わたしの憧れのプロポーズ「婚約指輪」とシチュエーション

が夢見たプロポーズのシチュエーション

 

私が冬に憧れるプロポーズの仕方は、周り一面が真っ白い雪が積もっていてお店や家が無いような田舎で、防寒服をしっかりと着込んだ私と自分の好きな男性が外で雪と戯れている時に、私は自分の好きな男性から婚約指輪を渡されてプロポーズをされるというものです。

 

このプロポーズの仕方はとても子供っぽい方法ですが、童心に返って大人としての自分を忘れながら雪と戯れている時に、自分の好きな男性から「俺と結婚して欲しい!俺の奥さんになって、ずっと俺の面倒を見て欲しい!」と言われるのが私の冬に憧れるプロポーズの仕方です。

 

こんなに可愛らしくて面白味のあるプロポーズの仕方は無いと思います。実際にこんな風に自分の好きな男性からプロポーズをされたら、どんな女性でもOKしてしまうと思います。

 

私は北国に住んでいるので、雪と戯れている時にふとした瞬間にプロポーズをされることに、とても憧れているのです。自分の好きな男性が寒い中顔を真っ赤にしながら、目をうるうるさせながら「俺と結婚して欲しい!」と笑顔で言ってくれたらどんなに嬉しいことかと思います。



私は今まで4人の男性にプロポーズをされたことがありますが、こんな風な感じでプロポーズをされたことは1度もありません。今まで私にプロポーズしてきた男性は、電話や車の中でプロポーズをしてきたので全然ロマンチックさが無くて、ただただ現実を直視しているようなプロポーズの仕方でした。

私はこんな風に周り一面が真っ白い雪が積もっていてお店や家が無いような田舎で、雪と戯れている時に自分の好きな男性からプロポーズをされたら、一生の思い出に残ると思います。

 

高級な料理を食べながらだったり、夜景を見ながらだったり、遊園地の観覧車の中などといった一般的なプロポーズの仕方には全然ワクワクしませんし、嬉しくも何とも思いません。

 

やはりプロポーズというのは、女性が本当に嬉しくてワクワクしてドキドキするような、そんな女性の好みを理解したプロポーズの仕方が1番良いと思いますし、プロポーズが見事成功して結婚出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です