恋人ができない人に共通する特徴と服装

現代は、「草食系男子」といわれるくらい、恋愛に対する興味が薄い男性が多い傾向にあります。また、女性もまた、「結婚」というものの価値観が昔とは変化しつつあります。昔は、女性一人では生きて行けなかった時代で、結婚とは、生きていくための術でしたが、現在は女性の社会的地位も上がり一人でも十分に生活できる時代となり、結婚の年齢もどんどん上がる傾向にあります。

こんなご時世の中、出会い、恋愛し結婚にたどり着くには簡単ではないのです。

活をしてもうまくいかない(失敗する)男女に共通すること

  • ①「出会う機会がない(周りにいい人がいない)」と口癖のように言っている。
  • ②自分が彼氏(彼女)を募集中ということを周りに隠している。
  • ③フラれたくない(傷つくのが嫌)だから、告白しない。
  • ④告白は男性からするもの(王子様が迎えに来てくれる)と本気で考えている。
  • ⑤好きな人とのLINEや電話の些細なことでも眠れないほど気になる。

①「出会う機会がない(周りにいい人がいない)」と口癖のように言っている。

恋人ができないと悩んでいる人が「周りにまったくいい人がいない。」「仕事が忙しくてまったく出会う機会がない。」と必ずといっていいほどよく聞く口癖です。たしかに、学生時代には周りにはたくさんの異性がいて、出会いの場は山ほどあったかもしれません。しかし、そのような恵まれている時代には、そんなことは当たり前、それよりもその状況が嫌と感じている人も多かったのではないでしょうか。

そんな恵まれた時代も去り、社会人になり現在、仕事も忙しく遊びに行く時間もない、周りには異性といえば既婚者か、冴えない同僚。恋愛も出来ないと悩むのも無理ないのかもしれません。しかし、周りを見てみましょう。

結婚している同僚や、恋人のいる友人は、あなたより暇な仕事なのでしょうか?また、仕事場が同じ同僚は、あなたと同じ環境なので、出会いの条件は全く同じはずです。なのに相手がいるのはなぜでしょうか?

それは、あなた自身が異性と出会いたいか、恋人や結婚相手を本気で求めているかということです。そこに、忙しいとか周りにいいひとがいる、いないは関係ないのです。仕事をしていると、残業も増え時間の余裕が学生時代に比べ格段に少なくなります。しかし、あなたは寝る時間や食事の時間、ゲームをする時間やインターネットなど娯楽の時間はまったくありませんか?

そのような時間を異性との出会いにあてることで、チャンスが生まれます。「いそがしいから出会えない」と言っている人は、おそらく来年になろうが、再来年になっても出会えません。なぜかというと、来年も仕事を続けているからです。その言い訳が本当ならば、仕事をしている人は、一生恋人も結婚もできないことになってしまいます。本気で出会いを求めるのならば、睡眠や娯楽の時間を削るくらいの気持ちでやってみましょう。

②自分が彼氏(彼女)を募集中ということを周りに隠している。

あなたは、自分が恋人を募集中ということを周りに伝えていますか?伝えていない人は、なぜ黙っているのですか?

恋人がいないことが恥ずかしいですか?たしかにそう感じる気持ちもわかりますが、その変なプライドを捨て、周りに伝えることで状況が急展開することだってあります。「私、今恋人いないんです。誰かいいひと紹介してくれません?」とか、職場の友人や上司に相談してみましょう。

特に職場などでは、お互いのプライベートなことはわかりませんし、もし紹介したい人がいても恋人がいるかもしれない人には出来ません。このように、はっきりと「自分の言葉で恋人がいないので紹介してほしい。」と言われると、頼まれた人は真剣に考えてくれるはずです。

たとえ、その時はいなくても、そのような話があれば一番に紹介してくれるはずです。どちらにしても人は勝手には動いてくれません。まず何事も行動を起こすことが重要で、あなたがどうでもよいプライドを捨て、お願いすることですべてが動き出すのです。

理想スタイルの安心成分をぎゅっと凝縮サプリ!★4大特典付き83%OFF



③フラれたくない(傷つくのが嫌)だから、告白しない。

恋人になるためには、お互いの意思確認が必要になります。なにも、デートしたからとか、Hしたから恋人になるわけではありません。お互いの気持ちを言葉で確認すること、つまり「付き合ってください。」「わたしの彼女になってください。」など告白をして相手から承諾をもらうことで、初めて、二人は恋人同士になるわけです。

その告白は、誰でも緊張することですし、失敗すると友達関係まで崩れてしまう危険性もあるので、それを恐れて告白をしないという選択肢を選んでいる人も少なからずいるでしょう。しかし、告白という試練を超えるしか、二人が恋人同士になることはないので、相手のことが本気で好きならば、勇気をもって告白するべきです。

ただ、告白はタイミングが命です。よく、何回目のデートが告白のタイミングなんでしょう?という質問を聞きますが、答えは、デートの回数は決まっていません。回数や二人が出会ってからの時間ではありません。いかに、二人の気持ちの距離が近づいたかということが、一番重要です。

また、相手との距離感を早く近づかせるには、早めに自分の気持ちを伝えておくのも一つの方法です。それは、「あなたのこと気になっています。」「君が彼女だったら幸せだな。」など相手を好きという気持ちを相手に分かってもらうことで、相手の気持ちは、あなたのことをただの友人から恋人候補に昇格するのです。

④告白は男性からするもの(王子様が迎えに来てくれる)と本気で考えている。

現在、草食系男子といわれるほど、恋愛に対し消極的な男性が増え、このような人を好きになった人はなかなか大変です。そんな人の告白を待っていたら、いつまで経っても二人が結ばれることはないでしょう。

あなたがその男性と恋人同士になりたいのならば、自分の手でつかんでいくしか方法はありません。しかし、それは、あなたが花束を持って告白することではありません。つまり、その男性に恋人同士になった時のことを想像させ、より自分のことを意識させるのです。

「周りから見たら私たち恋人同士に見えているのかな?」

「○○君といるときが、ずーっと続くといいなぁ。」

「来年の今頃も私たち一緒にいれるかな?わたしはいたいけど。どう?」など、男性の反応を見てみましょう。なかなか勇気がいりますが、言われた男性の心の中は穏やかではないはずです。あなたの少し遠回りの告白に動揺しているはずです。

もし、あなたへの気持ちがあまり無かったとしても、あなたの可愛い恋心を理解して、意識をしてくれるかもしれません。もちろん、あなたのことが気になっていたり、好きな気持ちがあれば、そのまま男性から告白もあるでしょう。
デリケートゾーン黒ずみケア美容液【ヴィエルホワイト】



⑤好きな人とのLINEや電話の些細なことでも眠れないほど気になる。

好きな相手と仲良くなり、LINEや電話で毎日のように話すようになったある日、突然LINEの返信が「ない。」「遅い。」「既読にならない。」など友人が相手だったらそれほど気にもならないほどの些細なことでも、眠れないほど気になる人、大変多いと思います。

しかし、その時絶対にやってはいけないことはなんでしょう?

それは、連続でLINEのメッセージを送るということです。それも長文で「何度も何度も・・。」

LINEの返信が遅れたり既読にならない理由は様々あり、仕事やスマホから離れていたことや、ほかの用事をしていたなど、相手にしてみればなんてことない場合がほとんどです。気になるし、不安な気持ちはわかりますが、相手からしてみると、「えっ!?何このLINE」になります。少しなら「心配してくれたのかな?」と良い方向に思ってくれることもあるでしょうが、毎回連続でやられると、いいかげん「ちょっとうざいな・・。」「ちょっと重いかも・・。」とあなたのことを重荷に感じてしまいます。

このようなことを繰り返し行ってしまう人の多くは、相手のことよりも自分のことしか考えていません。自分が寂しいから、不安だからという理由から、相手のことを考えずLINEやメールを連続して送ってしまうのです。あなたが本当にその人のことが好きだったら、まず自分の寂しい気持ちよりも相手の状況や体の心配を先にしてあげるべきです。

そして、その時のLINEの内容は、自分の不安を書くのではなく、相手への気遣いを忘れずに伝えましょう。また、不安の気持ちを伝えたいのであれば、LINEを使うのではなく、直接会ったときに正直に自分の不安な気持ちを相手に真剣に伝えてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です