レストランウェディングで挙式・披露宴の「メリット」と「デメリット」

味しい料理でお出迎え!

料理が魅力と考えるカップルに大人気!!

レストランウエディングの最大の魅力は、料理のクオリティの高さです。また、新郎新婦と招待客の距離が近いので、招待客にもアットホームな雰囲気が醸し出され、美味しい料理を思い存分楽しんでもらえます。

披露宴の最大のもてなしは、料理と言っても過言でありません。その美味しい料理を出すレストランは、披露宴会場として非常に優柔な会場だといえます。最近は、首都圏を中心にレストランウエディングを希望するカップルが全体の2割から3割を超えるようになりました。

 

専門式場のような特別な設備はありませんが、その分オリジナリティやサービスが行き届きやすく、こだわりを持った二人が予算内で実現させることもレストランウエディングなら可能です。

結婚STYLING (結婚スタイリング)

目次 1 「神前式?」「キリスト教式?」1.1 挙式のスタイルは?1.1.1 ◎神前式1.1.2 ◎キリスト教式1.1.…

自分たちが行いたい披露宴のイメージでレストランのタイプを選ぶ。

レストランにはさまざまなタイプがあります。豪華なインテリアがある高級レストランから、アットホームな雰囲気が楽しめるカジュアルなレストランまであります。結婚するお二人の結婚式のイメージや予算で、レストランのイメージを選びましょう。

料理はもちろん細かい演出やイメージについては、レストランの担当者に相談してみましょう。

100人以上の披露宴には向かない

また、レストランでの披露宴スタイルでは、収容人数にも限りがあるためホテルや大規模な結婚式場などとは違い、一般的には100人以上収容できるレストランはあまりなく、大人数の披露宴には向きません。

しかし、収容人数が少ないですが、一日一組の貸し切りで行われるケースが多く、ゆったりと過ごすことができることが魅力の一つです。

ストランウエディングの「メリット」

レストランでの披露宴の魅力

料理がおいしい

シェフ自慢の料理に自分たちのこだわりを加えたオリジナルメニューを用意してもらえるなど、料理をこだわれます。

オリジナルの演出にも対応してくれる

ホテルや大規模な式場は、さまざまなプランが用意されていますが、こだわりが強ければ強いほど予算も上がっていき、なかなかオリジナルの演出も難しくなります。レストランウエディングでは、手作りでの会場づくりなど凝った演出にも対応してくれるケースもあるので、相談してみましょう。

招待客との距離が近い

レストランの店内が会場になるため、新郎新婦とゲストとの距離が近いため、会話もしやすく同じ目線で気楽に打ち解けられるのが最大の魅力であります。

限られた予算内でもおさめることが出来る。

一般的に披露宴会場では、自分たちの持ち込み料がかかり、ほとんど会場の設備を使用するため、こだわりが強いほど予算が上がる傾向にあります。レストランでは、持ち込み量が無料だったり会場費がかなり安くなるので、一流レストランを除けば、ホテルや結婚式場と比べ費用が低く抑えられます。

レストランウェディングのデメリット

レストラン披露宴での注意点

控え室や着替えの場所が十分ではない。

会場となるのはあくまでもレストランなので、控室や更衣室が十分に整っているとはいえません。会場の下見の際はこうした部分もしっかりと確認するようにしましょう。

トイレや駐車場などの数が少ない会場も

会場には、トイレや駐車場などが少ないケースがあります。招待客の人数によっては、トイレで混雑したり路上駐車などが発生する問題に発展するので、事前に確認し、臨時駐車場を借りるなど対処しましょう。

挙式スタイルが限られる

ホテルや式場などは、併設されたチャペルや神殿で挙式があげられますが、レストランウエディングでは人前式や会場やテラスなどに即席で設けたチャペルなどでキリスト教式に限られます。

婚プロデューサーに相談してみましょう

新郎新婦にとって、披露宴のすべて何もかも初めての経験ですよね。予算は少ないが、二人のこだわりは強い、結婚式場もどこがいいのかもわからない。レストランウエディングもどこのレストランがいいのかも・・。

レストランやゲストハウスで披露宴を行う場合、全体的な流れなどや時間配分はどうするべきかも、二人だけではなかなか難しい問題です。身内や知り合いなどにリードできる人がいない場合は、プロの結婚プロデューサーに任せてみるのも手です。きっとあなたに合った結婚プランや式場選びのお手伝いをしてくれるでしょう。

 

目次 1 何から何までドタバタだった結婚式 何から何までドタバタだった結婚式 30代の主婦です。 実は現在は再婚で最初の結婚は21歳のときでした。 当時私と元・夫は社会人になったばかりで、周りからみたらままごとカップルだったと思います。 しかし17歳のころから交際を続けていた私たちは大真面目で一人前に立派な結婚式ができると思っていました。 私も元・夫も結婚式に参加したことはなくすべてが初めての経験 […]

目次 1 無口な男性はモテないのか!?1.1 ある20代後半の「口下手男」の話。1.2 黙っているだけではスタートラインにも立てない。1.3 自分をよく見せようとして大失敗。1.4 攻撃のみでは戦い(恋愛)には勝てない!1.5 真剣に話を聞いてくれる姿勢に誠実さを感じる。1.6 「聞き上手」モテる男子の必須テクニック1.6.1 口角をあげる1.6.2 相手の名前を覚える。1.6.3 おちついて笑顔 […]

目次 1 男性側から「結納」を断るのは失礼なのか?1.1 二人それぞれの両親と話し合う。1.2 両親と話し合うポイント1.2.1 ①婚約のスタイルはどうするか?1.2.2 ②仲人(なこうど)は立てるか?1.2.3 ③「結納又は、食事会」はいつにするか?1.2.4 ④予算はどのくらいか?1.2.5 ⑤お金はどう負担するか?2 結納で両家の関係が冷え切ってしましました・・ 男性側から「結納」を断るのは […]

目次 1 披露宴の感謝のあいさつ「謝辞」のポイント1.1 ここは抑えよう!謝辞の5つのポイント1.1.1 ポイント①2~3分ぐらいの内容「600文字から800文字程度」が目安 1.1.2 ポイント②「導入」「展開」「結び」の3部構成が基本。 1.1.3 ポイント③「感謝」と「支援のお願い」は必ず入れよう。 2 組み合わせて完成 「謝辞」の基本例文2.1 披露宴「謝辞」の言葉 「導入」の例文2.1. […]

目次 1 新郎新婦の二次会での過ごし方1.1 もてなす方からもてなされる立場に1.1.1 二次会での衣装はどうするか?2 招待したお客様に新郎新婦から挨拶に忘れずに・・。2.1 ✓羽目を外しすぎないふるまいをしよう!!2.2 ✓ひとりひとりに挨拶に回りましょう。2.3 ✓二次会の幹事や担当したスタッフにねぎらいのメッセージを伝える。2.4 ✓キスコールが嫌な場合は、事前に幹事に伝えておきましょう。 […]