結婚式や披露宴の費用が払えない!?ご祝儀の使い道の考え方

婚のお金がない!!払えない!?と言わないために!!

結婚費用の平均

婚約・結納から挙式・披露宴・新婚旅行までにかかる総額の平均は、約460万円と言われています。これはあくまで目安の金額ですが、どちらにしても結婚というのは大変な金額が掛かることが分かります。また、挙式・披露宴会場が出す最初の見積りは必要最低限であることが多いので、かならずプラス最低100万円ぐらいは大目に計算した方が無難ということになります。

もちろん結婚の資金は挙式披露宴だけではなく、新生活の用意にも大きなお金が必要です。

二人の蓄えから結婚式にいくらかけられるか?

 

結婚の費用の計算の前に、ふたりの貯蓄がいくらあるのか?その貯蓄の中から結婚式にいくらかけられるのかを考えましょう。結婚資金にすべて使い果たして、一番大事な二人の新生活が出来なくなっては、何の意味もありません。

 

 

親からの援助もお願いしてみる。

本当は、二人だけの蓄えの中から結婚式を行いたい所ですが、結婚にかかる費用は膨大です。なかなかふたりだけで用意するのは大変だと思います。二人にそれほど蓄えが無いときには、親からの援助もお願いしてみましょう。ただし、援助をしてもらったからには、結婚式の内容も親からの注文に関しても無視はできないことはよく理解してお願いしましょう。

 

ご祝儀は少なめに計算する。

ご祝儀ももちろん結婚資金として計算しても大丈夫ですが、必ずしも思っていた金額を頂けるとは、限りません。例えば夫婦ならば、2人分ではなく二人で1人のご祝儀になることもあるし、友人を招待した場合は1万円と考えて計算した方が無難です。

一般的なご祝儀の最低ライン×人数分で計算していた方が、間違いはありません。思い込みで計算して、赤字になることが無いように注意しましょう。



祝儀の使い方の考え方。

一般的に誰が費用を出したかで、ご祝儀の使い方が変わります。

①親が費用を援助したり、費用を全額負担した場合。

親から費用を援助してもらったり、負担してもらった場合のご祝儀の使い道は、親に渡すのが基本になります。その上で、親の方から「新しい新生活で使いなさい。」とご祝儀を渡されたのならば、素直に受け取りましょう。

②二人で費用を分担して出した場合。

ふたりで費用を出した場合は、ご祝儀は結婚式の支払いにあてたり、新生活やハネムーンの費用にあてましょう。

 

 

基本は二人の貯蓄をベースに考える。

結婚式は新郎新婦ふたりの門出を招待客にお祝いしていただくセレモニーです。二人だけの貯蓄で賄う場合も、親の支援やご祝儀を使うのも自由ですが、事前に親を交えて話し合っておきましょう。

最初から周りの資金を当てにして結婚を考えると、間違いなくトラブルのもとになり、また周りからの評価も低くなります。基本は二人の貯蓄や収入で賄える範囲でとどめましょう。その上で、足りない費用を親にお願いすることをおすすめします。

 

結婚式の費用の払うタイミングを知っておきましょう。

 

結婚の中で最も出費の大きくなる結婚式費用は、支払い方法の事前確認が欠かせません。
披露宴会場の多くのお金を支払うタイミングは、前払い制を取っておりご祝儀で費用をまかなうつもりでいても、支払うときには間に合いません。いったん親に借りるなど、全額をそろえておく必要があります。

支払うタイミングで、「お金の用意がない!払えない」と言わないためにも、事前に会場側へお金を払うタイミングを確認し、その時までに全額を用意しましょう。

支払いのタイミングの例

結婚式まで6か月前・・会場決定 予約金(約10~20万円ほど)

 

4か月前・・・・・・・ドレス予約金(1着約2万円)

 

2~3か月前・・・・・招待状発送(一通約110円×人数分)

 

1ヶ月前・・・・・・・リハーサルメイク(約1万円)

 

1週間前・・・・・・・会場への支払い(約250万円~300万円)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です