両家の初顔合わせ食事会の「流れ」と「例文」

合わせのセッティング

食事会は、特に自由で、進行の順番などが決まっていませんが、両家が親睦を深める大切な日なので、スムーズな進行が必要になってきます。結婚する二人が相談し場所や進行役をセッティングしましょう。

食事会の流れと進行

司会進行役は本人または、男性の父親

一般的に食事会は、男性本人または、男性の父親が司会進行役になります。

①両家が集合

5分前には会場に到着するようにしましょう。
お互いが両親と一緒に来るか待ち合わせをして一緒に会場に入るようにしましょう。

②始まりのあいさつ

一般的に男性本人又は男性の父親が司会進行役を担当します。初めのあいさつに乾杯をします。

【挨拶の例文】

  • 男性本人が進行役の場合
      • 「本日は私達の婚約にあたりお忙しい中、お集まりいただきまして誠にありがとうございます。私と○○さんは、結婚に向け新たな一歩を踏み出します。今日は、私達のはじまりとして、家族の紹介やこれからの話が出来たらと思っております。よろしくおねがいます。」
  • 男性の父親が進行役の場合
        • 「○○の父の○○です。本日は二人の婚約にあたり、こうして皆様とお会いすることができ、大変うれしく思います。どうぞよろしくお願いします。

③両家の紹介

男性側、女性側の順でお互いの本人または、その親が親族を紹介し、それぞれが自己紹介をします。

【自己紹介の例文】

  • 男性本人
    「わたくしの両親を紹介いたします。父の○○と母の○○です。」
  • 男性の父親
    「○○の父親の○○です。○○会社に勤めております。本日はよろしくお願いします。」
  • 男性の母親
    「○○の母親の○○です。どうぞ末長くよろしくお願いします。」

④婚約記念品の交換

指輪や時計などの婚約記念品を交換し家族に披露する。

⑤食事・歓談

婚約記念品の交換など、セレモニーが終了したら、食事を楽しみながら歓談を始めます。結婚式の準備や今後の予定についても話し合うチャンスです。また、男性・女性本人はそれぞれ相手の親族に積極的に話しかけ、内輪だけで盛り上がることのないように気を付けましょう。

⑥結びのあいさつ

結婚する二人から、参加者全員にお礼を述べ、食事会を終了します。

【挨拶例文】

    • 男性本人

「本日はありがとうございました。まだまだ未熟な二人ですが、力を合わせて一生懸命努力してまいります。これから結婚準備などでいろいろとご相談に乗っていただくこともあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。」

    • 女性本人

「どうぞよろしくお願いします。」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です