披露宴 新郎の挨拶「ウエルカムスピーチ」 ゲストへの感謝とおもてなしの気持ちが大事!! | 結婚STYLING (結婚スタイリング)

披露宴 新郎の挨拶「ウエルカムスピーチ」 ゲストへの感謝とおもてなしの気持ちが大事!!

 

披露宴を始めるあいさつ「新郎が行うウェルカムスピーチ」

ウェルカムスピーチの意味とポイント

昔から披露宴の最初の挨拶といえば、媒酌人による挙式の報告と来場者へに感謝を述べるのが一般的でした。しかし、最近では、媒酌人を立てない結婚式が一般的になっているため、代わりに新郎、または新郎新婦が挨拶を行うケースが多く見られるようになってきました。

ウェルカムスピーチは、その名前の通り、「私達の披露宴にようこそいらっしゃいました。本日はありがとうございます。」という新郎新婦の気持ちを、披露宴にわざわざ来てくれたゲストに伝えるための挨拶です。

ゲストへの感謝とおもてなしの気持ちを大切にして

ウェルカムスピーチは、披露宴に足を運んでくれたゲスト全員に感謝とおもてなしの気持ちを伝えます。また、乾杯前の披露宴開始の宣言も兼ねているので、スピーチの時間は約1分ほどで終わるように気を付けましょう。

ウェルカムスピーチのポイント

ポイント① 感謝の気持ちをシンプルに伝える。
ウェルカムスピーチの目的は、ゲストへの感謝の気持ちを伝えることです。

ポイント② おもてなしの気持ちを簡潔に伝えましょう。
ウェルカムスピーチで最も求められることは、「簡潔さ」になります。披露宴の始まりから、ダラダラ話していてはあとに「乾杯の挨拶」や「来賓のスピーチ」が控えているので、なるべく簡潔(約300文字程度)で1分ほどの短い時間でシンプルに伝えることが大切です。

心に響く結婚式スピーチ 新郎の「ウェルカムスピーチ」の例文はこちら

ウェルカムスピーチの構成

ウェルカムスピーチは「導入」「展開」「結び」の3部構成が基本の形です。

導入

〇披露宴の列席者へのお礼
披露宴に来てくれたゲストへの感謝を伝えます。また、会場のトラブルには、お詫びと説明をしましょう。


展開

〇挙式の報告
挙式の様子や無事終わったことを報告します。列席者のほとんどが挙式に列席している場合は、挙式の報告の必要はありません。

〇ゲストの紹介
披露宴に列席しているゲストの顔ぶれを紹介します。特に、初対面のゲストが多い場合は、おすすめです。

〇披露宴の趣旨
披露宴の趣向や会場や料理にこだわりがある場合、披露宴が始まる前に紹介をすることで、ゲストにより楽しんでもらえます。


結び

〇最後の締めの挨拶
大切なのは「よろしくお願いします。」という気持ちです。披露宴の開宴に対して、期待を持ってもらえる言葉を入れて、明るく大きな声で話すとたくさんの拍手をもらいやすくなります。

 

ウェルカムスピーチの話し方のポイント

失敗もご愛敬!!完璧なスピーチだけが良いとは限らない!!

披露宴の冒頭で、ゲストへの感謝とともに、披露宴の開会宣言の意味を持つ、「ウェルカムスピーチ」は、新郎新婦の入場が終わり、会場が静まり返った静寂の中で、新郎がマイクを持ってスピーチを行うため、一気に列席者の視線が一身に集まるため、緊張しない人などいないはずはありません。

私も披露宴で、緊張しすぎて覚えてきたはずのスピーチの内容の記憶がすべて飛んでしまい、途中から言葉が全くでなくなり、新郎がフリーズ状態になる様子を見たことがあります。

しかし、たとえミスをしたとしても、失敗することは恥ずかしいことではなく、特に、新郎がおこなう「ウェルカムスピーチ」は、誰もが初めて行うものです。「失敗するのが当たり前」と考えて、気持ちに余裕をもって行うと意外に上手くいくものです。

明るく元気のいい声で好印象を与えましょう。

ウェルカムスピーチは、上手でなくても構いません。むしろ、多少失敗した方が、笑いも出て列席者の緊張もほぐれ雰囲気もほぐれるので、多少のミスは、披露宴の始まりとして最高のスタートになるかもしれません。

また、結びの挨拶だけは、明るく元気な声で「本日はよろしくお願いします。」と締めの言葉で伝えることが出来れば、明るい雰囲気の披露宴になることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です