婚約とは?プロポーズは婚約ではないの?結納or食事会

婚約とは?

婚約とは、結婚の約束を交わすこと、特に法的な手続きは必要ありません。プロポーズで、二人の結婚の意思を確かめたことで、婚約は成立していることになります。

ただ、これだけでは、婚約といえども結婚の「口約束」にすぎません。万が一、一方的に婚約を破棄されたりといったトラブルが発生しても、「口約束」だけでは、泣き寝入りするしかありません。

 

周囲に公表することで、正式に婚約がより成立します。

ふたりが婚約したことを周囲の人々に発表し、祝福されることで婚約は確実なものになります。周囲の人々に結婚の約束の証人になってもらうことで、ふたりの結婚に対する責任感も強いものになっていき、婚約の事実も公表されていれば、法的な責任も生じます。

二人の間にトラブルがあっても、損害賠償や慰謝料が発生します。そのような責任があるため、二人の間に強いきずなが生まれるきっかけになります。

 

婚約のスタイルを話し合いましょう。

婚約の形は様々で、日本の伝統的な婚約の儀式といえば、婚約の証として金品を贈り合う結納です。また、最近では、このような結納は省略し、レストランや料亭などで食事会を開き、両家の顔合わせをおこないます。

結納をするのか、食事会で顔合わせを行うのか自分たちに合った婚約のスタイルを話し合って選ぶようにしましょう。しかし、地域や家柄によっては、婚約のしきたりがあるので、親の意向を取り入れましょう。

結婚スタイリスト

男性側から結納を断るのは失礼に当たります。結納とは、男性から女性に金品を贈って結婚の約束を固める儀式です。
男性から結納を断ると女性の親が気分を害するケースもあるので、気を付けましょう。

 

さまざまな婚約のスタイル

いろいろな婚約スタイル

結納

正式結納

最近ではほとんど行われていませんが、仲人が使者になって両家の間を往復して行います。昔ながらのしきたりに乗っ取った正式な結納です。

略式結納

近年では、略式結納が主流です。両家や仲人が一堂に会して行う略式の結納。自宅または、ホテルや式場で行います。仲人を立てない場合は、男性側の父親が進行役を務めるのが一般的です。

食事会

顔合わせ食事会

レストランや料亭で食事会を開き、両家の顔合わせをおこないます。特に決まりごとはなく、結婚記念品の交換や記念撮影などを行います。

最近では、両家の顔合わせだけをおこなった人が半数を超えています。「ゼクシィ」の調査では、結納のみ行った人は5%、顔合わせのみ行った人は71%、両方行った人は19%でした。

結婚式の3~6か月前までには済ませましょう。

婚約(結納又は、顔合わせ食事会)は、結婚式の遅くとも3か月から6ヶ月までに行うのが一般的です。結婚式当日に両家のはじめての顔合わせをすることは避けましょう。

結婚スタイリスト

お互いに仕事を持っている場合など、日程の調整や場所の設定などは大変です。しかし、両家の初顔合わせは末長くお付き合いをしていくうえで、大変重要なポイントです。新郎新婦で、ふたりで協力し行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です