式場見学の注意点 私が失敗した理由・・下見は結婚を決めてから!

の別れた理由 式場の下見に行ったこと・・

結婚式といえば、基本的には一生に一回、一世一代の大イベント

可愛い彼女、かっこいい彼氏と共に過ごし
愛が深まるにつれて、お互いに結婚というものが頭に浮かんでくるんではないでしょうか?
ですが、不安も多いと思います。

お互いの両親への挨拶、式にかかる費用、結婚後の生活、子供が出来たら・・・
等々、考え出したらきりがありません。

 

そんな折「デートのついでに、なんとなく式場見学に行こう」
なんて思われている方、ちょっと待ってください。
式場見学になんとなくの思いつきで行くのはお勧めできません。

割引サービスという言葉につられてしまった・・

これは、すべての式場や会場に当てはまるわけでは無いのですが式場見学の際、「初回割引サービス」といった名目で最初にその式場を訪れた際に、その場で式の契約や予約をしていただいた場合に限り、式にかかる費用が大幅に割引されるというサービスがある場合があります。

 

私の実体験では、最終的に100万円ほどの割引が適用されることになりました。
大々的に結婚式をあげ、披露宴もやってとなると相当な金額がかかることになります。
到底、ご祝儀でまかなえる金額ではありません。

 

そんな中で、この大幅な割引は大変嬉しいサービスです。
ですが、この話だけで飛びつくのはちょっと待ってください。
私はこのサービスのおかげで失敗しました。

 

 

まだ若かったのか、ただ浅はかだったのか・・
その当時お付き合いしていた方につれられ、なんとなくで式場見学に行ってしまったのです。
当時私は結婚というものは意識しながらも、実際に籍をいれるとか式を挙げるという所までは考えていませんでした。

 

ですが、その初回割引サービスのおかげで「遅かれ早かれ挙げるんなら安くなるにこしたことはない」と考えてしまったわけです。

これが駄目でした。

お互いに何も話し合わず、しかも両親への挨拶もまだだった時期でした。こんな私は、その相手の思いについていかず悩んでしまいました。そして、結局別れることになってしまいした・・。


あなたはお相手の気持ちを考えていますか?

貴方のお相手は、結婚式というものについて100%受け入れられていますでしょうか?
貴方の思い描いている結婚式と、お相手の描いている結婚式に大きなズレはありませんでしょうか?

 

 

そもそも、結婚式についてお二人で真剣に話し合われたことがあるでしょうか?
結婚式というのは、一人で挙げるものではありません。
式の準備の前段階から二人の共同作業は始まっているのです。

 

一方的に感情が高まり一人で先走ってしまっては、お相手はついていくことが出来ません。
今は小さな綻びかもしれませんが、それが続けば全て解けて最後には無くなってしまう可能性だってあります。

 

ですから、その場のノリやなんとなくで式場見学に行かれるのはお勧めできません。
しっかりと二人で話し合い、色々な所から情報を集め、時間をかけてしっかりとした堅い絆と愛を深めていってください。

そして、二人の愛がしっかりと高まってから式場見学に行くことをお勧めします。
時間をかけた分だけ、その式は素晴らしいものになるでしょう。

目次 1 和装結婚式は意外に大変!!1.1 憧れの和装での結婚式1.1.1 和装結婚式でのかつら選びのポイント 和装結婚式は意外に大変!! 憧れの和装での結婚式 小さい頃から着物に触れる機会が多く、そして日本人ならばドレスではなく着物で式を挙げたいと思っていました。 一口で着物と言っても色々種類があります。私は式と披露宴で合わせて2着を着ました。式ではやはり花嫁しか着れない真っ白な衣装をと思い、白 […]

目次 1 披露宴のお金を節約のポイント1.1 結婚式はとにかくお金がかかります。1.1.1 結婚資金はなるべく貯めて・・ 披露宴のお金を節約のポイント 昨今の首都圏サイドの標準的な結婚式の費用は300万円とか400万円などといわれています。 勿論、人によって高いか安いかというのは色々と条件が有って一概には言えませんが、やはり、一般庶民や普通のサラリーマンとすれば高い感覚はありますね。 そんな結婚式 […]

目次 1 主役の新郎・新婦が酔っぱらわないように・・1.1 テーブルの下にお酒の容器の準備を1.2 (失敗談)結婚式と披露宴で飲みすぎて潰れてしまった新郎! 主役の新郎・新婦が酔っぱらわないように・・ テーブルの下にお酒の容器の準備を 披露宴になると、新郎の席の前には、お酒のお酌をしようとゲストの方々が列を作ります。 待ったなしでゲストは、新郎のグラスにどんどんお酒が注がれます。   お […]

目次 1 美味しい料理でお出迎え!1.1 料理が魅力と考えるカップルに大人気!!1.1.1 自分たちが行いたい披露宴のイメージでレストランのタイプを選ぶ。1.1.2 100人以上の披露宴には向かない1.2 レストランウエディングの「メリット」1.2.1 料理がおいしい1.2.2 オリジナルの演出にも対応してくれる1.2.3 招待客との距離が近い1.2.4 限られた予算内でもおさめることが出来る。1 […]

目次 1 宛名は「両親?」「新郎新婦?」1.1 差出人を「両親」にすることで格式高い印象に1.1.1 宛名の書き方1.1.2 宛名書きのポイント1.2 宛名を書くときは、丁寧な文字で1.2.1 宛名をパソコンで作成する。1.2.2 宛名を毛耕業者(ヒッコウ)に依頼する。1.2.3 招待状を発送する前に宛名が間違いがないか確認する。 宛名は「両親?」「新郎新婦?」 招待状の宛名を書く上で、最初に差出 […]