日本人に良く似合う和装スタイルの花嫁衣装 

本人の結婚衣装

人気急上昇の「和婚」

結婚式というとウェディングドレスにタキシードといった洋風の装いをイメージする人も多いと思いますが、最近では和のテイストを取り入れた「和婚」の人気が徐々に高まってきています。一昔前まではウェディングドレスに憧れる女性も多かったのですが、普段の生活で着物を着る機会が減りドレスを身につける機会が増えたことから和装が新鮮に感じられることもその要因の1つです。

ウエディングドレスの選び方はこちら

さまざまな和婚のやりかた

ただし、和婚といってもそのスタイルは様々で、格式のある神社で厳かに行う神前式を行う場合もありますし、引き振袖や色打掛といった和の装いでカジュアルな人前式を行う場合もあります。また、挙式は教会式で行い、お色直しに和装を取り入れるといったカップルも多くいます。

和装の花嫁衣裳には、白無垢・色打掛・引き振袖などの種類があります。これらは日本に伝わる伝統的な婚礼衣装で、洋装にはない格式や風情が感じられます。また、和装の魅力は何といっても日本人に良く似合うところで、身につけているだけで引き締まった気持ちになるので人生の門出を祝う場には相応しい装いといえます。

和装スタイルの衣装の基本はこちら

和装の代表的なスタイル「白無垢」

全身を白で統一している白無垢には凛とした美しさがあり、可憐な花嫁に相応しい装いです。色打掛は身に纏うだけで、その場がぱっと明るくなるような華やかな衣装です。引き振袖は色打掛などに比べると落ち着いた印象のある婚礼衣装で、特に最近人気の黒引き振袖はスタイリッシュな雰囲気が醸し出されます。

一口に和装といっても、そのデザインや使われている素材は様々です。白い婚礼衣装の白無垢にも、生地や刺繍、織りによる柄など色々な種類があります。色打掛の色やデザイン、素材の種類も様々で、古典的な柄もありますしモダンな柄や個性的な柄もあります。

結婚のことなら結婚準備パーフェクトマニュアル

 

和装を自分らしくアレンジして着こなすのも人気

柔らかい雰囲気が特徴のオーガンジー素材の白無垢や色打掛もあり、ヘアスタイルを洋風にアレンジすることもできます。和装の際にはかつらを被るスタイルが主流でしたが、現在では洋髪スタイルの方が主流となってきています。

 

ウェディング業界で人気の和婚ですが、全てが和のスタイルというよりは和洋折衷のスタイルになっている結婚式が多いようです。花嫁の黒引き振袖は洋装の花婿と組み合わせても大正レトロのような雰囲気になるので、和と洋をミックスさせることもできます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です