おめでた婚(でき婚)の妊娠の親に言うタイミングと結婚スケジュール

最近のおめでた婚(でき婚)

最近では、結婚する4組に1組のカップルは、おめでた婚(でき婚)と言われています。新婦の体調や生まれてくる赤ちゃんのことを考えて、挙式や披露宴を行わないで、写真だけを取るフォトウェディングや入籍だけをするカップルも多く見られます。

しかし、両親や周りの方にお祝いしてもらいたい、感謝を伝えたい思いで、おなかの赤ちゃんと共に、挙式・披露宴あげているカップルは大勢いらっしゃいます。

でき婚時に「親に言うタイミング」はなるべく早く!

結婚と妊娠が重なって、ますますの喜びでありますが、両親の考え方によっては、婚前での妊娠に気にする親も多いと思います。報告の順番を間違えると後々まで「チクチク」言われたり、トラブルの原因になり、幸せな結婚のはずが、後悔する結果になるケースも見られます。

また、通常の結婚式の準備でも目が回るほど大変なのに、妊娠中の体となると2倍も3倍も大変になります。なにより両親の協力が必ず必要になってきます。でき婚時に「親に言うタイミング」はなるべく早くしなければなりません。

母体の為にも、おなかの赤ちゃんの為にも、二人の結婚の意思が固まっているのならば、まず彼女の両親に「妊娠」と「結婚」の報告を伝えに行きましょう。

【親への妊娠と結婚報告の例文】

「○○さんと真剣にお付き合いさせていただいております。私は、○○さんと結婚をしたいと考えております。実は、そうしたところ、先日○○さんのお腹に赤ちゃんを授かりました。」

「妊娠したから責任を取って結婚する」というイメージを持たれないよう、「彼女と結婚の意思はすでにあった。」ということを、彼女の両親に伝えましょう。

多くの両親は、娘の「結婚」と「妊娠」を同時に伝えられて、喜びの前に「驚き」と「不安」がつきまとうことでしょう。まずは、「彼女を一生大切に守ること」や「生まれてくる子供は責任をもって幸せにする。」という決意を両親に伝えましょう。

母体の安全を第一に短期間で計画を

妊娠中の身体は、刻々と変化します。挙式や披露宴を行うベストな日取りは、安定期に入った妊娠5~6か月頃です。通常、妊娠に気付くのは2~3か月なので、一日でも早く結婚準備に入らなくてはなりません。妊娠が発覚したら、早急に両親に報告し準備に入りましょう。

マタニティ婚専門だから安くなる。妊婦限定プラン付き結婚式場探し【ママ婚】



おめでた婚プランがあるホテルや式場を選ぶ。

おめでた婚(マタニティ婚)のプランがあるホテルや式場は、妊婦の不安定な体調も考慮してくれ、経験豊かなスタッフが介助してくれるので安心して、計画を進められます。



また、マタニティー用ウエディングドレスを用意されているので、新婦のお腹が大きくなっても、スタイルはそのままで、お腹の部分だけ目立たないようにできているものが多く、全体的の見た目は通常のドレスと変わりません。

次のページはおめでた婚のスケジュール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です