【新婚旅行の経験談】 あこがれのフランス周遊とかかった費用

私の新婚旅行の経験談 ヨーロッパ旅行の予算

憧れのフランスへ出発!!

もう5年ほど前のことですが、新婚旅行でフランスへ行ってきました。その時の経験談を書きたいと思います。

全体のスケジュール感と費用に関してまずお話すると、当時の9月にフランスにいきました。気温はかなり寒くダウンを着込んで行かないと厳しいレベルだったと思います。全部で7泊の旅でツアーで参加してきました。

ハネムーン(ヨーロッパにかかった費用)

新婚旅行(フランス)でかかった費用

飛行機代(往復)         150,000円×2人分=300,000円

 

諸経費(燃料サーチャージ含む)  47,610円×2人分=95,220円

 

ホテル代 2人分         26,000円×6日=156,000円

 

観光で使ったお金(食事代)             120,000円

 

お土産代                    150,000円


 

 

 

 

ヨーロッパには、「エアーフランス」というフランスの航空会社の飛行機に乗ったのですが、初めてのヨーロッパにフライトということで、私達二人ルンルン気分で登場したのですが、天候が悪かったのか、理由がわかりませんが、突然一時飛行機が急降下、急上昇したタイミングがあり、落ちるのではという恐怖体験をしたのを、今でも鮮明に覚えています。

それでも怖かったのは、その時だけで後半はとても快適なフライトでした。機内食も美味しかったですよ。

 

憧れと現実・・

フランスに無事に到着して主要都市に向かっているときに感じたのが、フランスは、あこがれの場所でとてもきれいな街並みかと思っていたのですが、その想像とは少し違って、落書きが多かったり、ボコボコの車の縦列駐車がすごくて、意外とごみごみしてるのだなと感じたのが第一印象です。

その後色々な観光地を回っていたのですが、印象に残ってるものだけ書き留めます。

 

観光地巡りで一番思い出に残っているのはヴェルサイユ宮殿です。もちろんたくさんの絵が飾られていたり、宮殿の中を巡れる体験は無いので素晴らしかったのですが、なんと某テレビ局(今はフリーになった)アナウンサーがプライベートで来ておりすごい美人だったなということで一番思い出に残っています。

 

次に思い出に残っているのはルーブル美術館で、本物のモナリザやニケの銅像がみれたのがとても嬉しかったです。たくさんの絵画があり、私は普段美術には無頓着ですがとても奇麗で感動したので、美術に詳しい方が行ったらさらに楽しいのだろうなと思います。

 

現地の学生が絵を見ながら模写して絵の練習をしている姿が散見されました。最後に思い出に残っているのはモンサンミッシェルです。私が一番行きたかった場所で、写真で見るととても神聖な感じがしたからです。実際に行ってみるとお土産屋さんやレストランなどがあって、街みたいなところだなと思いました。夜に行くととても奇麗ということだったので楽しみにしていたのですが、私が体調を崩してしまって行くことができずでした。

 

夫もここを一番に楽しみにしていたらしく、とてもイライラしていて喧嘩になってしまいました。申し訳ない気持ちはあったものの器の小ささをちょっと感じて結婚失敗したと思ったのは内緒です。
そんな夫とは今でも仲良く過ごしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です