プロポーズをしよう!!(体験談)実際に成功した!!私のサプライズプロポーズ

(体験談)彼女も感動!!サプライズプロポーズ

 

ごく最近の話ですが、私は昨年の9月にプロポーズをしました。相手は4歳年下の子で約4年間付き合った子です。付き合い始めた当初から記念日や誕生日などにお互い何かしらサプライズを行っていました。

もともと私がサプライズ好きで相手の子が真似してきた感じです。プレゼントをただ渡すよりも、なにかしらビックリするような事があった方が楽しいだろうなと思ったのがサプライズにこだわり始めたキッカケです。

彼女の憧れをかなえるプロポーズ【メリアルームMEN 】



決行は誕生日!!

今回のプロポーズに関してですが、その日は(決行日)私の誕生日でした。誕生日でしたが、会社の会議が入り出社する羽目に・・・。なので彼女には「今回は会議で帰りも何時か分からないからご飯とケーキだけ一緒に食べよう」と伝えていました。

それに対して、彼女も「私も仕事だからそうしようか、引っ越ししたばかりだから今回はプレゼントも買えないけどお祝いはしようね」と言っていました。その日私は会議に向かいました。

しかし「仕事」と言っていた彼女は実は有休を取得していたそうです。

私が出かけるのを見送り、そのままプレゼントを買いに行ったそうです。

「プレセントも買えない」と言っていたのは彼女の嘘でした。実は前もってプレゼントは買うと決めていたそうですが、私へのサプライズの為に「今回はプレゼントなし」とあえて言っていたのです。

 

 

お金はないが、精いっぱいの指輪を

実はそのことは私も予想していました。要は裏の裏をついたのです(笑)私の誕生日ということで逆を言えば自分(彼女)には何もないという考えがあったはずです。
しかもプレゼントを何にするか頭がいっぱいで、まさかその日にプロポーズされるなんて微塵も考えないはずです。そこが私のサプライズの狙い目でした。

「プレゼントありがとー」「実は俺からも・・・。」というのが私の計画でした。正直お金がない私です。高価な婚約指輪は準備できませんでした。しかしやはり形は大事なので私なりに精いっぱいのリングを準備しました。それと花束。後は言葉を揃えるだけでした。

 

ブライダルジュエリーにお悩みならトレセンテ



 

帰ったら彼女がプレゼントを抱えて待っていた。

会議が終わり帰宅したら案の定「仕事、プレゼントはない」と言っていた彼女がプレゼントと一緒に家で待ち構えていました。

彼女がケーキを取りに行った瞬間ポケットからリングを取り出し彼女に向かいました。膝をつき指輪を見せ、「結婚しよう」とただ一言伝えました。そんなこと予想もしていなかったのか悲鳴を上げ彼女は驚いていました。

ビックリ&嬉しいという表情がサプライズの醍醐味ですね。数秒・・・時が止まりましたが「ハイ」と一言頂きました。後から聞きましたが、まさかこのタイミングでのプロポーズは予想していなかったそうです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です