披露宴に出席するときの服装のマナー【 女性編】

ォーマルな服装で出席しよう。

あくまでも主役を引き立てることが大切

披露宴に出席するときには、フォーマルな服装を心掛けましょう。しかし、フォーマルといっても一般招待客は、新郎新婦や親族などと同じような正礼装で出席するのはマナー違反です。女性の場合は、新婦が着るような煌びやかなドレスは避けて、少しランクを落とすなどして主役を引き立てましょう。

フォーマルと言っても黒はNG!?

日本では、フォーマルと言えば黒のイメージが強いですが、ドレスなどで出席する場合は、黒一色の場合は、喪服をイメージさせてしまいます。披露宴に出席する場合で、黒のドレスを選ぶ際は、色彩鮮やかボレロや明るい色のコサージュを付けて華やかな印象を与えるようにしましょう。また、きらびやかなパーティバッグやエナメル状の靴を履くことで、効果がアップします。

 

 

 

地味になりすぎなのもNG

いくら主役を引き立てるからといって、地味になりすぎるのはNGです。あまり派手になりすぎ無い程度で披露宴を盛り上げるような華やかなイメージでコーディネートしましょう。

 

女性の洋装

【昼】アフタヌーンドレス
日中午後5時ぐらいまでに行われる結婚式やキリスト教式の結婚式に出席の場合は、極力、腕や肩の露出を控えましょう。また、ラメが入ったような派手で光る素材も控えるようにします。そのまま2次会に出席する場合は、腕や肩を出してボレロやストールを羽織るようにするとよいでしょう。

また、アクセサリーは光沢を抑えたものを選ぶのが基本です。パールが一般的ですが、水晶やシルバーの素材のものでもOKです。清楚で上品なものを選びましょう。

 

【夜】イブニングドレス
夜の披露宴やパーティに出席する場合は、肩や腕の露出を多めにして、女性らしい華やかな雰囲気を出しましょう。ラメやシースルー素材のストールを肩から掛けるとよいでしょう。スカートは、一般的に長めの方がフォーマルとされていますが、ひざ丈でも構いません。

アクセサリーは、宝石やゴールドなど華やかなものを身に付けるといいでしょう。胸元を華やかなに見せると女性らしさが演出できます。

装で出席する場合

着物には、訪問着と振袖があります。

✿訪問着

一般的に、挙式や披露宴などの礼装としてふさわしいとされている着物です。袋帯と錦織のバッグを合わせるのが基本です。既婚者や未婚問わずに着用が出来ます。

 

✿振り袖(未婚者の場合)

招待客が未婚の場合は、振り袖になります。振袖には、袖の長さによって、大振り袖、中振り袖、小振り袖があります。大振り袖は新婦がお色直しで着る場合があるので、中振り袖を着るようにしましょう。

 

おすすめレンタルドレス



公式ホームページはこちら

安心の1週間レンタル 6泊7日2,900円~

レンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」では、業界最大級の品揃えで、ドレスだけでも2500着以上を取り揃え、20代から50代の女性を中心に大人気です。結婚式だけでなく、婚活パーティや、お見合い、入学式、卒業式、七五三やお宮参り、デートまた、マタニティドレスも豊富に用意されているので、さまざまなイベントに参加するときに便利です。

すべてのブランドドレスのサイズXS~4Lまで用意

用意されているドレスはすべてブランド品で、サイズもXS~4Lまで豊富なので、幅広いニーズにも対応できます。また、ブランド名からでも検索ができるためお店に買いに出かけるよりも、すぐに見つけることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です