(体験談)わたしのプロポーズ大作戦!!自宅をレストランにしてみました!!

いよいよプロポーズ!!

エンゲージリングを用意

私と妻が婚活で出会って4ヶ月。いよいよプロポーズをすることになりました。あらかじめ、エンゲージリングのダイヤモンドだけ用意しました。

指輪のリングの方は彼女に合うように、彼女自身に選んでもらうようにすることにしました。女性の指輪のサイズはよくわからないし、センスがない私が選んで、もし後悔することになったら大変だと思ったからです。

 

どんなプロポーズが・・

問題はプロポーズをする場所です。

まずインターネットなどで調べ、レストランにお願いして仕掛けをしてサプライズプロポーズも素敵かな?と思ったのですが、彼女は恥ずかしがり屋なので、レストランだと周囲の目があり気にしてしまうかな?と逆効果になるのも心配なので却下。

 

自宅レストラン

どうしたものかと思案していると、昔、社会人サークルで行った「自宅レストラン」を思い出しました。

「自宅レストラン」とは、シェフの人が自分の自宅の一室を開放してレストランにしているもので、1日1組、1週間に1組など「とっておきのゲスト」を満喫できるようになっています。他のお客さんもおらず完全に貸し切りです。ここならば、一生に一度のプロポーズも周囲の目を気にせずに行うことができます。

 

彼女の憧れをかなえるプロポーズ【メリアルームMEN 】



自宅レストランでプロポーズ

というわけで「自宅レストラン」でのプロポーズを行うことに決めました。レストランは関東各地にあるのですが、和食も変ですし、フランス料理のいい感じのお店を探すのに時間がかかりましたが、横浜市内にいい感じのお店を見つけることができました。

 

場所は横浜駅近くではなく、市営ブルーラインの「センター南」駅からタクシーで10分ほど行ったところ、完全な住宅街にある一軒家です。素敵なマダムが出迎えてくれて2人で料理を食べていきます。マダムには事前にプロポーズであると伝えているので、機を見て部屋から退散してくれました。

 

妻もプロポーズされると分かっていたようで、食事も手に付きません。

 

「僕と結婚してください」

 

妻の目から涙がこぼれます。この瞬間のために生きてきたのかもしれません。こんな素晴らしい空間の中でプロポーズできたのは本当に幸せでした。普通のお店ではここまで思い出に残ることはなかったと思います。

 

彼女からのお返事は・・

彼女は、笑顔なんだけど、涙でグショグショになりながら「私の為にいろいろ考えてくれてたのが分かったから本当にうれしかった。」「本当にありがとう。一生よろしくお願いします。」とお返事をもらえました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です