国際結婚と2重国籍問題 子供と私は?フランス人?日本人なの!?

際結婚をしたら日本人を捨てる覚悟が必要?!

日本では認められてない2重国籍!?

5年前にフランス人と結婚し、フランスに住む主婦です。
3歳の息子と1歳の娘がいてフランスと日本の二重国籍を持っています。

フランスでは二重国籍は認められていても日本では認められないため、いつかは(22歳までに)どちらかを選択する必要があります。
私がバリバリの日本人で私の家族も日本に住んでいるので日本語はがんばって教えています。
それでも特に今年幼稚園に入った息子はフランス語のほうが上手くなってしまい、将来的にはフランス国籍を選ぶ可能性が高いだろうと思っています。
私としては子供たちが選んだ国で生きていくつもりなので、子供にバカにされないように言葉だけでなく歴史なども勉強していかないといけないと痛感しています。

子供も夫もフランスのパスポートで私だけが日本のパスポートなので旅行のときにはけっこう不便です。
EUの中の旅行はヨーロッパ人にとっては国内旅行と変らず基本的にとっても気軽なものです。
しかし私だけはEU以外のパスポートということで外国人用の入国管理があり、一人でさみしく行列にならんでいます。

子供を連れて日本に帰ったときも、二人はフランスのパスポートしか持っていなかったので外国人用の列に並びました。

日本国籍は持っていて、戸籍謄本も念のため携帯していたのですが、規則は規則みたいです。
疲れ果てて暴れる3歳児の手を引いて、1歳になったばかりの娘を抱いて、自分の国に帰るために入国審査で長時間並ぶのは本当に腹が立ちました。

夫は最近まで私がフランス国籍を取るものだと思っていたようです。
滞在許可証は持っていますが外国人では選挙権が認められなかったり、完全にフランスの社会に溶け込むことはできないだろうと言われました。
私はこの国に永住することになっても日本人として住み続けるつもりでいました。
しかし、夫にはフランス人と結婚することはフランスと結婚するのと同じではないのかと聞かれて戸惑っています。

結局、国籍って何なのでしょう。
フランスで死ぬ覚悟はできましたが、日本のパスポートを捨てる覚悟はまだできません。
結婚する前にはこんな問題があることは気が付きませんでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です