洋装?和装?わたしが結婚式を挙げたスタイルと感想

の結婚式にするきっかけと感想

昨年、和装スタイルで結婚式を挙げました。
最近では和装で結婚式を挙げる人も増えているのではないでしょうか?
私の身の回りの人も洋装と和装半々という具合になってきました。和装には様々なルールがあるので、周りの人に着物に詳しい人がいたら相談するのもいい方法だと思います。

和装結婚式にしたきっかけ

結婚式をお願いした会社が元々着物の衣装屋さんということもあり、基本的には和装のスタイルでの式を薦めていたということもあります。

ただ、私たちの場合は、主人が和装の結婚式が良いという希望を持っていました。
私もドレスを自分が着ているイメージがなかったので、その希望に沿うことにしました。

式に参列してもらう人も年配の方が多く、落ち着いた雰囲気がいいなという希望もありました。
自分の親も和装で結婚式をしているので、相談に乗ってもらいやすいかなという気持ちもありました。
それに、何よりもあまり和服を着る機会がないので、一生の思い出になると思い和装にしました。

和装の衣装を決める

和装と言っても、色打掛と白無垢があります。
やはりお嫁さんのイメージは白無垢が強いかなと思います。
ただ、白無垢と言っても、デザインや、生地の違いによって自分に似合う白無垢があるということを知りました。

 

ただ和装の中では、白無垢は割と決めやすいと思います。
色打掛は色の種類も豊富ですし、模様なども様々で、こちらは本当に悩みました。

私の場合ですが、最初の式は白無垢で、途中で着替えて色打掛にするということを想定していました。
また人によっては前撮りとして白無垢または色打掛を着るということもしていると、スタッフの方から伺いました。

結婚式の衣装選び(衣装選びから小物選びまで)はこちら



和装ヘアスタイルはどうする?

なんとか結婚式に着る衣装が決まりましたが、ヘアスタイルをどうするのかという問題もありました。
和装=鬘というイメージもあるかと思います。

しかし、最近では洋髪で結婚式を挙げることも多くなってきたそうです。
一度鬘を着用させてもらうこともできるので、試してみると良いかもしれません。
昔よりは大分重さも和らいだということですが、一日中付けているとかなり辛いかと思います。
楽さを優先させるなら、洋髪をお勧めします。

 

両親へのあいさつから挙式、二人の新生活まで・・
結婚準備パーフェクトマニュアルはこちら

結婚式当日

終わってみての感想ですが、和装で結婚式を挙げて良かったなと思いました。
年配の方が多い結婚式でしたので、和装で来る方も多かったです。

確かに、お腹周りにも綿を乗せられたり、タオルを何枚も充てられました。
布団を着て動くようなものだと言われていましたが、実際本当にそうだと感じました。
終わった後の疲労感は想像以上でした。

それでも、主人の和装姿は見ることがなかなかできないものでしたし、喜んでくれる両親の顔を見たら、正解だったのだなと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です