婚活パーティー プロフィールカードの書き方・攻略法はこれだ!

婚活パーティーの目的、もちろん将来のお相手となる結婚や交際相手とのカップリングです。しかし、婚活パーティーにはさまざまな男女が大勢参加します。あなた好みのお相手は、ほかの参加者も狙っている可能性が大です。その競争率を勝ち抜いてみごとカップリングに導くためにはどうしたらいいのでしょうか?

活パーティーでのスタートはプロフィールカード

参加している男女は、まだお互いのことはまだ何も知りません。なので、最初の自己アピールタイムですべてが決まってしまいます。婚活パーティーは、時間が限られています。特に、自己アピールタイムは、一人ひとり時間が短いので、参加者すべての人が言葉で自己紹介をするには時間が足りません。

その時、活躍するのがプロフィールカードです。この書き方ひとつで、そのあとの展開が大きく変わるのです。

プロフィールカードを書くときの基本

  • ①事前に書く内容を考えておく。
  • ②自分なりに丁寧に書く。
  • ③空欄は作らない!
  • ④常に相手目線(異性)で書く。
  • ⑤印象に残る内容を書く。

①事前に各内容を考えておく。

プロフィールカードを書くとき、一番重要なのが、事前に書く内容を考えておくことです。パーティーがはじまり主催者側からプロフィールカードを記入する時間が与えられます。その短い時間の中で考えられる内容など、たかが知れています。事前に自宅で時間をかけプロフィールカードに書く自己PRの内容や趣味などを考えておくことで、ほかの参加者とはちがうプロフィールカードができるはずです。

②自分なりに丁寧に書く。

これは基本中の基本です。字を上手に書かなくても大丈夫です。ただし、なるべく丁寧に書くようにしましょう。字が下手な人が適当に書くと、やる気がないように感じられ、まったく相手にされません。

③空欄は作らない。

よくあるのが、自己PR欄や特技欄を空欄にしてしまたったり、適当に書いてしまう人が多くみられます。

 

このような場合、プロフィールを見た相手は、

「この人は、あまり結婚に積極的ではないのかな?」

「やる気がないのかも・・」

と判断されてしまう可能性があります。

自己PRや特技欄は相手との会話を盛り上げる一番気合を入れて書かなければいけない場所です。

事前に書くことを考えておきましょう。

④常に相手目線(男性目線)で書く※女性向け

男性は女性の目線、女性は男性の目線に立って共感を持ってもらえる内容を考えましょう。

初対面の相手と仲良くなるコツは、相手の得意分野の話に持っていくことです。

特に男性は、プライドが高く、ほかの人よりも知識があることを自慢したい傾向にあります。

「ウンチク」を語りたい男性が多いということです。

なので、趣味や気になることには、男性が興味がありそうなことをわざとピックアップします。

特に自分が詳しくなくても構いません。男性に教えてもらえばいいのです。その方が話が盛り上がりますよ。

結婚STYLING (結婚スタイリング)

目次 1 積極的な行動のしすぎはマイナス評価!!1.1 自己紹介は落ち着いて、まずは「笑顔が大事」1.1.1 自己紹介は…

男性が興味をもつ趣味

  • ゲーム
  • 車・バイク
  • 自転車
  • 家電製品
  • マンガ(ジャンプ・マガジンなど)
  • 筋トレ
  • ホームセンター

⑤印象に残る内容を書く。

よく、趣味は「ドライブ」や「映画鑑賞・・。」こんなこと書いてあったって印象に残るでしょうか!?話題が盛り上がりますか?

多数のライバルからお目当ての相手を見つけるためには、人よりも印象に残る内容を書かないといけません。

 

安いプライドは捨てて、相手が興味を持ちそうな内容を考えましょう。

例えば、男性のプロフィールに「趣味はケーキ作り」「好きなものはモンブラン」や女性のプロフィールに「趣味は、ロールプレイングゲーム(ドラゴンクエストやファイナルファンタジー)」や「プロレス鑑賞」など書いてあったらどうでしょう?

男性はその女性に対して、「結婚しても一緒にゲームを楽しんでくれるかもしれない!?」「夫婦で同じ趣味って楽しそう!!」

女性も「この人、こんなに体が大きいのに、お菓子作りなんておちゃめな人だなぁ。優しい人かもしれない・・。」と思うかもしれません。

⑥具体的に書く。

「ドライブ」「スポーツ鑑賞」「映画鑑賞」「音楽鑑賞」などほとんどのプロフィールには、このような履歴書のような書き方をしている人がほとんどです。会社面接でも、このような人は印象にも残りません。

例えば、「車で日本一周したい!」「テニスを全英オープンに見に行きたい!」「あの○○の映画であった街に遊びに行きました。」「ロックフェスに毎年行きます!」など、具体的に書くだけで印象がガラッと変わります。極端でもいいんです。その方が、読んだ相手は「この人と日本一周したら楽しいだろうなぁ」と想像してくれるかもしれません。

話のきっかけはプロフィールカードの内容

婚活サイトのプロフィールは最初に異性の方が目にしてお話のきっかけづくりとなるので、相手が話してきやすいようにたくさん書いたほうがいいです。

恥ずかしいからと簡単に記入したり、空欄が多いと相手も初対面なので何を話していいのかが困ってしまい、盛り上がらないまま自己紹介タイムが終わってしまうとせっかくの出会いの場なのに、もったいないですし、相手にもいい印象をもたれません。

 

また男性の場合は、職業欄は高収入と連想される職業ならば絶対書いたほうがいいです。見た目がそれほどタイプではなかったとしても職業の欄でこの人とカップルになりたいと思われる場合もあるからです。

また攻略法としては自己アピール欄も書いたほうがいいです。男性なら付き合った人には必ず優しいと言われますとか、女性ならなんでも尽くしてあげるタイプですとか料理が得意ですなど、一般的に異性にもてると言われている要素を含めたことを書いておいたほうが印象に残りやすいと思います。

わざわざマイナスの面は書かなくてもよい

また年齢を書く欄があった場合ですがこれは若い場合は書きやすいと思うのですがそれほど若くない場合は必ず書く必要はないので、書かなくてもいいと思います。

見た目が若く見えるのに実際は年齢が上だった場合は、特に男性は女性の年齢は若い人のほうが人気があるので、そこでひかれてしまう場合があるので、あえて書かないことも攻略のうちのひとつではないかなと思います。

それから何回も婚活パーティーにいっているような常連さんだとこの人はなにか問題があるのではないかなとか理想が高いのではないのかなど疑いをもたれて敬遠されてしまうので、初めて参加する場合は初めて参加します。

よろしくお願いしますと、初めて参加することをアピールすることで好印象をもたれることもありますので自己PR欄などに書いたほうがいいです。

常連さんの場合は常連さんだと悟られないようにすることが大事だと思いますので、緊張していますがよろしくお願いしますといかにもそれほどこの婚活パーティーには参加していませんよと、アピールすることも大事かと思います。

目次 1 結婚できない人の特徴1.1 自分では気づいてない!?相手に対する高条件1.1.1 「こだわらない」=「高望み」になっている。1.1.2 普通の男性=欠点のない男性!? 結婚できない人の特徴 自分では気づいてない!?相手に対する高条件 「普通の人」 「パーフェクトな人」 「ハイスペックな人」 婚活相手の条件はさまざま。   婚活がうまくいかない状態が続く人に対して、 「条件が多過 […]

目次 1 婚活パーティーでご成婚されたAさんに今までの婚活の経験をお聞きしました。1.1 プロフィール1.2 婚活を始めたきっかけは? 婚活パーティーでご成婚されたAさんに今までの婚活の経験をお聞きしました。 プロフィール 35歳女性👩 婚活歴2年 婚活パーティー4回目:婚活サイト:2社に登録中(Omiai・エキサイト) 婚活を始めたきっかけは? 20代から付き合っていた彼と別れ、気が付くと32歳 […]

目次 1 出会いで役立つ攻略法1.1 アラサー女子が幸せな結婚をするための5つのコツ1.1.1 ①プロフィール欄は、完璧に作成する。1.1.2 ②写真撮影は完璧に!!1.1.3 ③一か月以内に実際に合ってみる。1.1.4 ④男性心理を理解し、上手にコントロールする。1.1.5 ⑤男性には素直なシンプルな言葉が伝わる。 出会いで役立つ攻略法 アラサー女子が幸せな結婚をするための5つのコツ 近年、イン […]

目次 1 (婚活パーティ体験談)30代前半女性の婚活必勝法!!1.1 出会いがまるでなかった20代2 好印象なプロフィール写真の撮り方2.1.1 悪印象をあたえる写真の撮り方。2.1.2 プロフィールの作成のポイント2.1.2.1 ・「自己PR欄」はコンパクトにわかりやすく。2.2 参考 異性からメッセージを貰えるプロフィール例 (婚活パーティ体験談)30代前半女性の婚活必勝法!! 出会いがまるで […]

目次 1 (体験談)なぜか婚活パーティで良くもてるAさん1.1 なぜ?努力している私より彼女が選ばれるの?2 モテるには理由があった!?2.1 アピールしたもの勝ち!!2.1.1 婚活パーティでは、聞き上手には不利・・? (体験談)なぜか婚活パーティで良くもてるAさん 私は、今は結婚して子育てにがんばっている主婦ですが、今の旦那様と出会う前は、結婚したくてよく婚活パーティーなどに参加していました。 […]