結婚(挙式・披露宴)の総額の費用は?

結婚式にかかるお金の相場を知りましょう。

婚約資金から結婚式・新生活までトータルで考えよう。

結婚準備を始めるとき、必ず最初に考えなければならないのが、結婚にまつわるさまざまなお金のことです。

結婚にかかる具体的な費用は、

・婚約・・・結納の場合 約12万円(平均)
      顔合わせの場合 約5万円(平均)
・挙式・披露宴・・約325万円(平均)

・新生活準備・・約120万円(平均)

・ハネムーン・・60万円(平均)

その平均総額は、500万円~600万円とも言われます。

結婚式にどれだけかけるか!?二人でよく話し合いましょう。

結婚式には大きなお金がかかります。特に結婚費用の中で、最も大きな割合を占めるのが、「挙式・披露宴」です。

一生に一度のことだからこそ、後悔したくないとの思いでどんどん豪華なものになって気が付いたら、予算をかなりオーバーなんてことに・・そのようなことにならないように、自分たちのこだわりを大切にし、予算の掛けどころを考えましょう。

節約することと、けちることは違います。最も大事なことは、無駄な支出を抑えることです。

結婚STYLING (結婚スタイリング)

目次 1 失敗しない見積り書の交渉の仕方1.1 あくまでも見積書は目安と考える。1.1.1 約7割の人が予算オーバーにな…

将来のためにも・・節約のポイント

節約を考えるときに、必ずチェックするポイントがあります。

①二人がかけられる結婚資金がどのくらいか?

②結婚式場の見積りを最低でも2社以上から取りましょう。

③結婚式を行う時期をやすくなるシーズン(オフシーズン)に行う。

④自分たちの考えを大切にしましょう。

①結婚資金は、二人の貯蓄から出したい!というのが理想だと思いますが、結婚にかかる予算は、数百万円にもなります。もちろんその費用を払えるまで、貯金してから挙式などを行うのも一つの方法ですが、現実的には、多くのカップルが、両親の援助を受けています。

結婚式の予算の話をするときに親にも参加してもらい、援助をお願いするのも方法の一つです。

また、披露宴をする際は、招待客からご祝儀を頂くことになると思います。ご祝儀を当てにするのは、ダメだという方もおられますが、お二人を祝福していただくお金です。結婚資金や新生活の予算のたすけになるはずです。

②結婚式場をどこにするかを決定するかの基準には、雰囲気であるとか場所も大きなポイントです。

しかし、その前に費用も大きな判断基準になります。雰囲気などお二人が気に入った結婚式場を最低でも2つ以上選び、それぞれ同じ条件で、見積もりを取りましょう。

そして、見積もりの中身は専門用語が並んでいるので、細かく内容を説明してもらいましょう。

③結婚式を行う時期によって、費用は大きく変わります。

特に、春(5月~6月)秋(9月~11月初旬)は、結婚シーズンです。当然料金も高くなり、なかなか予約も取りにくくなります。

お二人にこだわりがないのでしたら、費用が低く抑えられるオフシーズンになる夏や冬に行うのが、お勧めです。

 

④結婚式場の担当者からは、いろいろな魅力的な提案をされると思います。料理のランクから、会場装花の豪華さ、特にDVD作成や、写真撮影などは、プロにお任せするので、20万円以上と結構な費用が掛かります。

自分たちの考えをしっかりと持ち、気が付いたら予算以上になっていたということが無いようにしましょう。

 

(経験談)予想以上にかかった結婚でのお金  30代夫婦

結婚するまでにこんなにかかるとは思わなかった。それが正直な感想です。我が家の結婚にかかったお金を算出してみました。

まず全国平均を見てみると、婚約費用(結納・婚約指輪)が10~200万円、結婚費用(結婚式・結婚指輪)10~400万円、結婚後の費用(報告・新婚旅行・生活準備)~100万円とかなりバラつきがあります。結婚式だけみると、全国平均300万円になります。

 

我が家はまず結納を料亭で行いました。食事代・結納金共に親が負担してくれたため、私たちの負担はありませんでした。おそらく食事代が10万円程だと思います。結納金は100万円。

また、婚約指輪は結婚指輪があるから必要ないよねとことで購入しませんでした。
我が家は仲人さんをお願いしませんでしたが、仲人さんをお願いする場合は御礼やお車代などで~10万円程かかるようです。

 

結婚式は、ホテルウェディングで挙式と披露宴を行いました。ここでレストランウェディングなど費用を抑えて~50万円にするカップルもいるようです。
我が家は、チャペル挙式・飲食代・ケーキ代・装花代・貸衣装代・美容着付代・写真サービス代・演出代・司会代・サービス代・引出物代の合計額約350万円でした。

 

我が家は予算を決めずに見積もりをとったのですが、事前に予算を決めてもっと価格を抑えてもよかったのかなと後悔しています。ドレスを試着しているうちに気持ちが盛り上がって価格を無視してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

招待状や席札などのペーパー類やウェルカムボードはこだわりがあったので自分たちで作りました。パソコンで作成してホームセンターで材料を購入して約8万円かかりました。時間はかかりましたが、ゲストに褒めてもらえて作ってよかったなと満足しています。

結婚指輪代はブランドとデザインにこだわって選びました。2人分で約20万円でした。
結婚後は、まず新婚旅行として海外に行ったので約20万円かかりました。国内か海外か日数を何日間にするかによって、かなり価格に差が出る部分です。

 

新生活を始めるにあたってアパートを借りたので、始めに敷金・礼金・仲介手数料・生活用品購入代で約30万円かかりました。家電や家具は私が一人暮らしをしていたため、購入する手間も省け価格を抑えられました。

合計すると約420万円ですね。結婚前にお金がかかることを見越して貯金をしていましたが、思ったよりもかかりました。

忙しさもあって支出額をきちんと考えていませんでしたが、今からもし結婚するカップルが身近にいたら絶対予算は決めて、抑えられるところは抑えるべき…そうアドバイスしたいです。

結婚式場を検討しましょう

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】


マイナビウエディングサロン


会費制結婚式するなら【会費婚】


理想の結婚式場に出会えるイベント「ブラフェス」