【神前式挙式のマナーとしきたり】結婚式の流れと所有時間

前式の予備知識

日本伝統の挙式スタイル

新郎新婦の二人が、神の前で夫婦になることを報告して、誓い合うのが神前式です。キリスト教式挙式に人気が集まっていますが、この日本人らしい挙式スタイルが、少しずつ人気を取り戻しています。
現在のような神前式のスタイルになったのは、明治34年に大正天皇のご成婚の儀式を参考に日比谷大神宮によって創始されたころからです。

それまでは、挙式は、自宅で行われることが普通でした。その後、氏神様である神社に結婚の報告に行くのが、一般的な挙式スタイルでした。

神前式では、家同士の結びつきを

同じ神に結婚の誓いを宣言する式でも、キリスト教式と神前式では、考え方が少し異なります。キリスト教式では、結婚は個人と個人の結びつきを主にするのに対し、神前式では家同士の結びつきを主に考えられているのです。そのため、式の流れの中には、「親族は杯の儀」という儀式があります。

 

神前式の衣装

神前式には、特に衣装は限定されていません。もちろん「和婚」といわれるように、白無垢(しろむく)に綿帽子という衣装に憧れる女性も多いとは思いますが、「洋装」でも構いません。白無垢の場合は、頭に綿帽子か角隠し、色打掛けの場合は、角隠しを合わせます。

 

披露宴が出来る神社も

神前式の場合は、通常ホテルや式場に併設されている神殿で式を挙げるのが一般的ですが、より格式高く伝統的な雰囲気を求めるなら、挙式可能な神社に相談してみましょう。神社によっては、披露宴が出来る場所もあるので、調べてみましょう。



前式の流れとルール

友人の参列はNG!?

一般的に神前式は、家族や親族のみに限られています。しかし、ホテルや結婚式場によっては、友人や知人の参列が許されているところもあるので、相談してみましょう。

 

カメラやビデオ撮影はNG

神社や結婚式場併設の神殿内は一般的に撮影はNGです。格式高いしきたりがあるので、自分勝手な行動をしないように気を付けましょう。

 

一般的な挙式の流れ

①入場(参殿)

斎主、巫女、新郎新婦、媒酌人、両親、親族の順で社殿まで進みます。

 

 

②修祓(しゅばつ)の儀

参列者は、あまたを軽く下げ、斎主のお祓いを受ける。

 

 

③祝詞奏上(のりとそうじょう)

斎主が神前に2人が結婚することを申し上げ、永遠の幸せを祈ります。式中で最も重要な意味を持ちます。

 

 

④三献の儀(三三九度)

夫婦が永遠の契りを交わします。3つの杯で9杯のお神酒を酌み交わします。

 

 

⑤誓詞奏上(せいしそうじょう)

新郎新婦が神前に進み、結婚を誓う誓詞を読み上げる。

 

 

⑥玉串奉奠(たまぐしほうてん)

新郎新婦が玉串を持ち、榊(さかき)の根元を神前に向けて捧げ、二拝二拍手一拝します。

 

 

 

 

⑦指輪の交換

斎主が指輪を三方に乗せて持ってきます。新郎、新婦の順に指輪を付け合う。

 

 

⑧親族杯の儀

両家や親族がお神酒を3口で飲み干し、両家の縁を結ぶ

 

 

⑨斎主のあいさつ

斎主が結婚の儀が滞りなく整ったことを報告し、祝福の言葉を述べる。

 

 

⑩退場

神前に一礼し、斎主の後に続いて入場と同じ順で退場する。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です