結婚資金の貯金の平均額は!?結婚式までに予算のお金の貯め方

結婚資金の考え方

どこにお金をかけ、どこを節約するかを検討する。

結婚するとなると結納や結婚指輪、結婚式(挙式・披露宴)、新婚旅行そして、これから始まる新婚生活の準備といった多くの費用が必要となります。その中で最も予算がかかるのは、披露宴です。

特に二人のこだわりが強ければ強いほど、どんどん予算が上がっていきます。挙式・披露宴会場で最初に見積もりをもらいますが、これは必要最低限ということを理解することが大切です。

まずは、料理や衣装など、どこに一番にこだわって、どの辺が妥協できるのかを考えましょう。また、挙式・披露宴の予算は、会場で大きく変わりホテルや式場であげた人は、10~15万円ほど平均額より高く、レストランウエディングであげたカップルは、平均額より40万円ほど低く抑えることが出来ます。

そして、招待客の人数、お色直しの回数、選ぶ料理などで総額は大きく変化します。

結婚のお金のことに関することはこちら

ふたりの預貯金を基本として結婚資金を把握する。

結婚に必要な費用ですが、地域や結婚式のスタイルによって千差万別です。結婚となれば結婚式をはじめ披露宴や二次会、新婚旅行などの行事が目白押しとなります。

それぞれにかかる費用を把握して事前に貯蓄をしておくと良いです。標準的な結婚式、披露宴、新婚旅行まで行うと平均で463万円の費用が必要と算出されています。そのため、独身の頃から結婚資金の貯蓄をすることが大切です。

次のページは結婚資金の平均預金額は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です