【不安】結婚はお金がかかる!結婚費用の総額は?資金の分担を話し合いましょう!!

婚にかかる費用の総額は?

結婚するとき、一番気になることはお金のことだと思います。結婚にかかるおおまかな費用が分かった上で、二人だけの「こだわり」を考えましょう。

一番お金がかかるのは挙式・披露宴

結婚費用には、大きく4つに分けられます。

①婚約・結納にかかる費用

②挙式・披露宴にかかる費用

③ハネムーン(新婚旅行)にかかる費用

④新生活にかかる費用

その他、仲人を立てた場合はそのお礼、お祝いに対するお返し、ハネムーンのお土産、結婚報告ハガキ、引っ越し費用などがあります。その中でも、一番費用がかかるのは、挙式・披露宴の費用と言われています。

婚費用総額の平均は500万円~600万円

一般的に結婚に関する総額の平均は、500万円から600万円と言われます。総額を聞くと驚いて不安になる方もいるのではないでしょうか?

以前は、「地味婚」と言って、挙式や披露宴にあまりお金をかけないブームがありましたが、最近では、ふたりの披露宴に対するこだわりで、ウエディングドレスや料理にお金をかけるカップルが多く費用がアップしている傾向です。

 

二人のこだわる部分を話し合う。

結婚資金が潤沢にあれば、挙式・披露宴の全ての部分にこだわりを持てばいいのでしょうが、こだわりが多ければ多いほど、費用は莫大になります。どこにお金をかけるか、逆にこの辺は節約をしようなどを決めなければなりません。まずは、二人で「これだけはこだわりたい」を話し合いましょう。

 

どこにこだわりを持つか

①挙式・披露宴の場所
挙式や披露宴の会場の選択で費用は大きく変わります。人気のある海外リゾートウェディングなどは、素敵ですが、二人や招待客の送迎費用や宿泊費などが掛かります。

 

 

 

 

②ウエディングドレス


女性にとってウエディングドレスは最もこだわりたいポイントの最上位に位置します。実際にアンケートでは、披露宴は小さくてもいいから、ウエディングドレスだけはお金をかけるという女性が多く見られました。

 

 

 

 

③料理や会場の豪華さ
「招待客には楽しんでもらいたい!!」と会場や料理は豪華なものでお迎えしたい。今までお世話になった方や友人には美味しい料理でお出迎えしたいですよね。しかし、あまり豪華なことを考えたり料理のランクがどんどん上がると費用も比例してアップしていきます。

会場の担当者に自分たちが用意できる結婚資金はいくらかをちゃんと伝えて、予算オーバーにならないように打ち合わせを行いましょう。

 

 

 

 

④ハネムーン(新婚旅行)
ハワイやヨーロッパ、モルディブなどこだわりを持って、「ハネムーンだからこそ、思い出に残る旅行を・・」とお金をかけたいというカップルも大勢見られます。
ハネムーンは海外というのが一般的ですが、日本国内で安全でのんびり贅沢旅行というカップルも大勢見られます。二人が旅行でどの辺にこだわりを持つのかも話し合ってみましょう。

 

 

⑤新居(新生活)
二人の結婚は結婚式だけではありません。豪華な挙式や披露宴で無理をして、貯金を使い果たしてしまい、その後、一番大切な二人の新生活が困窮してしまったら元も子もありません。結婚の費用の話をする際は、新生活にかかる費用を計算に入れておかなければいけません。

 



婚資金の分担を話し合おう!

 

結婚資金=二人の貯金+ご祝儀+親からの援助

二人の貯蓄をベースに結婚資金を検討しよう。

まず、二人の貯蓄がどれくらいあるのかを明確にしましょう。二人の貯蓄に大きな差がある場合も多く、後でトラブルにならないようによく話し合うことが必要です。結婚後は、二人の資金を一本化にする必要があるので、このタイミングでお互いの貯蓄をまとめて管理することがおすすめです。

この時おたがいの貯蓄がはっきりしないと、結婚後、「旦那さんの貯蓄がほとんどなく生活が出来ない・・」など後悔することになりかねないので、今の貯蓄額を正直に話し合い、貯蓄額が少ない場合など

 

親からの援助もお願いしよう。

結婚には大きなお金がかかります。結婚資金は二人の貯蓄の中からまかないたいというのが理想だとは思いますが、実際には、結婚の為に○○百万円という資金を二人だけでねん出できる人は少ないと思います。現実には多くのカップルが、親の援助を受けています。

 

頂いたご祝儀も資金と考える。

結婚費用は、貯蓄額や親の援助額を足しても足りないぐらい莫大なものになることが多く、資金調達が一番の悩みどころです。披露宴の招待客から頂けるご祝儀も実際は、結婚資金にあてることが出来ます。一般的に、ご祝儀の総額の平均額は約200万円(70人ぐらいの招待客の場合)ぐらいと言われています。

この平均額を目安にして結婚資金の計算に取り入れましょう。

 

できるだけ挙式までに貯金しましょう。

結婚にかかる費用の計算が出来たら、現実に結婚資金がどれくらいあるのかは分かると思います。そして、結婚式が終わった後、どのくらいお金が残っているかで、その後の二人の生活が幸せなものになるかが、かかっていると言っても過言ではありません。

二人で結婚資金用の口座を作り、目標額を設定し、毎月決まった額を貯金していきましょう。その気になれば、数か月でも結構な額が溜まるものなのでデートでも節約をして、二人の幸せな未来の為にも貯金をしていくことをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です