プロポーズはシンプルな言葉(セリフ)が感動する。(体験談)サプライズプロポーズ大作戦

プロポーズで彼女が感動するセリフ

プロポーズというのは、その時のことを忘れたという人もいれば、その時のことをしっかりと覚えているという人もいます。そのことは、プロポーズの言葉が関係しているのではないでしょうか。男性がその言葉を発した時に、女性が感動した時ははっきりと覚えていると思うのです。感動したということを、忘れることができないものです。そのため、感動できるプロポーズの言葉がいいですね。私が思う、感動できるプロポーズの言葉についてご紹介します。

・シンプルに結婚しよう

シンプルな言葉というのは、心に響きます。その中でも、結婚しようと言われるとドキッとしますね。いつかは受けることもあると思っているものの、そのシンプルさが感動するのです。ごちゃごちゃ伝えるよりも、女性はシンプルな言葉に弱いです。プロポーズは、どんな言葉で言われたかなと思うよりも直ぐに思い出すことができるのは、結婚しようという言葉です。それは、誰もが感じることではないでしょうか。

・ずっと一緒にいたい

ずっと一緒にいたいという言葉も、とてもシンプルで感動することができますね。その言葉は、とても暖かい気持ちになります。そして自分もそのように思っていると伝えることことができるのです。しかしその言葉について、プロポーズの意味を込めずに言うこともありますね。出会ったばかりで好きすぎて、そんな風に結婚の意味もなく男性が言うこともあります。そのため、この場合はその後に結婚しようという言葉が必要と感じます。

・守りたい

女性は、男性にいつも見守れたいと思っています。強い女性の場合も、その気持ちがあるのです。そのため、守りたいという言葉をプロポーズに受けると間違いなく感動することができます。それだけ、弱い自分を見てくれていると思うことができるからです。

男性からのプロポーズは、女性からするとどんな言葉でも嬉しいものです。例えその気持ちがなくても、その後に芽生えることだって十分あると言うことですね。

サプライズプロポーズ大作戦  20代後半 男性

付き合って二年ほどの彼女にプロポーズをするとき、どのようにすれば喜んでもらえるのか、かなり悩みました。というのも、彼女の希望としては、高級なレストランで食事をした後、海辺を散歩しながらのプロポーズという、かなりベタなプロポーズが良いと前に言っていたのを覚えていたからです。

 

しかし、いつも庶民的なところで食事をしているにもかかわらず、急に高級レストランを予約したと伝えると、それだけでプロポーズだとばれてしまう可能性があるので、それは避けたかったのです。

 

今からプロポーズをするとばれている状況というのは、しらけてしまいますから。そこで、私はインターネット上に上がっている色々な体験談を調べ、レストランに連れて行くのではなく、自宅で飾り付けをし、家に帰ってきてからプロポーズをするという方法に決めました。

 

ただ、自宅で飾り付けするための、電飾や花束などを彼女にばれずに準備しなければならなかったので、少し神経を使いました。もともと物が少ない私は、そういったものを購入し、保管するだけでばれそうだったので、全て使っていないスーツケースの中に隠し、当日急いで準備をしました。

 

ただ、事前に準備の練習をすることができず、電飾のコードが絡んでいて、なかなか上手く飾り付けることができなかったり、電飾の数が足りなくて、少し暗めになってしまったりとハプニングが多数ありましたが、なんとかサプライズプロポーズを成功させることができました。

 

私のこういった経験を踏まえて、これを見てくださっている皆さんにお伝えしたいのは、まず自宅でのプロポーズの良いところとして、プロポーズ後、女性は泣いてしまう可能性があるので、そういった落ち着いたところの方が安心できるという点です。

 

気をつけなければならないのは、事前の準備です。特に電飾の配置や飾りつけ方法等を細かく決めておいたほうが良いでしょう。

 

電飾や花びら、キャンドルなどでいっぱい飾り付けしたいと思っていても、意外に部屋の面積が広く、部屋いっぱいとならないことがあるので、多めに用意したほうが良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です