新婚旅行(ハネムーン)でおすすめなのは、日本語が通じる「ハワイ」

日本語で生活しやすい新婚旅行先と言えばハワイ

新婚旅行というと、どういったエリアがおすすめなのか?というのは迷う人も多いと思います。
新婚旅行はある程度の金額を使って、せっかくの思い出を作る意味合いもあるので、楽しめないと意味がないと言える部分はあると思います。

そして、楽しむためには何が必要か?というと、コミュニケーションをとるのに苦労しないということが挙げられるのではないでしょうか?
現地で言葉の壁を感じると、いろいろと苦労することもあると思うので、そこはあらかじめ新婚旅行でどこに行くか?を考えるときには考慮しておきたい部分になります。
語学に堪能な人がいるならば問題ないかもしれませんが、そういう人は少ないと思うので、できるだけ日本語が通じやすい場所が良いでしょう。

ハネムーンでおすすめなのは「ハワイ」

したがって、そういったときにおすすめなのはハワイになります。
新婚旅行としては定番と言える場所ですが、定番なのは理由があるからであって、日本語が通じやすいというのは魅力の1つとして相当大きいです。

したがって、英語などがほぼ話せないとか、現地でのコミュニケーションに自信がない人にとってはハワイというのはかなりおすすめと言えるのです。
快適に新婚旅行の期間を過ごしたいならばハワイは候補にしてもらいたいと思います。
また、ハワイは新婚旅行としての情報がかなり多いので、どういった場所なのか?というのを事前に知ることがしやすいです。

だから、2人にとってより望ましいプランを考えてから新婚旅行を楽しめるという部分もメリットになると思います。 新婚旅行でハワイに行っている人は多いですから、日本人の新婚旅行でのハワイの体験談などもインターネットで探せば見つかりやすいでしょう。

そういった情報が多いという安心感もおすすめの理由になりますが、新婚旅行はどこに行くか?で迷っているならば、やはり日本人にとって人気のハワイは候補として考えていくと良いと思います。
一生に一度の思い出を作るときにはハワイというのは最適の場所ではないでしょうか?

ハワイの新婚旅行の費用について

ハワイは気候が温暖で日本語も通じやすいため(メインの言語は英語とハワイ語ですが、アジアからの移民が多いうえに観光業が主要産業という事情があるので、日本語や中国語など、アジア系の言語もよく使われているのです)、新婚旅行では定番の場所といえます。

宿泊先やレジャーなどの種類も多いので、要望に合ったプランを組みやすい場所でもあります。
ただし、日本での「ゴールデンウィーク」「夏休み」「クリスマス」「年末年始」は混み合うことが多いので、避けるべきです。

また、3泊ほどの短い期間でもよいですが、観光を満喫するなら、5泊はしたいところです。
もう少し日数を増やせるなら、滞在地とは違う島に行くこともできます。
フライト時間は、「どの航空会社を利用するか」「どの空港を利用するか」などによって変わってきますが、例えば成田空港であれば、往路は6時間半~7時間ほど、復路は8時間ほどかかります。

なぜ復路のほうが長いのかというと、向かい風になるからです。
また、秋から冬にかけては、さらに時間を要することもあります。
では、具体的にどのくらいの費用がかかるのかを見て行きましょう。

5泊7日であれば、旅費は二人で50万円~70万円くらいです。
挙式およびパーティーも含めると、70万円~160万円くらいになります。
加えて、現地における滞在費も必要です。

どのように過ごすかで変動しますが、アクティビティーが3万円~15万円(二人分)、お土産代が5万円~20万円、食費などが5万円~10万円(二人分)くらいなので、合計13万円~45万円ほど加算されることになります。

これらを加味すると、総額は130万円~280万円くらいとなります。
ただし、これは時期によって変動しますし、為替相場の影響も受けます。
また、現地の物価は日本と比べてそれほど安いわけでもなく、ホテルなどでサービスを受けたらチップを渡さなければならないという慣習もあるので、上記よりもやや多めに予算を見ておいたほうが賢明といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です