結婚指輪だけではダメ?婚約指輪(エンゲージリング)はいるの?いらない!?

婚約指輪はひつようですか?

私は婚約指輪(エンゲージリング)否定派でした・・

婚約指輪は月収の3倍!?というのは昔の話でしょうか。
自分が大人になり、周りが次々と結婚していくと、婚約指輪をしている友人もいました。
その度に、私だったら、婚約指輪はいらないなぁと思っていました。負け惜しみではありません。

理由は簡単。
たとえ、月収の3倍までいかなくても指輪は高価なもの。
もしその金額があるのなら、2人で旅行に行ったり、2人で美味しい物を食べたりしたいという気持ちのが強かったからです。

旅行や料理は一瞬のもの。でも、指輪は一生もの。
でも、結婚指輪があるのであれば、十分なのでは?と疑問でした。
婚約指輪は、結婚したらあまりつけないイメージだったため、なおさらいらないのではと。
私は、可愛げのない女性なのかな?と思いましたが、私が結婚した男性は、私の性格をきちんと分かってくれていました。

「婚約指輪を買おうと思うけれど…。」のようなことを言われ、私の反応を念のため確認をしてくれました。
もちろん私は、「気持ちだけで十分だよ。私はそのお金で旅行に行ったり、美味しい料理を食べに行ったりしたいな。」と正直に伝えました。
すると彼は即答で「やっぱりね。」と。

 

私は拍子抜けしましたが、でも、こんな私を理解し、受け入れてくれることを嬉しく思いました。
しかし、出産前の私の30歳の誕生日にキラキラ指輪をもらいました。

 

よく話を聞くと、やはり男性としては、きちんと指輪を渡したかったとのこと。
30歳という節目、子供が産まれるという節目のタイミングを選んだようです。
あんなにいらないと思っていた指輪をいざ目の前にすると、意外と嬉しいものでした。
今までつけたことのない、輝きの指輪。

自分の指には不釣り合いだと思いながらも、つけてみるとくすぐったくもあり、嬉しくもありと色々な感情でした。

結婚指輪はだいじなもの、婚約指輪は特別なもの!!

そして、その指輪は、今でも大事にし、特別な日に身につけています。
結婚指輪も一生ものですが、婚約指輪は特別なものです!!
気持ちが一番大切ですが、やはりキラキラしているものには弱いですね。

もちろん、その後、彼にお礼の時計を渡し、大切に使ってくれています。

 

男性と女性、女性同士でもみんな価値観が同じとは限りません。
いちがいに婚約指輪が必要、不要とは言えませんが、もらったらやはり嬉しいものだと思います。
男性は、女性のことを思ってドキドキしながら一生懸命選んでくれています。

 

特に、プロポーズをしようと慣れない宝石店に私のことだけ思いながら、店員さんと相談して私に似合う指輪を選んでくれているのです。男性にとっても一生に一度。もちろん、女性にとっても・・

女性は結婚指輪以上に一生の宝物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です