結納とは二人の婚約の証 準備しなければならない必要なもの

近の結納事情

昔とは変わりつつある婚約スタイル

最近では、結婚は、挙式、披露宴、結納などの婚約の儀式は、行わないというカップルも増えてきています。

婚約とは、本来、二人が結婚の約束(プロポーズをOK)した時点で、婚約は成立となります。ですが、極端な話、二人の間の口約束でしかありません。二人の婚約を正式なものにするためには、第三者を交えてお披露目をするのが一番で、このさまざまなやり方が「婚約スタイル」と呼んでいます。

婚約スタイルには「結納」「食事会」「婚約披露パーティ」「婚約式」「婚約通知を贈る。」「記念品の交換」などがあります。自分たちに合ったスタイルを選ぶことが大切です。最近は、結納を行わず、食事会での両家の顔合わせで済ますスタイルが多く見られます。

しかし、昔から日本に伝わる「結納」の儀式は、実際に行ったカップルからは「実際に行ってみると両家の絆が深まるきっかけとなり、あとからとても良い思い出になった」という感想が多く聞かれました。

結納プランがあるホテルを利用しましょう。

当人同士が結婚の約束=婚約をし、両家に挨拶が終わったら、結納の準備を始めます。
以前は六曜でお日柄の良い日に、新婦となる女性の実家で結納を行うのが一般的でした。最近では「結納と両家のお食事会がセットになったプラン」があるホテルも多くあります。

「実家が遠方で行くのが難しい」「実家に和室が無い」といった方にはホテルの結納プランがオススメです。
また、本来は仲人が結納品を取りかわすのが正式な結納ですが、最近では、結婚式同様、仲人を立てずに本人とその家族が直接結納品を取り交わす方法も増えています。



納品と必要なもの

結納とは、結納品を取り交わして、婚約のしるしとする、日本の伝統的な儀式です。

結納までにはどのような準備が必要でしょうか。

結納は関東と関西では女性と男性の立場が異なります。関東の場合は、「女性と男性は同格の立場」となるため、お互いに結納品を交換するスタイルとなります。男性から女性へは、結納金、結納品、目録、女性から男性へは受書(結納品を受け取った証明書)、結納金の半分の金額を「御袴料」として贈るのが一般的です。最近はお金ではなく、記念品を贈る場合が多くあります。

結納品とは、「熨斗、末広に加え、スルメ、昆布、鰹節といった食品」から構成されているものですが、結納も簡素化がすすみ、食品を含まない簡易セットも人気があります。
なかなか目にしない結納品ですが、デパートやインターネットでセットを購入することが出来ます。男性から女性へは、結納金、結納品以外に婚約指輪を贈る場合もあります。結納前に婚約指輪をもらっている場合は、目録のみになります。

女性から男性への記念品は、時計やスーツが多いようです。
「家族書」「親族書」というお互いの家族や親族を紹介しあう書類を取り交わす場合もありますが、最近は食事会などの紹介で代替することも多くなりました。

結納となるとつい取り交わす品に気を取られてしまいますが、大事なことは両家の格を揃えることです。ですから、取り交わす品の金額は勿論、結納時の両家の服装も事前に打ち合わせしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です