こんな俺にも彼女が!!彼女いない歴が45年の40代オタク男性の【婚活体験記】  

生まれて一度もデートしたことがない参加した婚活パーティ

女性との接点のない生活を送ってきたアラフォー男子

私は、生まれてこのかた、自慢じゃないけど女性とまともにデートもしたこともない寂しい人生を送ってきた40代男性です。

それも、わたくし女性にモテない俗に行くオタクです。アニメとゲームさえあればずーっと生きていけると思いこの年齢まで生きてきましたが、40代も後半に差し掛かり、このままひとりで孤独死していくのか!?と不安になったわたくしは、今はやりの婚カツというものをして、45年間彼女いない歴に終止符を打とうと決意したのでした。

婚活初心者!?

念のため、わたしくし、オタクとはいっても日中は一応企業戦士として働いているので、年収も生活できるほどはあると思います。オタクにもいろいろあって、私の場合アニメとゲームが大好きなだけで、一日中引きこもりというほどではありません。

しかし、結婚には不安もあります。それは、今のアニメとゲームが全くできなくなるのではないか!?という、普通の方にはどうでもいいような悩みを真剣に悩んでいるのです。※わたしが結婚出来れば!の話ですが・・

ということで、地元の婚活パーティーに参加することにしました。

今まで合コンさえも、まともに出たこともない私が、いきなり婚活!それもパーティーなど、カラオケ初心者がいきなりステージにあがるようなもの!?です。なので、婚活パーティーの前日にある婚活セミナーたるものに参加し、気合十分成功を確信して帰ってきました。

理想と現実

前日のセミナーで、講師から女性は普段以上のお洒落で参加される人が多いらしい。

「パーティードレスや振袖を着てくる人」もいるらしく、美容院へ行ってヘアスタイルも完ぺきにしてくるほど、気合が入っているのに対して、男性はサンダル履き?ジーパンで来る人など、おしゃれに関して無関心な男性が大変多い。

そんな男性には絶対になびかず、参加するだけ無駄とセミナー中、ジーパン姿で参加した私にとってかなり胸に突き刺さる辛辣な言葉で、心はグサグサに刺されフラフラにながらも、床屋で散髪をして帰りました。

当日は、早起きし自分なりにはかなりのおしゃれ!※ただ、お風呂に入ってニベアを顔に塗って、整髪料で髪の毛とかしただけですが・・。服装は上下スーツ、ネクタイは先日購入した少しカジュアルなおしゃれな奴♪

靴は新品をAmazonで買いました♪セミナーの先生からは、足元は重要とのこと!!女性は足元と手を見るようで、そこが汚いと服装がいくらイケてても幻滅するらしい・・。なので、新調した靴と、爪も切って垢も落として清潔感をアピールしました。

話題沸騰!オタクに寄り添う婚活【とら婚】


私が参加した婚活パーティーの流れ

  • 婚活パーティースタート
    男性30人女性30人の大人数です。想像していたよりも大人数で、少人数を予想していた私は、一気に緊張してしまいました。そして、最初に思ったのが・・

    【めっちゃきれいやん!!!】参加している女性陣がみんな若く、めちゃくちゃ綺麗だということにびっくりと同時に緊張が高まってきました。参加する前は、婚活来るくらいだから、モテない女性が集まるのかな~?ぐらいに思っていたので、めちゃくちゃ驚きました。

  • 自己紹介
    なんと、一人ひとり立ち上がってアピールタイムというものがあり、オタクの私は人前で話すのが最も苦手で、会社での朝礼で話すときも緊張しまくるタイプだったので、心の中で「まじか・・。逃げたい」と本気で思ってしまいました。

    しかし、無情にも自分の番になり。。

    まったく、自己紹介のことを考えてこなかったので、頭が真っ白。。なんと、わたしはとんでもないことを口走ってしまいました。「私、恥ずかしながら趣味はアニメとゲームで、俗にいうオタクという人種です。こんな私でも興味を持っていただける方がいましたら声をかけてください。」と、自らがオタクということを総勢60人以上の人たちの前で宣言してしまいました!!。

    さぞや、皆さんドン引きしたことでしょう!!「ハイ!!わたしの婚活パーティーは終了です!!解散!」という心の中で叫びました(笑)。

    こんな私を笑うがいいさ~・・

  • 回転すし
    参加者全員が交互に交代したがら、持ち時間2分で向かい合って自己紹介をします。

    先ほど、あんな自己紹介をした私なので、女性からはドン引きされている!?とほぼ諦めていました。ところが、女性達はこんな私に笑顔で質問してくれたのです。「どんなアニメ好きなんですか?」「ゲームはどんな種類?」「私もアニメやゲーム大好きなんです!!」とひとりふたりじゃなく、入れ替わり立ち代わり、笑顔でアニメやゲームの話をして盛り上がることが出来たのです。

    他の人はドライブや旅行などの話で盛り上がっているときに、私のところではアニメの話です。このギャップがよかったのでしょうか?

  • フリータイム
    セミナーの先生曰く、このフリータイムでの動きが、婚活成功か失敗かを決める一番大事な場面です。

    さあ、フリータイムのスタートです。といっても、引っ込み思案の私、自分から女性の方へ行けるはずもなく、目の前にあるスナック菓子をポリポリ食べながら、「ポケーっと」立っていました。

    数分経った頃でしょうか、会場のスタッフの方が話しかけてきました。「オタクは困りますので、退場願いますか?」と言われるのか!?と思い、構えましたが、「先ほどのアンケートで1人の女性の気になるお相手があなたになっておられますので、もしよかったら話しかけて見たらいかがですか?」と「えっ・・」「はじめ何を言うてる?この人」と疑いましたが、私もさきほど、そのアンケートを記入したばかりで、そのアンケートで一人の女性が私の番号を記入してくれたというのです!!。

    その瞬間「このスタッフさん神や・・♬」思いました。緊張しながらもスタッフさんに促され、その女性に声をかけてみました。

    女性と話してみると、実はその方もかなりのゲーム好き!!それもMMO(マッシブリー・マルチプレイヤー・オンライン)といって、パソコンやゲーム機で、インターネット上で世界中のさまざまなプレイヤーと一緒に遊ぶゲームにハマりまくっているというのです。

    「マジ・・!?この女性もオタクやんけ。。」

    私的には「かなり素敵な女性!!見つけてしもた~~!!」と大興奮!!。ゲームの話で大盛り上がりで、婚活パーティーのことは忘れ、終了間際まで二人でお互いのやっているゲームについて語り合いました。※婚活中なのですが・・💦

  • 結果発表
    男女それぞれが第三希望まで記入し、マッチングしたカップルを発表します。

    な・な・なんと!!わたしの番号を呼ばれたではありませんか!?後半、ゲームのことしか話してなかった私を選んでくれたのは、さっきまでずっと一緒にゲーム談議に付き合ってくれた彼女。すごい笑顔で私に微笑んでくれていました。もちろん、私も迷わず彼女の番号を書いておりましたが・・。

    かくして、カップルになった私たち。電話番号とLINEを交換し晴れて恋人!?いや友達か・・。になりました。

あれから2か月後・・。

なんと、あれから毎日のように連絡を取り合って、今では素敵なゲーム友達になっております^^。ゲームかよ(笑)

もちろん、現実世界でも素敵な彼女になってくれました。来年は彼女にプロポーズする予定です。新しいゲーム機を携えて・・!!

【Omiai -オミアイ-】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です