彼の両親に挨拶に行く際の「マナー」や「服装」、「手土産を渡すタイミング」

結婚前に女性が彼の親に会いに行くときの注意

両親への結婚報告は、ふたりの結婚準備の第一歩

2人が結婚の気持ちが固まったら、早めに両親にあいさつに行きましょう。順番としては、彼が彼女の両親に会い結婚の了承を得ることが一般的です。無事彼女の両親から了承を得ることが出来たら、彼の両親に会いに行きましょう。

たとえ、彼の両親とすでに遊びに行っていて、顔見知りであったとしても、改めて挨拶しに行きましょう。結婚前に女性が彼に親に会いにいくときには、いくつかの注意点をご紹介します。

 

両親には事前に知らせておこう。

結婚は二人だけでするわけではありません。彼の両親とも家族になるということです。両親も事前に彼女がどんな人かは、気になるはずです。もちろん会った時に自己紹介すればいいのですが、両親も緊張しているので、気になることもなかなか聞けません。

ここは、男性が事前に彼女の大まかな「特徴」や「長所」やどんなふうに知り合ったのかなどを説明しておくと、両親も安心して彼女を迎えることが出来るはずです。

最大40,000円分のギフト券がもらえる!結婚式場探しはマイナビウエディング



服装や身だしなみについて

 

服装はできるだけ地味で、メイクも薄化粧にしておきましょう。地味な服ですが、カジュアルなものよりもフ女性らしいワンピースやスーツがおすすめです。結婚式のような服にする必要まではありません。家にいるときのような、スウェットスーツやジーンズはさけましょう。家におじゃまするときはできるだけ、食事の時間はさけますが夕飯を一緒にといわれたら、遠慮しないで一緒に食べて話をするのもいいでしょう。最初はレストランで会って、ある程度話ができるようになってから家に行くというケースもあります。結婚の時期や結婚式場の希望については、最初に男性から親に、話しておきましょう。あまり細かいことを決めておいても、変更になることが多いのでふたりの気持ちを大切にしたいですね。言葉遣いも、目上の人なので敬語で話すように練習しておきましょう。

次のページは手土産は必要か!?購入する基準と渡すタイミング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です