ウエディングドレスを着たい!!失敗しない!?バージンロードの歩き方

レスでの歩き方と立ち振る舞い

「あせらないこと・・」それが、ウエディングドレスの歩き方の基本

結婚式 特にバージンロードを歩くときや披露宴の入場の時に、何が一番怖いかというと、それはウェディングドレスで転ぶ事です。

バージンロード入場の際、親戚や友人など、親しい人達が見守る中で、もしも転んでしまったら、せっかくの晴れ舞台が台無しです。思い出としても、嫌な思い出として記憶に残ってしまいますよね。

そうならない為にも、結婚式当日までに歩き方を練習する事が大切です。

もしバージンロードで転んでしまったら・・?

ドレス姿で転んでしまったら、想像しただけでも大変ですよね。しかし、完全に転んだというケースはほとんどありません。しかし、つまづいたり、転びそうになった経験のある花嫁さんはたくさんいらっしゃいます。

バージンロードで万が一、つまずいたり転びそうになった時でも、何事もなかったようにゆったりと歩きましょう。

慣れないドレスで転びそうになることは、よくあることです。その都度焦って周りに一礼したり、照れ隠しで笑ったりするとせっかくの厳粛な雰囲気が台無しです。何があっても落ち着いてゆっくり動いて、エレガントに動くことを心掛けましょう。

ウエディングドレスの選び方はこちら

 

試着時に歩き方を教わり練習しましょう。

ウエディングドレスの試着の際に、担当の方に歩き方のコツを教わりましょう。店内を歩かせてもらって間隔を確かめてみましょう。焦らず、ゆっくりと動くことが基本で、手の先から、足の先まで意識を集中し、エレガントな動きになるように気を付けましょう。

時に、高いヒールを履く予定がある時は、つま先から前にやや蹴り上げるように足を出すと、上手く歩けます。

結婚式場探しならマイナビウエディング



自宅でのウエディングドレスの歩き方の練習

ウエディングドレス試着で習った歩き方を自宅でも練習しておくと、本番で焦らなくてもいいのでお勧めです。

しかし、ウェディングドレスをレンタルする訳にもいきませんし、代わりのドレスといっても、なかなかウェディングドレスのように重たいドレスは家庭にはないと思います。

そんな時には、少し厚めのカーテンを使うと良いですよ。ウェディングドレスよりも少し重たいぐらいのカーテンを腰に巻いて、歩く練習をする事で、ウェディングドレスを着た時には上手に歩けるようになっています。

 

出来ればハイヒールを履いて練習するのが良いでしょう。

歩く時のコツとしては、爪先でドレスの中を蹴るように歩く良いとされていますが、あまり蹴りすぎると爪先が見えてしまう場合もあるので、注意が必要です。蹴り上げないように注意をしながら、コツコツと音が立たないように歩く練習をしましょう。

力加減が分かりやすくする為に、カーテンを巻いて歩く時には誰かにカメラで撮影してもらい、後でチェックするという方法もあります。理想としては、ハイヒールの先が見えないように、裾が僅かに上がるぐらいで歩くのが理想です。

結婚のことなら結婚準備パーフェクトマニュアル

出来ればお父さんにも練習に付き合ってもらいましょう。

ウエディングドレスでの歩き方は、出来るだけゆっくり歩くのが大切なので、そのテンポも覚えましょう。また、バージンロードの歩き方の練習には、出来れば一緒に歩くお父さんにも協力してもらいましょう。バージンロードの歩くときは一人ではありません。一緒に歩くお父さんにも一緒に歩いてもらいましょう。

 

足がもつれる原因は歩き方やドレスのせいだけじゃない・・。

そして、足がもつれる原因は、歩き方やドレスのせいだけのせいではありません。

結婚式という、いつもとは明らかに違う場所で、緊張しない人はいません。鼓動も速くなり、平常心を保つ事も大変だと思います。

人に見られているという状況に慣れる為にも、練習する時にはお友だちにも手伝ってもらい、人前で歩く練習をする事が大切です。そこで、ウエディングドレスの歩き方に慣れることで、自信をもって当日を迎えることが出来ます。

ウエディングドレスの歩き方のコツは、しっかりと前を見て、背筋を伸ばし、足元の感覚やリズムを覚えて臨めば、結婚式は最高の思い出の日として記憶に残り続けるでしょう。

目次 1 ドレスの選ぶ時の注意点1.1 ピアニストの私の経験からドレス選びの失敗と成功点1.1.1 私のドレス選びのポイントは「印象操作ドレス」 ドレスの選ぶ時の注意点 ピアニストの私の経験からドレス選びの失敗と成功点 花嫁さんのウエディングドレス姿は、結婚式で一番の注目の的です。 純白のドレス、本当にすてきですよね。   基本的に白という色は、女性を美しく見せてくれます。たくさんデザイ […]

目次 1 何から何までドタバタだった結婚式 何から何までドタバタだった結婚式 30代の主婦です。 実は現在は再婚で最初の結婚は21歳のときでした。 当時私と元・夫は社会人になったばかりで、周りからみたらままごとカップルだったと思います。 しかし17歳のころから交際を続けていた私たちは大真面目で一人前に立派な結婚式ができると思っていました。 私も元・夫も結婚式に参加したことはなくすべてが初めての経験 […]

目次 1 国際結婚の大変さ!!1.1 フランス人の彼と結婚のため仏に住むことに・・1.1.1 語学力のなさに結婚をやめにしようかと・・1.1.2 フランス人と結婚する際の手続きは非常に面倒 国際結婚の大変さ!! フランス人の彼と結婚のため仏に住むことに・・ 30代後半の主婦です。 31歳のときにフランス人の彼と彼の故郷のマルセイユで結婚式を挙げました。   彼とは20代のころ日本で知り合 […]

目次 1 キリスト教式(プロテスタント)の挙式の流れ1.1 父親と新婦で歩くバージンロード1.1.1 キリスト教式の挙式の流れ(プロテスタント)1.1.2 ①参列者入場1.1.3 ②開式宣言1.1.4 ③新婦入場1.1.5 ④讃美歌斉唱・祈祷1.1.6 ⑤聖書朗読・式辞1.1.7 ⑥結婚の誓約1.1.8 ⑦指輪の交換 1.1.9 ⑧ベールアップ・誓いのキス1.1.10 ⑨結婚誓約書への署名1.1. […]

目次 1 信者でなくても「「マナー」を守れば式を挙げられる。1.1 「ウエディングドレス」「ベール」の意味2 キリスト教式には2つの宗派がある。2.1 ①カトリック2.2 ②プロテスタント3 キリスト教式の主な会場3.1 教会3.2 ホテル・結婚式場併設のチャペル 信者でなくても「「マナー」を守れば式を挙げられる。 純白なドレスに身を包み、噛みと招待客の前で結婚の誓いを交わすキリスト教式の挙式は、 […]