人気のあるお色直し ドレスの選び方

披露宴お色直しのドレス選び

昨今、お色直しのドレスにこだわる花嫁が増えています。
披露宴や二次会などで、「挙式とは一味違う感じにしたい」という心情の表れでしょう。
しかし、お色直しのドレスと一口にいってもいろいろな種類があるため、どれにすればよいのか悩んでしまいがちです。

 

以下で、お色直しのドレスの選び方について見て行きます。

①「会場の雰囲気に合わせる」。

お色直しの場合、基本的にカラードレスを着ることになりますが、まず会場の雰囲気がどのような物かということを考えましょう。

例えば、ガーデンウェディングや窓が大きい会場など明るい雰囲気であれば、「パステルカラー」もしくは「シャーベットカラー」のように、淡いカラーのドレスが適しています。
また、ホテルのバンケットルームなどのように現代的な雰囲気が漂う会場であれば、「ワインレッド」「ネイビー」など、大人っぽいカラーが適しています。

ドレスのカラーというのは、写真撮影にも大きく影響するので、会場の雰囲気に合った物を選ぶことで、よりキレイな花嫁姿を演出することができます。

ウエディングドレスの選び方はこちら

 

 

②「ウェディングドレスとギャップのある物にする」。

 

上述のとおり、カラードレスは会場の雰囲気とは合わせるべきですが、ウェディングドレスとはあえて違った雰囲気の物にすることで、ゲストにインパクトを与えることができます。
まず、「ドレスラインでギャップを感じさせる」。

ドレスラインとは、ドレスを着た時のシルエットのことです。
これは、ウェディングドレスにもカラードレスにも存在していますが、例えばウェディングドレスがAラインの物だったとしたら、カラードレスはプリンセスラインの物にしてみるとよいでしょう。

次に、「雰囲気でギャップを感じさせる」
例えば、ウェディングドレスがマーメイドラインでセクシーなイメージだった場合、カラードレスはペールカラーにしてフェミニンなイメージにしてみる、という感じです。

 

結婚準備パーフェクトマニュアルはこちら

 

③自分に適したカラーを「パーソナルカラー診断」で選ぶ。

カラードレスで人気が高いのは「レッド」や「ピンク」ですが、肌の色と合わないと、顔色が悪く見えたりしてしまいます。

自分に似合う色がわからない・・という方もいらっしゃると思います。そんな花嫁は、ヘアサロンやネイルサロンなどで行うことが出来る「パーソナルカラー診断」がおすすめです。

パーソナルカラー診断とは、その人が持った肌や髪、眼の色から、ベストなカラーを選択できます。普段の洋服選びにも役立ちます。あなたの好みとは違う色が似合うこともあり、新たな発見にもつながります。

ドレスショップにカラーコーディネーターがいる場合は、事前に相談して、自分の肌の色を把握しておきましょう。

お色直しはシンプルなのがおすすめ

披露宴でのお色直しは、二人の最大の見せ場です。しかし、あまり大がかりなお色直しや、回数を増やしすぎると、中座する時間が長すぎて、招待客が飽きてしまいます。何度も中座するよりも、招待客と出来るだけ一緒に楽しむほうが良いと思います。

最近では、1着で何パターンかのアレンジができる2WAYドレスもあるので、お色直しをしないカップルもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です