ブライダルエステは必要なのか!? 体験談からわかる効果と必要性

しさを磨くブライダルエステ

(体験談)一生に一度。花嫁になる女性が一番きれいになる時

私は2年前に結婚を致しました。あまり豪華な結婚式に興味がなくブライダルエステも言葉すら知りませんでした。すでに結婚している友達にエステだけは受けた方がいいと熱弁されしぶしぶ受ける事になりました

 

。色々カウンセリングを受ける中で私は背中のニキビとニキビ跡が酷い事、ドレスを着ると背中がパックリ見えてしまう事に気付きました。

お願いしたプランはデコルテやフェイシャルの上半身中心の計12回の一番基本的なエステでしたが背中を見てくれたスタッフさんが、12回分の割り当ての8割を背中に重点を置いて施術をする提案をしてくれました。

 

スタッフの方は「結婚式までに一時的でもこの背中のニキビとニキビ跡は消します!」と断言してくれました。

背中のニキビは気付きにくい場所・・

背中のニキビは自分自身では見えない部分なのでついついケアを怠りがちです。直接見ることが出来ない私は全然気にしていなかったのですが、スタッフさんが背中を見て一瞬動きが止まって唸った位だったので相当酷かったのだと思います。

 

それから結婚式まで、計12回のエステが始まりました。やはりブライダルエステだからか、お姫様が住んでいる様な可愛らしいお部屋に通されます。エステ自体が初体験の私は非常に緊張しましたが、スタッフの方が親切に対応をしてくれました。

 

内容としてさまざまな美容成分のパックを背中に行います。また背中のいらない角質を取ってみたり、ほぐしていくマッサージをしたり、人生でこんなにも背中を労わった事は後にも先にもこの時だけだと思います。その中で非常に我慢が必要だったのが「ビタミンC]の成分をパックする施術です。

この「ビタミンC」のパックは回の後半で行ったのですが、ものすごくピリピリ沁みます。

 

10分から20分ほどパックを行うのですが、最初は体に合わないのかと勘違いしスタッフさんを呼んだ位でした。私はニキビ跡の黒ずみが酷かったのでその部分を薄める為に「ビタミンC」の美容液が必要だった様です。

 

ピリピリとするのは通常の反応でひたすら痛痒いのを我慢我慢でした。

途中フェイシャルエステも行ったのですが、化粧品が私には少し合わなかったので中止をしてもらい、その分も背中へのエステに回してもらいました。臨機応変にエステプランを組み替えてくれた事に感謝しています。

 

そして手入れを続けた背中ですが本当にニキビ跡が薄く、いやかなり薄くなりました。

 

ぱっと見ただけではニキビ跡の悩みがある様には思えないレベルにまでに改善しました。最初はエステで背中が綺麗になるのか?と疑っていましたが、やはりお金をかけたら改善するものなんだと思いました。

エルセーヌ 光フェイシャル



郎の彼もいっしょにブライダルエステを・・

結婚式の前日に最終仕上げで主人と一緒に伺いました。私が行ったブライダルエステには男性のエステもあったのです。1回だけですがフェイシャルと手のエステ、そして結婚式当日ウエディングキスをするので唇のパックがあったのです。

主人はおもしろ半分で前日にエステを受けていました。私も男性のエステの内容、特に唇のエステには笑ってしまいました。きっと今までに感じた事のない位唇がプルプルになったと思います。

私はドレスを着た際に肌が見える部分を中心に泥パックをしてもらい、綺麗に脱毛を行い全てが終了しました。

結局12回のほとんどを背中のケアに充ててもらう事になりました。フェイシャルに関しては当時美容部員として働いていましたので、いつもは購入しない様な高価な部類の美容液や美容サプリをたくさん利用し自分自身でケアをしました。

結婚式当日は満足いくお肌で臨めたと思っています。背中がパックリあいたドレスも抵抗なく着用できました。最初は興味すらなかったブライダルエステですが一生で一番綺麗になる事が許される期間だと思うのでこれから結婚を検討している女性には是非ブライダルエステを受けて頂いて素敵な花嫁様になって欲しいと思っています。

目次 1 結婚式の日取りを決めよう。1.1 招待客の都合に配慮する。1.1.1 「仏滅」の結婚式は非常識!?お日柄を定める「六曜」の考え方2 仏滅での結婚式は非常識!?2.1 オンシーズンとオフシーズン2.1.1 平日の挙式はお得です。2.1.2 遠方からの招待客も考慮する。2.1.2.1 第三候補まであげてみる。 結婚式の日取りを決めよう。 招待客の都合に配慮する。 招待客の仕事や学校の休みの日 […]

目次 1 私の別れた理由 式場の下見に行ったこと・・1.1 結婚式といえば、基本的には一生に一回、一世一代の大イベント1.2 割引サービスという言葉につられてしまった・・1.2.1 あなたはお相手の気持ちを考えていますか? 私の別れた理由 式場の下見に行ったこと・・ 結婚式といえば、基本的には一生に一回、一世一代の大イベント 可愛い彼女、かっこいい彼氏と共に過ごし 愛が深まるにつれて、お互いに結婚 […]

目次 1 信者でなくても「「マナー」を守れば式を挙げられる。1.1 「ウエディングドレス」「ベール」の意味2 キリスト教式には2つの宗派がある。2.1 ①カトリック2.2 ②プロテスタント3 キリスト教式の主な会場3.1 教会3.2 ホテル・結婚式場併設のチャペル 信者でなくても「「マナー」を守れば式を挙げられる。 純白なドレスに身を包み、噛みと招待客の前で結婚の誓いを交わすキリスト教式の挙式は、 […]

目次 1 披露宴の招待客の決め方1.1 披露宴会場を予約する前に必ず招待客をリストアップする。1.1.1 結婚式に招待する平均人数2 招待客は分類してリストアップする。2.1 やや多めにリストアップするのが基本。2.1.1 まず予算を考える。2.1.2 挙式が出来る会場の情報を集める。2.1.3 親の意見を大切にする。2.1.4 相手の都合(遠方の人、仕事など)3 両家の招待客数のバランスを考える […]

目次 1 たくさんのドレスデザインから自分に似合う一着を見つける。1.1  夢にまで見たウエディングドレス1.1.1 ウエディングドレスが決まらない!?1.1.2 jillstuart(ジルスチュアート) ドレスと出会いました。 たくさんのドレスデザインから自分に似合う一着を見つける。  夢にまで見たウエディングドレス 多くのプレ花嫁さんが結婚式の準備の中で、一番楽しみで幸せな時間、それが衣装決め […]