こんなはずじゃなかった!授かり婚(でき婚)の本音と結婚にかかるお金と忙しさと後悔

でき婚で後悔しないために気を付けること!!

結婚準備は忙しく大変です。

結婚準備というのは、忙しく二人で決めなければならないことが山ほどあります。「忙しさ」や「お金の問題」「意見の食い違い」などで、この時期「イライラ」がつのり「ケンカ」をするカップルが多く見られます。

でき婚(授かり婚)は、とにかく時間がない!!

妊娠中に結婚準備をするということは、妊婦の体への負担を考え、心身が安定する妊娠5~6ヶ月がベストです。ということは、妊娠3ヶ月(8~11週)ごろに親に結婚報告をし、妊娠5~6ヶ月(16~19週)には、結婚式をあげるスケジュールになります。

特に、妊娠初期は、体調が不安定になりやすく結婚準備もなかなか進みません。そんなときこそ、新郎となる彼が新婦の気持ちを思いやり、歩み寄る努力をしましょう。二人が協力し合わなければ、結婚式の成功はありえません。

マタニティ婚専門だから安くなる。妊婦限定プラン付き結婚式場探し【ママ婚】



家族(両親)の協力を仰ごう

結婚の報告をする際に妊娠の事実をきちんと説明し、理解を得たうえで結婚準備を始めましょう。両親の理解を得られれば、両親にも協力してもらえるでしょう。とくに妊婦である新婦(彼女)は、「心身の不安定」と「結婚準備の忙しさ」や「プレッシャー」で押しつぶされそうになっている可能性があります。

妊娠中の女性には、男性が理解できない「不安」や「イライラ」もたくさん出てきます。こんな時には新婦(彼女)の母親に相談してみましょう。彼女の「不安」や「イライラ」も母親であるお母さんでしたら、理解してもらえるはずです。

たとえ、ケンカになっていても、お母さんが良き相談相手になってくれるでしょう。

次のページは、こんなはずじゃなかった!でき婚女性の本音

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です