結婚式でのご祝儀のマナー 一般的な包み方と金額

ご祝儀の金額はいくら?

ご祝儀の金額は、夫婦が別れるのを意味する偶数や4や9等の数字は縁起が悪いとなっているため避けるのが一般的です。

 

偶数の金額を渡す場合は、5千円札を2枚入れておきます。このため2万円を渡す場合は、1万円札1枚に5千円札2枚を入れます。ただしご祝儀や結婚祝いは気持ちが一番大切と言われていて、事情によってご祝儀を2万円しか出せない事もあります。

 

なるべく新札を用意しましょう

1万円札1枚と5千円札2枚等と、包み方を工夫してみます。ご祝儀で渡すお金は、二人のスタートをお祝いする意味でも新札を用意するのがマナーです。

もしも新札が用意出来ない場合は、アイロンをかけてシワを伸ばして目立たなくさせます。また中袋に入れる時のお札の方向は、表向きにするのが基本です。人物が印刷されている右側を上にして、入れるように気を付けます。

ご祝儀袋によって包む金額が違う。

 

中袋への金額と名前と住所の記入はしっかりとして、ご祝儀袋は金額によりランクが変わるため金額に見合ったもの選びます。金額の目安は、ご祝儀袋のパッケージに記入されているので、確認して購入すれば大丈夫です。ご祝儀を汚さないために、ご祝儀を持ち運ぶ時には袱紗に包むと丁寧な印象になります。

 

結婚式等の慶事には、赤や朱色等の明るい色の袱紗を用意します。渡す時には、本日は誠におめでとうございます等の言葉を添えます。ご祝儀はお祝いの気持ちであるから、相場を知っておく事も重要であるが無理のない範囲で金額を包みます。

 

地域によってもご祝儀の相場が異なる場合もあり、不安があれば周囲の人に金額を聞いておくと良いです。

ご祝儀の相場

20代から50代のご祝儀のアンケート結果です。

20代のゲストのご祝儀の相場
  • 1位 3万円
  • 2位 2万円
  • 3位 3万円
兄弟姉妹等の親族の場合
  • 1位 5万円
  • 2位 3万円
  • 3位 10万円
30代のゲストの場合
  •  1位 3万円
  •  2位 2万円
  • 3位   1万円
兄弟姉妹等の親族の場合
  • 1位  5万円
  • 2位  3万円
  • 3位 10万円
40代50代のゲストの場合
  • 1位 3万円
  • 2位 1万円
兄弟姉妹等の親族の場合
  • 1位 5万円
  • 2位 1万円
  • 3位 3万円

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です