彼女の両親にあいさつに行くときの注意点は?服装や手土産

彼女の両親に会う時の彼の身だしなみで気をつけること

彼女の両親に結婚の挨拶などをする時、その身だしなみがとても重要となります。彼女に対しても、その両親に対しても良い印象を与えたいものです。私の場合も、結婚の挨拶にいく彼についてとても気になっていました。

身だしなみについて、普段の仕事の時と同じなのかなと思っていたのです。その時、ガッチリと身だしなみを整えて来てくれたので、とても安心したことです。
その彼女の両親に会う時の彼の身だしなみで気をつけることについて、ご紹介します。

 

・髪型は清潔感を出す

髪型は、そのままでいいとうわけにはいきません。もしも長めになっている場合は、清潔感を出すことが必要なのでさっぱりときるほうがいいですね。耳にかからないくらいにきる事を、おすすめします。それは両親から見て、好印象を持つことができる髪型がそれなのです。そのときは、カッコいい髪型にする必要はありません。清潔感のあるさっぱりとした印象が大切です。

 

・服装

服装については、やはりスーツがいいですね。スーツは、誰から見ても好印象を持つことができます。その誰から見ても好印象ということが大切なのです。自分はこれがいいと思っていると思って、シンプルなカジュアルな服装にすることもあるでしょう。しかし挨拶にいくときなどは、やっぱり普段の服装よりもきちんとしたスーツがベストですね。
そして靴についても、黒のシンプルなものとします。靴もおしゃれである必要はありません。革靴には、先が尖っているものがありますね。それは両親には、悪い印象を与えてしまいます。できるだけシンプルな黒の革靴にします。

・ネクタイ

ネクタイは、無地のスーツにあった色を選択します。ネクタイも柄が入っていないものがいいのです。柄入りは、おしゃれに見えますが挨拶の時にはその必要はありません。無地でスーツと同系色のネイビーなどがいい感じに仕上げることができます。

・服装は汚れていないこと

スーツと靴は、綺麗なものを準備するようにします。

両親に会う時にお土産で気をつけること

お互の両親に会う時は、普段の状態を出すつつ、気をつけたいことがたくさんあります。その一つに、」両親への挨拶時に持参をするお土産があります。

何も持参しないのは、ルール違反です。やはり何か持参をすることにより、好印象をもってもらうことができます。そのお土産について、どんなことを気をつければいいのかまとめてみました。

 

・両親の好きなものにする

お土産として持参をするのは、両親が好きな食べ物がいいですね。特に父親が好きなものを持参することにより、父親に気に入られる事ができるので話をするときに緊張をほぐすことができます。その時,どんなものが好きなのかお互いにリサーチして、購入をするようにしましょう。

その買うところは、デパートだとより印象付けることができますね。そこまで足を運んでくれたという、そんな思いをもってもらうことができます。簡単に買えるものもいいですが、滅多に手に入らないものなどもとても喜んでもらうことができます。しかし無理をしてしまうと、買うことができなくなることもあるので無理をしない程度にしましょう。

 

・鮮度を気にしないものが良い

お土産といっても、鮮度が気になるとちょっと困ってしまいます。それは両親だけで暮らしている場合は、そんなに食べることができないからです。できれば保存出来るものがいいです。

 

・匂いがきつくないもの

匂いについても気をつけたいですね。匂いがきついもので両親が好きなものがある場合は、その包装について頑丈にしてもらう必要があります。そのことを、買うときに依頼をして持参をします。

 

・大切にもつ

できれば風呂敷などに包むことにより、とても大切にもつことができます。それは両手で持つことになりますね。しかしそんなことをいっても、風呂敷に入らないものもあるのです。

そんな時には、紙袋の下に手を添えて大切なものという、そんな印象をもってもらうようにしましょう。乱暴に扱うのは、絶対やめましょう。

 

・玄関先で渡さない

両親にあったときに、つい玄関先でお土産を渡してしまうことがあります。玄関ではなく、上がった座敷などで渡します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です