新郎の父の挨拶(謝辞)の原稿の構成と例文 | 結婚STYLING (結婚スタイリング)

新郎の父の挨拶(謝辞)の原稿の構成と例文

結婚披露宴でそのまま使える例文集(父親編)

両家の挨拶(謝辞)の原稿の構成

披露宴が盛り上がり、両親への手紙・花束贈呈が終わると、式を締めくくる挨拶、両家代表の挨拶(祝辞)を迎えます。両家の挨拶は、一般的に新郎の父が行うことになります。

式を締めくくる重要な挨拶なので、事前に原稿を作成し、入念な準備が必要です。

文章のバランスを考えよう。

文章の構成は、「導入」「本文」「結びの言葉」の3つのパートが基本になります。

文章の構成のバランス

導入【1】  :  本文【3】  :  結び【1】

 

※文章の構成は、「導入」「本文」「結び」の割合を1:3:1にするのが基本です。

 

導入:「自己紹介」「列席者へのお礼」を述べるパートです。

 

本文:親ならではの気持ちを、夫婦になる二人へのメッセージや思い出などの交えて述べるパートです。

 

結び:今後の支援のお願い」や「結びの言葉」を述べるパートです。

新郎の父「謝辞」の例文 「導入」


「導入」を書く時のポイント

「自己紹介」・・・・新郎新婦との関係や氏名を名乗ります。
 
「列席者へのお礼」・列席者全員に出席のお礼を述べます。
 
「披露宴の感想」・・当日頂いた祝辞のお礼や余興などの感想を述べます。

導入の例文「新郎の父」

【自己紹介・列席者へのお礼】

只今、ご紹介にあずかりました。新郎の父、〇〇〇〇でございます。両家を代表いたしまして、ご挨拶を申し上げます。

本日は春爛漫(はるらんまん)の中、二人の披露宴に集まりいただきまして、誠にありがとうございます。また、皆様からの心温まるご祝辞や、会場を笑いに包んだ余興の数々に感動いたしております。

新郎新婦は幸せ者でございます。

 

本日はせっかくの休日で、皆様におかれましては、何かとご予定もおありだったかと存じます。このように大勢の方々のご来席を賜り、佐藤〇〇・〇〇の結婚を祝っていただきまして、まことにありがとうございました。新郎〇〇の父親といたしまして、皆様に一言お礼を述べさせていただきます。

 

皆様、本日はご繁忙(はんぼう)のところ、佐藤・田中両家の結婚披露宴にご臨席を賜り(たまわり)まして、まことにありがとうございます。新郎の父、佐藤〇〇でございます。両家を代表いたしまして、僭越(せんえつ)ではありますが、一言ご挨拶を申し上げます。

 

また、本日ご媒酌の労をお取りいただきました。後藤〇〇様ご夫妻のお力添えで、無事に結婚の儀をとり行うことができました。後藤様ご夫婦にはこの場をお借りいたしまして、厚く御礼申し上げます。

また、ご列席の皆様の心あたたまるご祝辞や激励のお言葉を拝聴し、親といたしましても感慨で胸がいっぱいでございます。新郎新婦もこれらのありがたいお言葉をかみしめていることと存じます。

 

本日はお足元の悪い中、ご多忙中にもかかわらず、新郎〇〇、新婦〇〇の結婚披露宴にお集まりくださいまして、まことにありがとうございます。

新郎の父であります。〇〇〇〇です。両家を代表いたしまして、ごあいさつとお礼を述べさせていただきます。

 

本日は佐藤〇〇、〇〇の結婚披露宴に際して、ご多忙の中、かくもおおぜいのかたのご列席を賜り、まことにありがとうございます。先ほど、いただいた皆様のあたたかい励ましのお言葉、深く身にしみいっております。新郎新婦にとってもなによりも贈り物です。

 

本日はご多用中のところ、佐藤、田中両家の結婚披露宴のために、かくも多くの皆様にご臨席賜り、まことに恐縮に存じます。申し遅れましたが、私は新郎の父、佐藤〇〇でございます。僭越ながら一族を代表いたしまして謝辞を述べさせていただきます。

新郎の父「謝辞」の例文 「結び」


「結び」を書く時のポイント

あらためてお礼を述べ、新郎新婦への今後の支援のお願いをして、列席者の健康、繁栄を願う結びの言葉で締めます。

結びの例文「新郎の父」

【今後の支援のお願い・結びの言葉】

今後の支援のお願い

職場の皆様をはじめ、ご列席の皆様方、二人を今後ともあたたかく見守っていただけますようお願い申し上げます。

 

結びの言葉

結びとなりましたが、皆様のいっそうのご繁栄をお祈り申し上げ、お礼のご挨拶とさせていただきます。本日はまことにありがとうございました。

 

今後の支援のお願い

結婚し、家庭を持ったと申しましても、二人ともまだ社会経験も未熟でございます。皆さまがたには、これから厳しいご指導とお力添えのほど、何とぞよろしくお願いいたします。

 

結びの言葉

結びに、ご列席頂きました皆様がたのご健康とご多幸をお祈りいたしまして、ご挨拶とさせていただきます。本日は、まことにありがとうございました。

 

今後の支援のお願い

まだ人生経験の浅い二人でございます。今後とも皆様にはお世話になることと存じますが、どうぞよろしくご指導のほどお願い申し上げます。

 

結びの言葉

慣れない宴席で、不行き届きの点もあったかと存じますが、どうかお許しください。本日は、まことにありがとうございました。

 

今後の支援のお願い

先ほどから、皆様にあたたかく祝福していただきまして、この良き日を迎えた新郎新婦の、そして新しい息子と娘を得た私ども親の幸せをかみしめております。皆様にはあらためて感謝いたしますとともに、これからもどうか末永くふたりを見守ってくださいますよう、お願い申し上げます。

 

結びの言葉

まことに簡単ではございますが、これでごあいさつにかえさせていただきます。本日はほんとうにありがとうございました。

 

今後の支援のお願い

本日、二人は新しくスタートいたします。私どもは遠く離れておりますので、皆様には今までと同様に、あたたかいご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。

 

結びの言葉

皆様のご健康とご発展を祈願しまして、ご挨拶とさせていただきます。本日はありがとうございました。

 

今後の支援のお願い

これから先、皆様には、二人への変わらぬご厚情と、ときには厳しい叱責、ご指導をどうかよろしくお願いします。

 

結びの言葉

最後になりましたが、ご列席いただきました皆様のご健康とさらなるご繁栄をお祈り申し上げます。本日お忙しい中、ほんとうにありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です