものですが、私の場合、目の前に貯金箱があると「貯金している!!」という意識があり継続が難しいことと、後での両替替えが面倒だったので、近くの銀行ATMで直接貯金を行っていました。

私のおこなった貯金ルールは

 

☆毎月給料日に6万円入金。

 

◎使用するATMは、小銭が入金できることが条件。

◎一日の終わり(仕事の帰りなど)にATMによる。

◎財布の小銭入れに入っている小銭全てATMに入れる。
 (多いときは、1000円を超える。)

 

このことをほぼ1年以上繰り返しました。

 

 

ほぼ毎日ATMに通っていましたが、不思議と「貯金している!!」という意識が少なく、それよりも財布の中の小銭は必ず夜無くなるので、財布がいつも軽くて気持ちが良かったです。用事などでATMに行けない日があると、なにか気持ち悪い気持ちにまでなるようになりました。

ウエディングドレスの選び方はこちら

小銭貯金だけで30万円以上。

こんな毎日をコツコツ行っていましたが、1年でどのくらい貯まったのかというと、380,050円でした。あまり貯金した感覚が無かったので驚きましたが、小銭だけでもこれだけ貯まるのです。計算すると、一日1,041円。1,000円を超えていました。毎日少しでも小銭を作ろうとしていた効果だと思います。

100万円達成!!

 

1年間で、小銭貯金「約38万円」と毎月6万円貯金が「72万円」で、110万円をためることが出来ました。もう少し前から始めたらと後悔しましたが、目標となる100万円達成することが出来ました。

貯金にはさまざまな方法があると思いますが、私が実践したの貯金のコツは、いかに「貯金をしている!!」という意識を無くすということです。そうすることで、いつの間にか驚くべき金額が貯まっていました。ぜひ参考にしてみて下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です