結納をしない場合の「失礼」にならない伝え方  ・・結納で失敗した冷え切った両家の関係・・

男性側から「結納」を断るのは失礼なのか?

結納とは、通常、男性側から女性側に金品を贈って結婚の約束を交わすことです。それを金品を出す方の男性の方(親)から「結納はなし」と申し出ることは、女性側(親)からすると、「軽く見られている」とみられていると思われてしまうこともあり、注意が必要です。

まずは、結婚する二人が、双方の親ときちんと話し合うことが大切です。それぞれの家の考え方や、地域の慣習もあるので、二人だけで決めたりせずに、両家の親を交えて話し合いましょう。

二人それぞれの両親と話し合う。

結納や結婚式のやり方など、両家の親が話し合う機会を設けず、一方的に話を進めたり、当日に初めて分かるような、何の予告もないと、そのことがきっかけで両家の親同士の関係が悪くなってしまうことが多くあります。そうならないように、まず親子である二人がお互いの親と自分たちの考え方をよく話し合って理解してもらうことが大切になります。

いきなり両家の親が結納(お金)のことで話し合うと、そのやり方によっては変なもめごとになったり、後々しこりを残す結果になり、両家の関係が悪くなってしまうケースもあります。

結納を「する」か「しない」かは、まず二人がそれぞれの両家の親に相談してみましょう。

お互いの考えが一致した後、両家の親が、話し合う機会を設けるとスムーズにいきます。

結婚STYLING (結婚スタイリング)

目次 1 信者でなくても「「マナー」を守れば式を挙げられる。1.1 「ウエディングドレス」「ベール」の意味2 キリスト教…

両親と話し合うポイント

二人の婚約のスタイルや結婚式のスタイルについて、両親と話し合いましょう。

その際、話し合うべきポイントがあります。

①婚約のスタイルはどうするか?

婚約のスタイルには、「結納」、「食事会による顔合わせ」「婚約式」などがあり、両家の考え方があるので慎重に話し合いましょう。
結納

日本の伝統的な儀式で、男女が結納品(金品)を贈り合って婚約の印とするものです。最近はあまり堅苦しいしきたりがある「正式結納」より、簡略化された「略式結納」を行うのが一般的です。

両家の食事会

レストランや料亭などで、食事会を行い、両家の顔合わせをおこないます。最近では、結納を行わず食事会で顔合わせをすることが定番になってきています。

婚約式

日本では、あまり知られていませんが、欧米では、一般的な儀式です。最近では、日本でも人気を集めています。ホテルや結婚式場などで、近親者(両親や友人)の立ち合いのもと、婚約契約書にサインや婚約記念品の交換を行います。

 

②仲人(なこうど)は立てるか?

一昔前には、結婚にはなくてはならなかった「仲人(なこうど)」ですが、最近はあまり仲人を立てることは少なくなりました。

しかし、「仲人」を立てると、結納・挙式・披露宴などが格式高いものとなって、両家の意見があわずトラブルになりそうになっても、「仲人」が間に入って調整役になってくれます。「仲人」を立てるかどうかは、よく話し合って決めるようにしましょう。

 

③「結納又は、食事会」はいつにするか?

日程は、参加者の予定によって決定します。両家の家族(祖父母や兄弟・姉妹)、親戚に同席してもらうことになるので、お互いの親にお願いし日程を調整してもらいましょう。

 

④予算はどのくらいか?

結婚にかかる費用の平均額はおよそ430万円と言われています。これには、「結納」「挙式」「新居準備」「新婚旅行」が含まれています。中でも一番かかるのは結婚式(挙式・披露宴)です。その平均額は316万円です。ここにかけるお金をどうするかによって総額は大きく変わります。

 

⑤お金はどう負担するか?

一般的に結納品以外の会場費や飲食代は、両家で折半にするケースが多いようです。お金にまつわることは後々のトラブルにつながるので、よく話し合っておきましょう。

少人数専門&格安ウェディング式場【小さな結婚式】



結納で両家の関係が冷え切ってしましました・・


こんにちは。38歳の専業主婦です。主人は41歳、8歳と5歳の子どもが2人と、お腹に8ヶ月の赤ちゃんがいます。

今はとても平和に過ごしていますが、私たち夫婦が結婚するときはいろいろと揉め事があり大変でした。ここでは、そんな私たちの結婚に至るまでのことをお話させていただきます。

私たちは10年前に結婚しました。約3年間の交際を経て結婚することになり、お互いの両親に挨拶に行きました。主人が31歳、私が28歳のときです。

 

お互いの両親への挨拶を済まし、少しずつ結婚に向けての話をするようになりました。その中でもちろんですが、結納の話も出ました。主人の両親から、結納はどうしたらいいでしょうか?と話があったのですが、私の親は、結納と結納返しにお金を使うよりは本人たちの今後のために使う方がいいと思うので、堅苦しいのはやめませんか?と言ってくれたそうです。

 

主人の両親も納得してくれたそうで、結納はなしということになりました。
私の兄もその2年前に結婚したのですが、そのときも同じようにしたそうです。その経験から私の両親も同じようにしてくれました。

 

その後は、両家の顔合わせの日取りや場所、結婚式の日程や式場など、1年後の結婚に向けて話を進めていきました。

 

お互いの親に挨拶を済ませてから3ヶ月くらいがたった頃に、両家の顔合わせをしました。
ロビーで待ち合わせていたのですが、主人とご両親が少し遅れてきました。遅れてきた主人を見たら、何やら立派な箱を抱えています。私の母が歩いてくる主人を見て、「結納の品じゃない⁉︎結納はなしって決まったよね⁉︎」と私にコソコソと言いました。

 

食事するお店に入って席につくと、主人と両親がその箱を渡してきました。やっぱり結納の品でした。結納はなしということでしたが、大事な娘さんにお嫁に来ていただくのに、何もしないというのも申し訳なくて用意しました。たいしたことはできませんが…と言いながら。

 

私の両親は、その場はありがとうございますと言っておさめましたが、勝手に用意してきた行為に腹が立ったようでした。

そういう大事な事を勝手にするのはどうか、ましてや結納はなしと決めたんだから、するなら、やっぱりさせていただきますと一言言ってくれれば、こちらも結納返しの準備したのに、と特に母は相当怒っていました。聞くと主人も何も聞かされていなかったようで、主人の両親が勝手にしたことだったようです。

 

それからは、私の両親は主人の両親のことを良く思っておらず、なかなかうちとけることはありません。何事も最初が肝心です。みなさんもご注意くださいね。

こちらに紹介するのは、高額キャッシュバック付きインターネットサービスです。

インターネットを申し込むのでしたら、上手にキャッシュバックを貰って節約しましょう。

フレッツ光でインターネットも電話開設もまとめて手配


【auひかり】



WEBお申込み特典!最大79,000円キャッシュバック!【フレッツ光】


当サイト限定!最大85,000円還元実施中!【光マッハ】


フレッツ光申込みで≪最大60,000円キャッシュバック!≫


目次 1 失敗しない見積り書の交渉の仕方1.1 あくまでも見積書は目安と考える。1.1.1 約7割の人が予算オーバーになっている。2 おおよそのゲストの人数から多めに見積もる2.1 見積よりも高額に!! 失敗しない見積り書の交渉の仕方 あくまでも見積書は目安と考える。 結婚式(挙式・披露宴)気になるのはお金のことだと思います。まず、結婚式のイメージを固めたら、ホテルや式場を回って見積もりを出しても […]

目次 1 道に迷い恐ろしい体験をしました。  20代女性1.1 楽しみだった新婚旅行2 雰囲気が台無しに・・      30代女性 道に迷い恐ろしい体験をしました。  20代女性 楽しみだった新婚旅行 新婚旅行はオーストラリアへ行きました。 私はそれまで国内から出たことがなく、初めての海外旅行でした。とても楽しみで、出発する前日は子供のようにドキドキして眠れませんでした。 夫は仕事柄よく海外へ足を […]

目次 1 あなたは結婚しない人!?出来ない人1.1 「そろそろ結婚したい」と思った時はすでに手遅れ!?1.1.1 時間はあっという間ではない!!1.1.2 男性は100%若い女性を選ぶ!!2 5年後も「おひとりさま」になりたいですか?2.1 「そこそこにモテた経験がある」アラサー女性が危険。2.2 典型的なセリフは「わたしの理想の男性はきっと現れる。」2.2.1 理想の男性を見誤っているから あな […]

目次 1 花嫁の為だけの特別な美容コース1.1 結婚式に向けてのダイエットは自分だけでは限界がある!1.2 結婚式までのダイエット失敗例1.2.1 【失敗例1】食事で無理なダイエット1.2.2 【失敗例2】「腕を細くできる?」と思ったら顔が痩せてしまった。1.2.3 【失敗例3】ウエストは細くしたい1.2.4 【失敗例4】多忙すぎる!?2 ブライダルエステ経験者からの口コミ2.1 「ブライダルエス […]

目次 1 結婚のお金のはなし1.1 怖い!?後のトラブルにならないために1.1.1 ①「あらかじめ話し合っておく」。1.1.2 ②「専用の口座を作っておく」。1.1.3 ③「旅行に行く時期を遅らせる」。 結婚のお金のはなし 怖い!?後のトラブルにならないために 新婚旅行は、基本的に一生に一度の物ですから、よい物にしたいと誰しもが思います。 しかし、その際の費用は誰がどのくらい負担するかということは […]