【結納・食事会 体験談】結納金とは?がっかりした夫の結納の使い道

納金でトラブルにならないように・・

そもそも結納金とは!?

結納金とは、結婚の支度金として男性側から女性側に贈るのが一般的です。金額としては、50万円~100万円などきりの良い金額を結納金として贈ります。地域によって、その半額を「結納返し」として返します。

結納金は花嫁道具を揃えるためのお金

そもそも結納金とは、男性側から女性側に「このお金で「花嫁道具」を揃えてください。」という意味があります。それを男性側から勝手に「結納金は無しにしませんか?」と言うのは、女性側にとっては失礼になします。もし、経済的な理由などで結納が難しく省略したい場合は、彼女(新婦)と相談し、彼女の意思で親に伝えるようにしましょう。


(結納の体験談)結納金は誰のためのもの!?

残念な夫の言動・・「結納金の間違った使い道(考え方)」

私は現在の夫と結婚する際、まずは両家の顔合わせを旅館で行いました。
その時に夫の両親が結納金100万円包んで渡してくれました。

その後、私たちは結婚式は行わずちょっとした親戚だけの食事会をしたので、結納金はその食事会の料金として使わせてもらい、残りは新生活の準備にあてるつもりでした。
お互いひとり暮らしをしていたため、生活家電はイチから揃える必要もなく、新居に引越し後も結納金は半分くらいは残っていました。

私の感覚、気持ちとしては、結納は夫の実家から私に贈られたものという認識でした。
そのため残ったものは、自分で持っていて、何かこれから新生活でまとまったお金が必要になったときに使えばよいだろうという風に思っていました。

しかし夫にいきなり
「残った分は生活資金としての口座に振り込んでおいて」
と言われて驚きを隠せませんでした。

その生活口座は新生活のために作ったものでしたが夫名義のものです。
まるで結納は自分のものでもあるというような考え方なんだなと、結婚早々、価値観の違いを垣間見ました。

そのことを実母に話すと、「本来結納とは女性が結婚のための準備金として夫の親から送られるものなので、男が当てにするのはおかしい!」と怒っていました。
結婚式の準備資金にするというならまだ良いけれど、式はやらなかったのだから、余ったお金は私が貯金としても良いくらいだと言っていました。

それを夫に話すと、新婚早々お金のことで揉めることになりなかり、ギスギスと嫌な雰囲気になってしまいました。
お金のことでいつまでもギスギスするのは嫌だったので、結局私が折れて生活資金として入れましたが、そのお金は約2年後に妊娠出産時の資金となりました。

子どもの誕生というお祝いに使えたため、今となってはわだかまりをまだ持っているわけではないのですが、結納=自分たちのお金という考えの男性もいるのだな、ということを知り、それが最初の夫婦喧嘩の元になったので、強烈な印象を残しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です