花嫁の為にメイク ブライダルメイクのポイント

婚式での花嫁の化粧

ブライダルメイクとは、結婚式で花嫁が行うメイクのことです。
普通のメイクと異なるのは、ドレスやアクセサリーなど、身に着ける物があらかじめ決まっているということです。
ですから、身に着ける物や会場の雰囲気との兼ね合いを考えることが重要となります。
では、以下でブライダルメイクのポイントについて、詳しく見て行きましょう。

ブライダルエステの基礎知識についてはこちら

一つ目のポイントは、「普段より濃いめに行う」。

たいていの人は、メイクのリハーサルを行いますが、その際に「少し濃いのではないか」と思う人は少なくありません。
確かに、ブライダルメイクは普段よりも濃いめに行うことが多いのですが、それには明確な理由があります。
まず、ウェディングドレスは、普通の服よりもボリュームがあり、豪華な装飾も施されています。
そのようなドレスに普通のメイクを合わせると、バランスが悪い印象を与えてしまいます。

少し濃いくらいのメイクのほうが、ウェディングドレスには合うのです。
次に、結婚式の会場によっては、新郎新婦とゲストの距離が遠いこともあります。
そのような時に、普通のメイクだと、ゲストからは新婦の顔がぼやけて見えてしまうことがあります。

濃いめのメイクにしておけば、離れた所からでもハッキリした顔立ちに見せることができます。
そして、結婚式の当日は、写真や動画を撮られる機会がかなり多くなります。
そして、それらは自分の手元だけでなく、ゲストの手にも渡るわけですから、できるだけキレイな状態で撮っておきたいと思うのが当然です。

しかし、写真を撮る時はフラッシュを焚きますが、普通のメイクだと目元の陰影などがはっきり写らず、ぼやっとした感じになってしまうことがあります。
ですから、写真映えを考えるなら、濃いめのメイクのほうがよいということです。

二つ目のポイントは、「ベースメイクが重要」。

清楚な印象を与えるためには、肌に透明感がなくてはなりません。
透明感を出すには、ベースメイクをしっかりしておく必要があります。何種類ものファンデーションで陰影をつけ、

また、結婚式の当日は、常にスポットライトを浴びているので、メイクにとってはかなりハードな状況です。
化粧崩れを起こさないためには、やはりしっかりベースを作っておく必要があるのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です