ファーストレンタルとは?結婚式のドレス選び。

レスの主流はレンタルドレス

結婚式の衣装(ウエディングドレス・カラードレス)の調達方法は、購入するか、借りる(レンタル)するかに分かれます。ほとんどのカップルのドレスの手配方法はレンタルするのが圧倒的に多く、全体の8割ほどです。

 

ドレスをレンタルする!!

ファーストレンタルとは、オーダーメイドで作ったドレスを着用後にショップに返却するものです。通常、オーダーメイド(オートクチュール)は、価格が最低30万円以上と高く、購入することになるので、クリーニングなどに出したり、挙式後に保管することになるので、保管場所にも困ることになります。通常のレンタルでは、クリーニング済みですが、誰かが一度袖を通したものを着ることになります。

ファーストレンタルは、価格もオードメイドの半額ほどで作成でき、生地やデザイン、サイズなど花嫁の希望通りに仕上げてくれる誰にも手を通していない新品の一着を着ることが出来ます。レンタルなので、挙式後には、返却するので手間はいりません。

「自分の体型にぴったりのドレスで、新品が良い!!・・でも、オーダーメイドは高い・・」という女性にぴったりの衣装選びの方法になります。

結婚STYLING (結婚スタイリング)

出会いからプロポーズ、結婚式までまるごとわかる!…

借りる(レンタル)のメリット&デメリット

ファーストレンタル
オーダーメイドの様に、生地やデザイン、サイズなど花嫁の希望通りに作成してるドレスを引き取らずに返却する。メリット・・オートクチュールの半額程度で、新品のドレスが着用できる。
デメリット・・通常のレンタルドレスと比べると、少し値段は高い。また、完成まで時間が掛かるので、準備する場合は余裕を持ったスケジュールを立てましょう。
レンタル

既製品の貸衣装。既製品でのレンタルでも、サイズの調整などは可能です。メリット・・比較的安価で、綺麗な既製品のドレスが着用できる。サイズ調整は出来るので、体にある程度合わすことが出来るので安心して挙式を迎えることが出来る。
デメリット・・誰かが一度でも袖を通したものを着たくないという人には不向きです。また、数が限られているので、人気のデザインは予約が集中し、借りられない場合もあり注意が必要です。

【レンタルドレスはおしゃれコンシャス】



(体験談)ウエディングドレス、ファーストレンタルを選んで本当に良かった・・。

2017年5月に結婚式と披露宴を行いました。私の式場では、ファーストレンタルといって、ウエディングドレスのデザインを選んだ後に自分専用にサイズを寸法し、新しく作ってくれるというものでした。やはり一生に一度ということもあり、なかなか自分のイメージ通りのデザインに出会えず、ウエディングドレスだけで8着試着をしました。

私はあまりフリルがついたものやプリンセスラインのような可愛い系は好まず、シンプルなデザインのエンパイアタイプものが良いなと思っていたのですが、実際試着してみると、シンプルなものは体系が強調され、モデル並みのスタイルでないと、着こなすのはなかなか難しいと感じました。

結婚STYLING (結婚スタイリング)

出会いからプロポーズ、結婚式までまるごとわかる!…

最近ではチューブトップのような、肩だし、腕だしのものもよく選ばれているそうですが、私は肩幅が広いので肩が全部出ているものは合いませんでした。結局何ヵ月も自分でインターネットでデザインを探したり、プランナーさんに提案していただいたりを繰り返しました。

そして、プランナーさんが、自分ではノーマークで全くイメージしていなかったタイプのドレスを提案してくださり、意外にもそのドレスがとてもしっくりきて、自分にも似合っていました。デコルテを出すタイプのレースの長袖タイプでした。

自分では似合わないと思っていて手を出すこともしなかったドレスが意外にも合うと知り、やはりプロの方に選んで頂くことはとても参考になり、新しい自分を発見できるきっかけになるんだなと感じました。そちらのドレスで、私の寸法で作って頂き、当日はゲストの方たちにも大変好評でした。

ウエディングドレスがなかなか決まらない時は、もう何でもいいや、と投げやりになっていましたが、ベストな1着が見つかり本当に良かったです。

 

これからウエディングドレスを選ぶ方にも是非、たくさんの方の意見を聞き、自分でイメージしている以外のドレスもどんどん試着をしてベストな一着を見つけて欲しいです。

 

自分で考えているだけではやはり限界があると思うので、プロのプランナーを信頼し、積極的に相談することが一番だと思います。

 

試着はタダなので、遠慮せずにどんどん試着をしてください。そして、やはり自分にあったサイズというものはとても重要です。ある程度はコルセット等で締めて調整できますが、腕がだぼっとしていたり、背中のお肉がはみ出ていたりすると綺麗ではなくなるので、余裕があればファーストレンタルか、オーダーメイド(オートクチュール)をお勧めします。

目次 1 結婚前の最終試練1.1 彼女の親に結婚報告をしに行きましょう。 結婚前の最終試練 彼女の親に結婚報告をしに行きましょう。 結婚相手の両親に会うときには就職試験などの面接だと思っておいた方が良いと言える面があります。 というのも、結婚相手の両親に会うときに気を付けたいこととしては、自分の良い印象を植え付けることだと思うのです。 そして、それを実現するには事前の対策が重要で、それが就職試験な […]

目次 1 美味しい料理でお出迎え!1.1 料理が魅力と考えるカップルに大人気!!1.1.1 自分たちが行いたい披露宴のイメージでレストランのタイプを選ぶ。1.1.2 100人以上の披露宴には向かない1.2 レストランウエディングの「メリット」1.2.1 料理がおいしい1.2.2 オリジナルの演出にも対応してくれる1.2.3 招待客との距離が近い1.2.4 限られた予算内でもおさめることが出来る。1 […]

目次 1 信者でなくても「「マナー」を守れば式を挙げられる。1.1 「ウエディングドレス」「ベール」の意味2 キリスト教式には2つの宗派がある。2.1 ①カトリック2.2 ②プロテスタント3 キリスト教式の主な会場3.1 教会3.2 ホテル・結婚式場併設のチャペル 信者でなくても「「マナー」を守れば式を挙げられる。 純白なドレスに身を包み、噛みと招待客の前で結婚の誓いを交わすキリスト教式の挙式は、 […]

目次 1 結婚式にかかるお金の相場を知りましょう。1.1 婚約資金から結婚式・新生活までトータルで考えよう。2 2.1 結婚式にどれだけかけるか!?二人でよく話し合いましょう。3 将来のためにも・・節約のポイント3.1.1 ①二人がかけられる結婚資金がどのくらいか?3.1.2 ②結婚式場の見積りを最低でも2社以上から取りましょう。3.1.3 ③結婚式を行う時期をやすくなるシーズン(オフシーズン)に […]

目次 1 結婚にかかる費用、いつの間にか大きな予算に1.1 お金の話は納得するまで話し合いましょう。1.1.1 結婚式は決めることだらけ1.1.2 結婚資金は挙式資金だけではない1.2 結婚式の費用はどんどん膨らみました1.2.1 あくまでも最初の見積もりは、参考程度です。1.3 結婚にかかるお金のこと 結婚にかかる費用、いつの間にか大きな予算に お金の話は納得するまで話し合いましょう。 結婚式は […]